Lenon


Lenonをフォローしよう!


シェルターに引き渡された犬は檻の中で涙を流していたが外に出られると・・・


南カリフォルニアのロサンゼルス郊外の街であるカーソンには、

カリフォルニアでも高い殺処分率のシェルターがあります。

そんなシェルターに1匹の犬が連れ込まれました。

この犬はピットブルという犬種で、名前はブルーといいました。

飼い主が引っ越しにあたりブルーを飼えなくなってしまったので、

このシェルターに1年間一緒に暮らしたブルーを連れて来たのです。

檻の中で

ブルーは殺処分されないためにも、一刻も早く次の飼い主見つけなければなりませんでした。

檻の中に入れられてしまったブルーの瞳には、涙が溢れていました。

飼い主に殺処分率が高いシェルターに連れてこられて、とても悲しいのでしょう。

そしてこのまま新しい飼い主が見つからなければ、

ブルーは殺処分されてしまうことに恐怖も感じているのではないでしょうか。

しかしこの涙、実際には悲しみからの涙ではなく、アレルギーで泣いているだけだと言われています。

実際のところなぜ涙を流しているのかはわかりませんが、

アレルギーのせいだけではなくきっと悲しみや恐怖もこの涙には込められているはずです。

そんなブルーに里親は見つかったのでしょうか。

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

出勤途中にコヨーテと衝突した車の運転手がとった行動に賛否両論!しかしコヨーテに奇跡が・・・

コヨーテとの衝突 今回ご紹介するのは、ある女性が出勤途中で遭遇した奇跡についてのお話です。 ジョージ …

妊娠中の野良猫が家にやって来た!無事に出産できて幸せいっぱいな様子にほっこり・・・

突然ですが、皆さんは猫は好きですか? 筆者自身は犬も好きなのですが、猫は猫で独特の可愛らしさといいま …

車にはねられて下半身不随になった野良犬が1人の旅行者と出会って笑顔と自由を手に入れる!

アメリカ出身のナンシー・ジェーンズさんは今から十数年前、 旅行先のルーマニアで1匹の野良犬に出会いま …

兄猫はちょっぴり甘えるのが苦手→しかし勇気を振り絞って甘えだす…!その時の表情が可愛い・・・

猫は人間同様、個々によって様々な性格をしています。 ひとりが好きな猫も居れば、 いつでも飼い主さんと …

南アフリカで『2つの顔』を持つ子猫が生まれ、驚きの声が相次ぐ…!

なんと南アフリカで、『2つの顔』を持つ子猫が誕生!ネット上では驚きの声が相次いで寄せられています…!詳細はこちら・・・

PREV : 意外とアリ?戦前に廃止された26府県案バージョンの日本地図が話題に!でもあなたの県が消えてるかも・・・
セブンイレブンの「きはだまぐろ」から学んだこと→真実に至るには物事の多様な側面からの観察と考察が必要である! : NEXT