Lenon


Lenonをフォローしよう!


シェルターに引き渡された犬は檻の中で涙を流していたが外に出られると・・・


南カリフォルニアのロサンゼルス郊外の街であるカーソンには、

カリフォルニアでも高い殺処分率のシェルターがあります。

そんなシェルターに1匹の犬が連れ込まれました。

この犬はピットブルという犬種で、名前はブルーといいました。

飼い主が引っ越しにあたりブルーを飼えなくなってしまったので、

このシェルターに1年間一緒に暮らしたブルーを連れて来たのです。

檻の中で

ブルーは殺処分されないためにも、一刻も早く次の飼い主見つけなければなりませんでした。

檻の中に入れられてしまったブルーの瞳には、涙が溢れていました。

飼い主に殺処分率が高いシェルターに連れてこられて、とても悲しいのでしょう。

そしてこのまま新しい飼い主が見つからなければ、

ブルーは殺処分されてしまうことに恐怖も感じているのではないでしょうか。

しかしこの涙、実際には悲しみからの涙ではなく、アレルギーで泣いているだけだと言われています。

実際のところなぜ涙を流しているのかはわかりませんが、

アレルギーのせいだけではなくきっと悲しみや恐怖もこの涙には込められているはずです。

そんなブルーに里親は見つかったのでしょうか。

気になる方は次のページをご覧ください。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ネコがあなたを噛む本当の理由を知らなければ…ネコの仕草には気持ちがいっぱい!

ネコの行動を知ろう! ドイツでは犬派よりネコ派の方が多いと言われています。 あなたは、どちらのほうが …

人間の兄弟喧嘩を懸命に仲裁するワンちゃんが微笑ましい・・・

幼い時の兄弟喧嘩はごく普通のことです。 まして男の兄弟の場合は、 喧嘩も殴り合いや蹴り合いなどかなり …

「勝手にクッキーを食べたの誰?」と2匹のワンちゃんに問い詰めた結果、爆笑不可避!

室内で愛犬を飼われている方、もしくは飼われていたことがある方は、 留守をしている間にお菓子などを盗み …

勤勉な猫さん!アザラシのかわいさを勉強し、早速マネしてみた結果・・・

こちらは、Twitterユーザーのまっぷーちん(@map_u_chin)さんが飼っている猫。 名前は …

怪我を負ったことで食用として屠殺される予定だった2頭のロバが奇跡的に生き延びる!

食用のロバ 日本では牧場や動物園で見ることの多いロバですが、海外では荷役用として飼育する国があります …

PREV : 意外とアリ?戦前に廃止された26府県案バージョンの日本地図が話題に!でもあなたの県が消えてるかも・・・
セブンイレブンの「きはだまぐろ」から学んだこと→真実に至るには物事の多様な側面からの観察と考察が必要である! : NEXT