Lenon


Lenonをフォローしよう!


厳しい野良の生活が続いて狂暴になってしまった猫が心優しい女性から愛情を注がれ続けた結果…!


ボストンにある猫のたまり場で発見された1匹の野良猫。

その野良猫は「ココナッツ」と名付けられ、地元の動物愛護団体に保護されました。

発見された時、ココナッツは生きているのが奇跡だといわれるほど衰弱しきっていたのです。

ココナッツを保護した動物愛護団体のスタッフは、

「ココナッツは体中にダニが寄生し、目には感染症を患い、慢性的な下痢など多くの問題を抱えていました」

と当時の様子を鮮明に覚えていました。

それほど悲惨な状態でココナッツは保護されたのです。

そしてかなり狂暴な猫だったのです。

そんなココナッツは愛情を知り、変化していきます。

その変化の軌跡を次のページで詳しくご紹介いたします。

1
2


この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

6匹の茶トラ子猫の兄妹が優しいボランティアの家に保護された→最初はノミだらけだったけどかわいい姿をたくさん見せてくれる!

ある日、姿がそっくりな6匹の赤ちゃん猫が保護されました。 施設に運ばれてきた当初は皆ノミだらけだった …

普段私たちに芸を見せてくれるイルカに、人間が逆に芸を披露してあげたら…いつもと違う可愛さが見れた!

イルカといえば、水族館などで芸を披露して私たちを喜ばせてくれるというイメージが強いのではないでしょう …

これはこれでかわいい!どうやらこの豚は自分のことを犬だと信じて疑っていないようです・・・

オーストラリアのシドニーに住んでいる子ブタのオリーブは、 自分を犬だと思い込んでしまっているようです …

望まぬ形であろう最期を迎えようとしていた猫→ペット用品店で暮らし始め、幸せで掴んで最期を見事に免れる!

ペットとして犬よりも猫の飼育頭数が上回っている日本ですが、ペットの殺処分は依然として続いています。 …

他の兄弟たちが体重650グラムだったのに対し、たった150グラムしかなかった子猫→弱々しい状態で保護されて3日後…!

猫は平均2~5匹、多い場合でも8匹の子どもを産みます。 その母猫が人間の監視下で出産をしたのなら、生 …

PREV : 9歳の自分の息子がガンでこの世をさったのに母親が一滴も涙を流さなかった理由に胸が熱くなる…!
ラスボス感満載!?まるで不死鳥のようなオーロラが出現したと話題に…! : NEXT