Lenon


Lenonをフォローしよう!


シェルターに引き渡された犬は檻の中で涙を流していたが外に出られると・・・


南カリフォルニアのロサンゼルス郊外の街であるカーソンには、

カリフォルニアでも高い殺処分率のシェルターがあります。

そんなシェルターに1匹の犬が連れ込まれました。

この犬はピットブルという犬種で、名前はブルーといいました。

飼い主が引っ越しにあたりブルーを飼えなくなってしまったので、

このシェルターに1年間一緒に暮らしたブルーを連れて来たのです。

檻の中で

ブルーは殺処分されないためにも、一刻も早く次の飼い主見つけなければなりませんでした。

檻の中に入れられてしまったブルーの瞳には、涙が溢れていました。

飼い主に殺処分率が高いシェルターに連れてこられて、とても悲しいのでしょう。

そしてこのまま新しい飼い主が見つからなければ、

ブルーは殺処分されてしまうことに恐怖も感じているのではないでしょうか。

しかしこの涙、実際には悲しみからの涙ではなく、アレルギーで泣いているだけだと言われています。

実際のところなぜ涙を流しているのかはわかりませんが、

アレルギーのせいだけではなくきっと悲しみや恐怖もこの涙には込められているはずです。

そんなブルーに里親は見つかったのでしょうか。

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

11日間深い森に迷ってしまった3歳の女の子→でもそばを離れなかったパートナーの力強さに心揺さぶられる…!

シベリアで母と暮らすカリーナ・チキトヴァは3歳の女の子です。 4歳の誕生日の数日前に、父の暮らす隣の …

ニタ〜ッと妙な笑い顔を浮かべるワンちゃん!その理由を知った飼い主は笑いが止まらなかった・・・

ペットのイタズラは、笑わされるものから驚かされるものまで色々あります。 今回ご紹介するエピソードは、 …

腫瘍で先の長くない犬を飛行機に乗せ、最期に暮らす家へと向かって行く・・・

腫瘍を抱え、もう先が長くないとされた犬!それを知ったレスキューの男性は自家用の飛行機に犬を乗せて最期の家へと連れて行く・・・

総移動距離は483キロ!イギリス海軍のパイロットの車に隠れて移動した子猫→保護された結果・・・

まさに猫の大冒険! 子猫が483キロ移動したこの話がネットで話題になっています。 時は2016年6月 …

室内で飼っている猫が万が一脱走してしまったら!専門家も推奨する探し方、防止策がすごすぎる・・・

猫の飼い方は時代と共に変わっています。 昔は家の中と外を行き来する猫が多かったのですが、最近は室内飼 …

PREV : 意外とアリ?戦前に廃止された26府県案バージョンの日本地図が話題に!でもあなたの県が消えてるかも・・・
セブンイレブンの「きはだまぐろ」から学んだこと→真実に至るには物事の多様な側面からの観察と考察が必要である! : NEXT