Lenon


Lenonをフォローしよう!


シェルターに引き渡された犬は檻の中で涙を流していたが外に出られると・・・


南カリフォルニアのロサンゼルス郊外の街であるカーソンには、

カリフォルニアでも高い殺処分率のシェルターがあります。

そんなシェルターに1匹の犬が連れ込まれました。

この犬はピットブルという犬種で、名前はブルーといいました。

飼い主が引っ越しにあたりブルーを飼えなくなってしまったので、

このシェルターに1年間一緒に暮らしたブルーを連れて来たのです。

檻の中で

ブルーは殺処分されないためにも、一刻も早く次の飼い主見つけなければなりませんでした。

檻の中に入れられてしまったブルーの瞳には、涙が溢れていました。

飼い主に殺処分率が高いシェルターに連れてこられて、とても悲しいのでしょう。

そしてこのまま新しい飼い主が見つからなければ、

ブルーは殺処分されてしまうことに恐怖も感じているのではないでしょうか。

しかしこの涙、実際には悲しみからの涙ではなく、アレルギーで泣いているだけだと言われています。

実際のところなぜ涙を流しているのかはわかりませんが、

アレルギーのせいだけではなくきっと悲しみや恐怖もこの涙には込められているはずです。

そんなブルーに里親は見つかったのでしょうか。

気になる方は次のページをご覧ください。

1
2



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

猫用のれんを設置した結果→障子破りの解決どころでは済まない形に・・・!

こちらの家の猫ちゃん。 どうも障子を破ってしまうようです。 張り替えても張り替えても破ってしまうので …

腐葉土の中から動物の赤ちゃん!何の赤ちゃんか分からず、育ててみた結果・・・

これは一体何の赤ちゃんでしょうか? 手の平サイズの可愛い赤ちゃんですね。 ある男性がガーデニングのた …

障害を持つ犬が私たちに伝えてくれた力強いメッセージ!体は特殊でも幸せいっぱい・・・

アメリカのとあるシェルターで保護された1匹の雑種犬。 このワンちゃんはムコ多糖症Ⅵ型という難病を患っ …

ライオンが人に心を開く!父親に殺されかけたライオンと彼を救った男性との絆に心揺さぶられる・・・

突然ですが、皆さんはライオンは好きですか? ライオンといえば、多くの人は百獣の王としてのライオンでど …

オナガフクロウの魚雷のように飛んでいる様子を捉えた画像が話題に!※合成ではありません

最近は写真技術の進歩によって修正、合成をほどこした写真と本物の写真の区別がつかなくなってきました。 …

PREV : 意外とアリ?戦前に廃止された26府県案バージョンの日本地図が話題に!でもあなたの県が消えてるかも・・・
セブンイレブンの「きはだまぐろ」から学んだこと→真実に至るには物事の多様な側面からの観察と考察が必要である! : NEXT