Lenon


Lenonをフォローしよう!


ペット販売から里親贈与企業へ転換した「ペットを売らないペットショップ」が話題に!


岡山県倉敷にあるペットショップ「シュシュ」は2015年4月からペットの販売を中止して、

里親を探す贈与企業に転換しました。

贈与企業というのは、

NPO法人と連携して殺処分を待つばかりだった犬の飼い主を無償で探す活動をする企業のことをいいます。

ペットの販売から贈与企業になったことで、

シュシュは「ペットを売らないペットショップ」としてメディアに取り上げられました。

その後、ネット上でもこのペットを販売しないペットショップはたいへん話題となっているようです。

シュシュでは具体的にどのようなことを行なっているのでしょうか?

気になる方は次のページをご覧ください。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ひどく衰弱した状態で保護された子猫!家族の優しさのお陰でどんどん元気になっていく姿に涙・・・

インターネットやテレビなど、色々なところで情報を得ることが現代。 動物の殺処分がいかに酷いものなのか …

レバノンの女性モデルが愛犬を死亡例もある染料でピンク色に染め上げ、世界中から非難殺到!「動物を保護したい」発言をどう思いますか?

皆さんは犬は好きですか? 犬派や猫派など、様々な人がいると思いますが、筆者は犬も猫もどっちも大好きで …

置き手紙によるとこの18歳の老猫は「最善の方法」の下に飼い主に捨てられていた→保護施設のスタッフは必ず里親を見つけると決心する…!

ある日の朝、動物の保護施設である「カーショー郡動物愛護協会」の前に1匹の黒い老猫が現れました。 老猫 …

野生に返したライオンは育てた人間を忘れてしまうのか?1年後に会いに行ってみると・・・

1969年のロンドンで、とある百貨店にライオンが売られていました。 客を呼び込むため「動物売り場」が …

捨て犬たちの面倒を見ている心優しいおじいさん→みんなを乗せてワンコ列車、出発進行!

ずらりと犬たちが並んで乗っているワンコ列車。 この列車のような車を運転しているおじいさんは、ユージン …

PREV : 引きこもり続けて5年→21歳の息子が突如リビングに顔を出し、勇気を出して贈ってくれた物に涙・・・
緊急電話を受けて向かった先には妊婦が!消防士はその妊婦の赤ちゃんを取り上げ、2日後その子の父親に…! : NEXT