Lenon


Lenonをフォローしよう!


鼻先のねじれた犬にシェルターで待ち受けていた悲しい再会と奇跡的な出会い…!


「バックヤードブリーダー」という、

専門的な知識を持たずに小遣い稼ぎのように犬を繁殖させる人たちがいることをご存知でしょうか。

そんなバックブリーダーの元で生まれた犬の、数奇な運命についてご紹介します。

バックヤードブリーダーの元で生まれたピカソは他の兄弟とは異なり、鼻と顎がねじれていたのです。

生まれつきこのような顔をしていたピカソは、

他の兄弟たちがそれぞれ新しい家族のもとへ売られて行ったのに対し、彼だけが売れ残ったのです。

そして売れ残ったピカソを、バックヤードブリーダーは見捨てたのです。

カリフォルニア州のニマルシェルターへ引き渡され、安楽死リストに載せられることに。

他の犬と顔が少し異なり特徴的だったために、体は健康でも生きることを許されなかったのです。

果たしてピカソは幸せを手にすることができるのでしょうか?

気になる方は次のページをご覧ください。


スポンサードリンク

1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

杖をついているおじいさんと一緒に歩く犬!ゆっくりとした足取りに溢れる優しさにほっこり・・・

誰でも見たことのある「犬の散歩」の姿。 犬を飼った事のある人でしたら経験したこともありますよね? そ …

年老いた愛犬のために写真を21枚撮り続けた→最後の写真に涙がとまらない・・・

歳をとるという事 いつも共に過ごしてきた家族のような愛犬。 人間と同じく犬もまた歳をとり、段々と衰え …

衰弱したリスを保護して回復後に野生へ還すとダブルの驚きが待っていた…!

衰弱していた野生のリスを保護し、回復したら自然へと還してあげた!するとその後、ダブルの驚きが待っていた・・・

この母親は自分の子供の他に、”人間ではない母違いの双子”を育てる!運命の出会いに心癒される・・・

シカゴ在住のイベット・アイベンスさんは2児の母です。 アイベンスさんが2人目の出産後に目にした広告は …

犬たちが平等な権利を得るために贈られたプレゼント!再び自由を手にした姿に涙・・・

殺処分は断固拒否 病気や事故、生まれつきの障害など、 不運にも体に障害を背負ってしまうのは命があれば …

PREV : トルコの市長がスピーチを途中でやめて自ら海に飛び込み、溺れかけていたダイバーを救出!
受け取る人が不在な時の新しい荷物の渡し方!アメリカの宅配業者が考えたアイデアが素晴らしい・・・ : NEXT