Lenon


Lenonをフォローしよう!


怪我をしたキツネの前に現れたライオンの家族がとった、弱肉強食の世界では信じがたい仰天行動とは?


アフリカのサバンナは過酷な弱肉強食の世界。

その頂点に君臨する「百獣の王ライオン」は、猫科の仲間では珍しく群れで生活をしています。

複数のメスたちが協力して獲物を捕まえ、子を産み育ています。

凶暴というイメージの強いライオンですが、

そんなライオンのイメージを覆すような現場がボツワナ共和国で目撃されました。

脚を引きずったオオミミキツネが、道端に横たわっています。

そこへライオンのメスがやって来ました。

必死に威嚇するキツネですが、全く勝ち目はありません。

キツネの悲劇は続きます。

なんと、オスのライオンもやって来たではありませんか。

狩りをしている雌ライオンに遭遇したのではなく、ライオンの家族にキツネは出会ってしまったのです。

キツネをジッと見つめる雌ライオン。

「これ、どうするの?」と言いたげな雄ライオン。

さて、万事休すのキツネは一体どうなるのでしょう。

結末は次のページにてお確かめください。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

せっかく保護したのにそれ以降食事をしなくなってしまった猫!その感動の原因とは・・・?

ある日路上で保護された猫、ロミオ。 しかしカルフォルニアの路上から保護施設に移ってすぐ、病気を患って …

ガレージでびしょ濡れ状態の子猫3匹を発見!助けてもらった人の家で安心したようで・・・

大変! ある日のことです。 ガレージで子猫が雨に打たれて鳴いていました。 かなりびしょ濡れです。 目 …

家に帰ると玄関に見知らぬかわいいお客さん!しかし保護するまでどいてくれないようなので・・・

可愛らしい来訪者? 路地裏や公園でも目にする猫。 小さい子猫も可愛いですが、大きくなった猫も魅力的。 …

殺処分される直前で救われた子猫を温かく迎えてくれたのは4匹の犬だった…!

行き場のない動物が保護シェルターに引き取られても、仕方がなく殺処分にされてしまうケースがあります。 …

瀕死状態で皮膚がボロボロになった野良犬。2ヶ月の治療後に奇跡の大変身!

※治療前の姿の写真や動画は皮膚がボロボロで大変痛々しい姿をしています。苦手な方はご注意下さい。 痛々 …

PREV : パートに向かおうとすると「出て行かないで!」と号泣し出した7歳の娘→仕方なく家にたらとんでもないニュースが流れ、娘が奇跡を起こしていた…!
男性はこの7つのエピソードを読んで奥さんがブチギレる理由がわかりますか!? : NEXT