Lenon


Lenonをフォローしよう!


2年間孤独のままに人間を避け続けてきた犬が温もりを知り、瞳に輝きを宿すようになるまで


これはアメリカのロサンゼルスにあるサンペドロの港で、

2年前に見かけられるようになって以来ずっと人の手から逃げ続けていた犬のお話です。

その犬は、名を「フーディーニ」と言いました。

フーディーニは2年間孤独に暮らしていましたが、

動物保護団体「Hope For Paws」が3日がかりでようやく捕獲することに成功しました。

用意した罠をくぐり抜け、最後の最後まで抵抗をみせたフーディーニが人間の愛情を知り、

友を得て孤独から解放されることでどのように変わっていったのでしょうか。

捕獲作戦から保護されたその後までを紹介したいと思います。

最後のフーディーニの表情にご注目ください。

その時の様子は次ページで。

1
2



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

いつもこうして皆の帰りを待っていたんだね…天国へ旅立った愛犬との思わぬ形での再会に涙が止まらない・・・

お留守番をすることが多いペット。 帰宅した際の彼らの喜びと歓迎ぶり、に一日の疲れが吹き飛ぶような思い …

少し驚かそう思っただけなのに…子犬にイタズラで軽く一鳴きしたらとんでもない事態に!

天気の良い日に公園に出かけると、小さな子供達が夢中で遊んでいるのを目にします。 とても可愛らしく、思 …

せっかく保護したのにそれ以降食事をしなくなってしまった猫!その感動の原因とは・・・?

ある日路上で保護された猫、ロミオ。 しかしカルフォルニアの路上から保護施設に移ってすぐ、病気を患って …

小さな柴犬と大きなシベリアン・ハスキーが親子のようにじゃれ合う姿に癒される・・・

小さな柴犬と、大きなシベリアン・ハスキー。 犬種の違う2匹がじゃれ合っています。 まるで親子のような …

同時多発テロの時の活躍した救助犬が多くの人々に見守られながら虹の橋を渡っていきました・・・

「9.11アメリカ同時多発テロ事件」は、多くの方がご存知だと思います。 死亡者が3,000人を超える …

PREV : 「あたまからあったまる~!」「こぼれている…」など話題騒然!日清カップヌードルのシュールな帽子をご覧ください・・・
母は息子の何気ない一言から、アメリカの根深い人種差別について考えさせられた・・・ : NEXT