飼い主を信じて待つ犬!凍てつくような寒さの中に放置された犬の運命は…!? | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


飼い主を信じて待つ犬!凍てつくような寒さの中に放置された犬の運命は…!?


待ち続けるオリー

気温は0度を下回る厳しい寒さ。

街の人が声を掛けても、オリーはその場を動こうとしませんでした。

まるでいつ戻るかもわからない飼い主を、信じて待ち続けているようです。

そんなオリーを見かねた近隣住民の人々。

オリーの体を心配して地元の動物愛護団体へ連絡し、オリーの保護を求めました。

連絡を受けて、すぐに動物愛護団体のスタッフはオリーのもとへ。

その場から動かず大人しいオリーに対して、怖がらせず保護しようという事になりました。

無理に捕獲しようとはせず、自らケージに入ってくれるよう餌を与え、優しく声掛けをするスタッフ。

するとオリーは次第にスタッフらに心を開いたのか、ゆっくりとケージの中へ入っていったそうです。

動けなかった?

無事に保護され、まずは動物病院で検査を受けます。

検査の結果、オリーは大腿骨を骨折している事が発覚。

急いで手術を受けました。

もしかしたら、本当は飼い主の後をついて行きたかったのかもしれません。

しかし骨折のせいで、その場から動けなくなっていたのかもしれませんね。

その後オリーは手術とリハビリを乗り越え、無事元気に歩けるようにまで回復しました。

募集中

現在のオリーは、保護施設で暮らしながら里親探しをしてもらっているようです。

施設のスタッフは、オリーがまた悲しい思いをしないよう日々愛情たっぷりに接しているとのこと。

信じていた人に裏切られた喪失感は、なかなか忘れられるものではありません。

しかし周りの人々の助けがあり、現在のオリーは優しさに包まれながら日々を過ごしています。

1日でも早く、オリーを幸せにしてくれる温かい家族が見つかるよう応援したいですね。

出典:Facebook/YouTube

【関連記事】

ひき逃げに見舞われ、雪の中に放置された犬を助けたのは顔が見えない人々によって助けられる…!

ケージの中に放置されて死ぬ寸前にまで追いやられ、生きることに絶望していた犬が希望を見出すまで…!

飢え死ぬ寸前まで放置され、自力で立つことすらできなくなった犬が奇跡の復活を遂げるまで

心優しい女性に保護された、駅にリードを繋げられたまま放置されていた犬!しかもその犬には悲しすぎる過去があった・・・

人間の家族に強制的に独りぼっちにさせられ、そのまま1年放置された犬!発見した時は窒息するかと思った・・・




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

トランクから「こんにちワン!」一緒に乗りたくなる顔を出した可愛いワンちゃんたち7連発!

みんなニコニコ! ワンちゃんが同乗している車を時々見かけますが、 乗り込みたくなるほど可愛いお顔を覗 …

史上最悪の猛吹雪が発生したトルコ→野良の動物たちを守るため、ショッピングモールが店舗を開放!

現在、記録的な大寒波に見舞われているトルコの大都市イスタンブール。 2009年以来の猛吹雪が吹き荒れ …

一緒に暮らしていた犬が死んだことで取り残されたポメラニアンに犬のぬいぐるみをプレゼントしたら…!

取り残されたポメラニアン 小さい頃に人形やぬいぐるみと遊んだり、一緒に眠ったりした経験はありませんか …

ひどい環境で育てられ、見るに堪えない姿にまで痩せ細った猫がわずか4ヶ月で奇跡的な回復を遂げる…!

みなさんはペットを飼っておられますか。 もしくは飼われたことがあるでしょうか。 ペットは私たちがお世 …

お互いに支えあいながら集団社会をたった2匹で生き抜くウサギの美しい姿に胸が熱くなる…!

お互いに支え合いながら、集団社会をたった2匹で生き抜いているウサギたち!その美しい姿に胸が熱くなること間違いなし・・・

PREV : 子猫がミルクを飲みに来ない!心配した母猫が呼びに行った結果・・・
一瞬で解ける人と一生解けない人でバッサリ!この画像には何と書かれているでしょう? : NEXT