Lenon


Lenonをフォローしよう!


鼻先のねじれた犬にシェルターで待ち受けていた悲しい再会と奇跡的な出会い…!


「バックヤードブリーダー」という、

専門的な知識を持たずに小遣い稼ぎのように犬を繁殖させる人たちがいることをご存知でしょうか。

そんなバックブリーダーの元で生まれた犬の、数奇な運命についてご紹介します。

バックヤードブリーダーの元で生まれたピカソは他の兄弟とは異なり、鼻と顎がねじれていたのです。

生まれつきこのような顔をしていたピカソは、

他の兄弟たちがそれぞれ新しい家族のもとへ売られて行ったのに対し、彼だけが売れ残ったのです。

そして売れ残ったピカソを、バックヤードブリーダーは見捨てたのです。

カリフォルニア州のニマルシェルターへ引き渡され、安楽死リストに載せられることに。

他の犬と顔が少し異なり特徴的だったために、体は健康でも生きることを許されなかったのです。

果たしてピカソは幸せを手にすることができるのでしょうか?

気になる方は次のページをご覧ください。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

男性の7時間にも及ぶ救助活動で、廃材にしがみついて必死に助けを求めていた子猫が救われた…!

温かい心の持ち主のお話を、見たり読んだりするのはとても気持ち良いものですよね。 今回ご紹介したいと思 …

言葉はなくとも伝わる愛情!それを証明する動物との画像10選で優しい気持ちになる・・・

愛情とは、なにか 愛情は、我々人間にとって大きなテーマの一つです。 口に出さずとも愛が伝わり、わかり …

「もう一度だけあの子に会いたい」末期がん女性の愛犬に対する思いに涙が溢れる・・・

がん(悪性腫瘍)という言葉を、最近は特に耳にするようになりました。 このたび厚生労働省が「誰もが働き …

11日間深い森に迷ってしまった3歳の女の子→でもそばを離れなかったパートナーの力強さに心揺さぶられる…!

シベリアで母と暮らすカリーナ・チキトヴァは3歳の女の子です。 4歳の誕生日の数日前に、父の暮らす隣の …

年老いた犬の11日間にわたる記録に胸が痛む!シェルターから老犬を保護した夫婦の怒りと悲しみとは・・・

老犬のイギー マリエサ・フゲスさんとクリス・フゲスさんご夫婦は、 虐待、病気、老齢などの様々な理由で …

PREV : トルコの市長がスピーチを途中でやめて自ら海に飛び込み、溺れかけていたダイバーを救出!
受け取る人が不在な時の新しい荷物の渡し方!アメリカの宅配業者が考えたアイデアが素晴らしい・・・ : NEXT