Lenon


Lenonをフォローしよう!


赤ちゃんアザラシを守るため、若者からの暴力に耐えた女性の勇気に心揺さぶられる…!


『浦島太郎』の昔話は、みなさんご存知だと思います。

浜辺を歩いていた漁師の太郎が、子供達にイジメられていたカメを助けるお話です。

心優しい太郎が棒を持ってカメを叩いている子供に対し、躊躇なく止めに入りますよね。

そんな太郎より、もっと勇気のある行動をした方がいました。

イジメられていたのはカメではなくアザラシの赤ちゃん。

助けたのは男性ではなく女性です。

最終的に彼女が竜宮城へ招待されたりはしませんが、

世界中が勇気のある女性の行動に拍手喝采を送りました。

それでは、今話題になっている体を張って赤ちゃんアザラシを守りぬいた女性のお話を、

次のページで詳しくご紹介いたします。

1
2



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

老犬が生き埋めにされ、虐待されていた→愛犬と散歩していた男性による決死の救出作業が行われたが…!

パリのキャリエール・シュル・セーヌに住んでいるペドロ・ディニースさんは、 愛犬のデエスといつものよう …

保護施設でこの子猫は決死のアピールを繰り出した→念願叶って新しい家族を手にすると、もう笑顔がとめどなく溢れる!

アメリカ・ユタ州の動物保護施設、『ベスト・フレンド・アニマル・ソサイエティー』に内気な子猫がいました …

生まれつき前足のない猫と、その猫をそばで支え続ける女性との涙が溢れるエピソードがこちら…!

パンケーキちゃんは、動物保護施設で生まれた猫です。 このパンケーキちゃんは骨の異常により、生まれつき …

母の愛情が奇跡を呼び起こす!捨てられた子猫たちのいる動物病院をウロウロし、感動の再会・・・

動物たちの親子の触れ合いを見るのは、心が和みますよね。 人間と同じで、母の情というのは強いというのも …

6回もの脳腫瘍を耐えた女性が見つけたのは小さな子猫!保護してから彼女の生活が変わり、半年後・・・

オフィスの片隅に… 看護師として人々を助ける仕事をするララミー・エヴァンスさん。 彼女は6回もの脳腫 …

PREV : 「お弁当は手作りじゃなくてもいい」幼稚園の園長先生が保護者に届けたかったメッセージに考えさせられる…!
Amazonのレビューが星2つから星5つに突如訂正された!その意外すぎる真相がこちら・・・ : NEXT