Lenon


Lenonをフォローしよう!


どうしてそうなった!?ゴミ収集車で運ばれるアライグマがシュール過ぎる!


ゴミを荒らす動物の代名詞ともいえるカラスの知能は大変高く、オラウータンを凌ぐと言われています。

賢いからこそ人一倍警戒心が強いので、カラス自体を駆除するのは至難の業です。

ところで、ゴミステーションを荒らす動物といえばカラスの他に何を思いつきますか?

最近はアライグマの被害が日を追って顕著に見られます。

愛らしい見た目とは裏腹に獰猛な性格をした彼らは昆虫、農作物、甲殻類など、

何でも食べることで有名です。

そのため、雑食のアライグマにとってもゴミステーションは宝の山なのです。

そんな中、ゴミを漁っていたアライグマがとんでもない事になっている!と話題になりました。

少し間抜けなアライグマの姿は次のページでご覧いただけます。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

もう少しで安楽死するところだった犬は大好きなゾウのぬいぐるみを咥えてその時を待っていたが…!

動物の安楽死 お金さえ払えば簡単にペットを購入できますね。 買うのは簡単な動物ですが、育てるのは大変 …

ガン治療を拒否してワンちゃんとの旅を選択した90歳のおばあちゃんの生き様!

90歳のおばあちゃん お医者さんからガンであることを告げられた時、90歳のノーマさんははっきりと言い …

子犬を捨てた許しがたい行為を目撃した人が元飼い主へ送った手紙の内容に考えさせられる…「今日美しい子犬を捨てたあなたへ」

ペットを飼うとき「最後まで面倒を見る」という大前提があります。 しかし身勝手な理由で捨てられてしまう …

病気になった途端家族に見放された犬がシェルターに来て200日が経過!病が進行する中でも幸せを願った犬の運命は…?

この犬の名前は「パドレ」。 かつて、人間の家族のもとで飼われていた飼い犬です。 しかし、その体は病魔 …

もうひとりぼっちじゃない…ずっと孤独に生きてきた狼犬が保護された先で真実のパートナーと出会う・・・

複雑な事情で、生きるのが大変だというのは人間だけではありません。 アメリカのアリゾナ州で保護されたひ …

PREV : 白血病に苦しむ10歳の息子の姿をネットに公開!懸命に生きる母と息子の姿に涙がとまらない・・・
スマホで撮った画像をその場で現像できてしまう衝撃のスマホケースがこちら! : NEXT