Lenon


Lenonをフォローしよう!


タイヤショップに現れた目が全く見えない猫が安心と幸せを手にするまでをご覧ください・・・


この猫の名前は「ダドリー」と言います。

この猫の目には障害があります。

向かって右側の目に黒い瞳が殆どありません。

光による瞳孔が細くなる現象とも違い、ただの黄色いビー玉がはめられているかのようです。

右側の目も黒い瞳が、暗闇や興奮した目のままになっています。

一見何かを凝視しているかのように見えますが、この子は盲目なのです。

盲目の猫が保護もなく生きているのを想像して見て下さい。

それはそれはかなり厳しい世界でダドリーは生き抜いてきたと思います。

それでは、盲目の猫が安全な場所にたどりつき、

本当の幸せを見つけるまでのお話を次のページで詳しくお伝えいたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

自分の見栄を優先させようとする飼い主に対するトリマーの怒りのツイートが話題に!

自分の見栄を優先させてペットのことを蔑ろにする飼い主さんに対する、あるトリマーの怒りのツイートが話題に!あなたはどう思いますか?

野生に返したライオンは育てた人間を忘れてしまうのか?1年後に会いに行ってみると・・・

1969年のロンドンで、とある百貨店にライオンが売られていました。 客を呼び込むため「動物売り場」が …

ご主人様が大変だ!ワンコの集団が飼い主が溺れたと勘違いして助けに向かう様が笑えるw

1人の男性が、川で優雅に泳いでいます。 しかし、それを溺れたと勘違いしたワンコの集団が必死に泳いで助 …

盲目となって公園に捨てられ、妊娠した形跡もあった犬が手にできた幸せとは!?

盲目の捨てられた犬 人間側の勝手な都合で、ペットの面倒を見切れずに道端へ捨てるなどということは、 決 …

脱毛の再診に訪れたワンちゃんは飼い主が無知であるために悲惨な姿になっていた…!

脱毛の再診に訪れたワンちゃんはあまりにも悲惨な姿になっていた!飼い主が無知であるために起こった悲劇をご覧ください・・・

PREV : 近隣住民からの「コンビニ前の会社員が邪魔だからコンビニを使わせるな」というクレームを受け入れた結果、近隣住民までもが困る羽目に…!
昭和の遊具は本当に無茶なものが多かった?子どものために良い遊具について考えてみる・・・ : NEXT