Lenon


Lenonをフォローしよう!


タイヤショップに現れた目が全く見えない猫が安心と幸せを手にするまでをご覧ください・・・


この猫の名前は「ダドリー」と言います。

この猫の目には障害があります。

向かって右側の目に黒い瞳が殆どありません。

光による瞳孔が細くなる現象とも違い、ただの黄色いビー玉がはめられているかのようです。

右側の目も黒い瞳が、暗闇や興奮した目のままになっています。

一見何かを凝視しているかのように見えますが、この子は盲目なのです。

盲目の猫が保護もなく生きているのを想像して見て下さい。

それはそれはかなり厳しい世界でダドリーは生き抜いてきたと思います。

それでは、盲目の猫が安全な場所にたどりつき、

本当の幸せを見つけるまでのお話を次のページで詳しくお伝えいたします。

1
2


この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

パピーミルの悲惨な現状を社会に訴えるため1匹のチワワが自らの命を懸けて奔走した…!

パピーミルが今、社会問題になっていることをご存知でしょうか? 日本ではあまり聞かない問題かもしれませ …

カメラマンはリス!?動物たちによるカメラを構えての撮影会の様子をご覧ください…!

今回ご紹介する写真の数々は、ロシアの写真家であるVadim Trunovさんが撮ったものです。 Va …

冷たい雨に打たれ、凍って動けなくなった子猫を保護し、20分温め続けた結果…!

その日は冷たい雨が降り続いていました。 ある夫婦が家にいた時のことです。 家の外で子猫が叫んでいるよ …

歩いていると視界の隅で動く影…壁からかわいいお顔が3つ出てくるスポットが話題に!

話題の写真をTwitterに投稿したのはYURI@Vocal YURIさん。 あまりに可愛いので話題 …

ミジンコ寝をするワンちゃんが話題に!前世の体操選手がとり憑いた?(笑)

動物というのは面白いもので、普段一緒に過ごしていると他の動物では見られないような面白い様子が見られる …

PREV : 近隣住民からの「コンビニ前の会社員が邪魔だからコンビニを使わせるな」というクレームを受け入れた結果、近隣住民までもが困る羽目に…!
昭和の遊具は本当に無茶なものが多かった?子どものために良い遊具について考えてみる・・・ : NEXT