Lenon


Lenonをフォローしよう!


鼻先のねじれた犬にシェルターで待ち受けていた悲しい再会と奇跡的な出会い…!


「バックヤードブリーダー」という、

専門的な知識を持たずに小遣い稼ぎのように犬を繁殖させる人たちがいることをご存知でしょうか。

そんなバックブリーダーの元で生まれた犬の、数奇な運命についてご紹介します。

バックヤードブリーダーの元で生まれたピカソは他の兄弟とは異なり、鼻と顎がねじれていたのです。

生まれつきこのような顔をしていたピカソは、

他の兄弟たちがそれぞれ新しい家族のもとへ売られて行ったのに対し、彼だけが売れ残ったのです。

そして売れ残ったピカソを、バックヤードブリーダーは見捨てたのです。

カリフォルニア州のニマルシェルターへ引き渡され、安楽死リストに載せられることに。

他の犬と顔が少し異なり特徴的だったために、体は健康でも生きることを許されなかったのです。

果たしてピカソは幸せを手にすることができるのでしょうか?

気になる方は次のページをご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

飼い主が死んだ後に放置された結果、毛玉が巨大化しすぎて大変なことになった猫!

アメリカのペンシルベニア州にある「Animal Rescue League Shelter &amp …

まるで人間から逃れるように砂漠の泥水で喉を潤していた犬!4ヶ月間懸命に手を差し伸べ続けた結果・・・

アメリカのロサンゼルスを拠点に活動する動物保護団体『Hope for Paws(以下HfP)』は、 …

子サモエドが先住猫と友達になるまでの11週間奮闘記!健気に頑張り続けた最後の結末に心癒される・・・

子サモエドが先住猫と友達になるために健気に頑張り続けた11週間の奮闘記!最後の結末に心癒されること間違いなし・・・

両目を失い飼い主にも捨てられ、路上をさ迷っていた犬がある女性にもたらしたものとは?

私たちが両目を失い、路上をさまよう日々を送るとすれば、生きる希望を見出すのは難しいでしょう。 今回は …

猫と運命の出会いを果たしたことで飛行機に乗れなくなった31年前→しかしその飛行機は・・・

8月12日、ピアニストの諸田由里子さんがTwitterに投稿した内容が、ネット上で大きな反響を呼んで …

PREV : トルコの市長がスピーチを途中でやめて自ら海に飛び込み、溺れかけていたダイバーを救出!
受け取る人が不在な時の新しい荷物の渡し方!アメリカの宅配業者が考えたアイデアが素晴らしい・・・ : NEXT