Lenon


Lenonをフォローしよう!


幼い頃、人間に助けられたメスライオンがとった美しい仕草が感動的だと話題に…!


ドイツ出身のヴァレンティンさんは、幼い頃から猫が大好きでした。

ケガをした猫を見付けると見捨てることができず、

保護して傷の手当てをしてあげるほど人一倍強い動物愛護精神を持つ少年だったのです。

そんなヴァレンティンさんは大人になるにつれ、世界の自然や異文化に興味を持つようになりました。

出会い

ヴァレンティンさんは世界各国を旅するにつれ、

幼い頃から好きだったネコ科の動物への愛情が強くなり、

その愛着に導かれてアフリカ大陸へと渡ったのです。

そこで出会ったのがデンマーク人のミッケル・レガートさんでした。

ミッケルさんもライオンやヒョウなどのネコ科の動物に魅了されていました。

その後2人は意気投合し、自然保護プロジェクトをボツワナに設立したのです。

プロジェクト活動を始めた後、2人は野生動物の保護活動に貢献してきました。

そんな活動を始めて間もない頃、2人は1匹のライオンと出会ったのです。

このライオンを助けたことによって、2人は信じられない体験をします。

その体験について、次のページで詳しくお伝えいたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. 陽子 より:

    感動しました💕言葉にならないですね🎵
    涙が自然にこぼれました🎵

  関連記事

通勤途中の車窓から見えたおじさんと老犬の信じられない光景に涙が止まらなかった・・・

通勤途中の車窓から見えたおじさんと老犬の信じられない光景!そして数秒後、涙が止まらなかった…!詳細はこちら・・・

ホスピスで最期が近づくおばあさんの最後の願いは子猫を抱きしめること!願いの行方は・・・?

「グローブス・コミュニティ・ホスピス」で暮らすキャロルさん。 病気と高齢のため、最期の時までホスピス …

夫婦はこのカメを様子を見て愕然とした!そのカメにはこれが刺さっていた・・・

最近、日本では野良猫に毒餌を餌付けして殺したり、野良猫に暴行を加え大怪我を負わせたりと、 動物に人間 …

人間の見世物に利用され、鼻やあごを失ってしまった犬→過去に同じような経験を受けた里親と育まれた絆に感動…!

虐待イベント、ブルベイティング 今では違法とされている「ブルベイティング」というイベントに利用され、 …

高齢の飼い主と別れてシェルターにやって来た悲しそうな目をした猫とその親友の物語!

悲しそうな目をしたヴィエナ メリーランド州のボルチモアには、「BARCS動物保護シェルター」がありま …

PREV : ピコ太郎の人気はセブンイレブンの商品名にまで及んでいた!完全なるPPAPをご覧ください(笑)
右向きで寝るのは危険!?左向きで寝るメリットがすごい!その理由がこちら・・・ : NEXT