Lenon


Lenonをフォローしよう!


厳しい野良の生活が続いて狂暴になってしまった猫が心優しい女性から愛情を注がれ続けた結果…!


ボストンにある猫のたまり場で発見された1匹の野良猫。

その野良猫は「ココナッツ」と名付けられ、地元の動物愛護団体に保護されました。

発見された時、ココナッツは生きているのが奇跡だといわれるほど衰弱しきっていたのです。

ココナッツを保護した動物愛護団体のスタッフは、

「ココナッツは体中にダニが寄生し、目には感染症を患い、慢性的な下痢など多くの問題を抱えていました」

と当時の様子を鮮明に覚えていました。

それほど悲惨な状態でココナッツは保護されたのです。

そしてかなり狂暴な猫だったのです。

そんなココナッツは愛情を知り、変化していきます。

その変化の軌跡を次のページで詳しくご紹介いたします。

1
2



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

カーニバルに隠された残酷な現実→これを知ってしまったらもう二度と純粋に楽しめない…!

ブラジルのカーニバルは世界的にも有名で、多くの観光客はこれを見るためにブラジルを訪れます。 テレビ番 …

飼い主がいない間、ベッドではしゃいでいたワンちゃん!その様子が飼い主にバレた結果・・・

ワンちゃんを飼われている方ならこの姿、一度は見たことあるのではないでしょうか? 今、とあるワンちゃん …

この子犬はガス室が満員だったおかげで死なずに済んだ→6年後の姿に人間は脱帽するしかない…!

2016年4月14日に発生した熊本地震の災害現場で活躍した救助犬たちの中に、 「夢之丞」という犬がい …

猫用のれんを設置した結果→障子破りの解決どころでは済まない形に・・・!

こちらの家の猫ちゃん。 どうも障子を破ってしまうようです。 張り替えても張り替えても破ってしまうので …

傷ついた我が子を守るため、人間が保護しようとするとパニックになった母ロバ→野生の中の親子愛に心揺さぶられる…!

インドのとある町で、子供のロバが重傷を負っていました。 どうやら何かの動物に噛まれたのか出血がひどく …

PREV : 9歳の自分の息子がガンでこの世をさったのに母親が一滴も涙を流さなかった理由に胸が熱くなる…!
ラスボス感満載!?まるで不死鳥のようなオーロラが出現したと話題に…! : NEXT