Lenon


Lenonをフォローしよう!


「もう一度だけあの子に会いたい」末期がん女性の愛犬に対する思いに涙が溢れる・・・


がん(悪性腫瘍)という言葉を、最近は特に耳にするようになりました。

このたび厚生労働省が「誰もが働きやすい社会」として、

来年度からがん患者のためにサテライトオフィスの新設方針を固めました。

がんという病はとても身近なものになってしまいました。

そして現在の日本では、死亡原因の一位はがんです。

がんは早期発見をすれば治ると言われていますが、不幸にも発見された時には手遅れという場合もあります。

末期のがんで余命いくばくもない状態のとき、最期に大切な人を思い浮かべるのは自然なことです。

ある末期がんの女性が、最期に愛犬に会いたいと願いました。

しかし、彼女がいるのは病院です。

その願いを受け入れられそうにはありませんが…。

それでは、末期癌の女性に起った最後の奇跡を次のページにてご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

「今日はシャンプーの日」ということで泥んこ遊びを許されたワンちゃん、笑顔で泥水にダ〜イブ!

ワンちゃんは本当に走るのが大好きな動物です。 しかしながら、普段は思いっきり走ることなんてできません …

棺の匂いを嗅いだ馬は中に誰が入っているのか理解した→その時の反応に参列者は涙を抑えられなかった…!

皆さんは動物との絆を感じたことはありますか? 動物は人間にとっては時には親しい友達、あるいは家族のよ …

名前を呼んでも、「う~ん?」と唸ってそっけない返事をする猫→実は意外と律儀だった!?

飼い主さんが、戸棚へ名前を呼びます。 戸棚に声をかけても、ただの物置なので誰もいないはずですね。 と …

子パンダたちが積み重なり、子パンダタワーを作って大脱走を企てた結果・・・

子パンダ達が大脱走を企てたようです…!みんなで積み重なって子パンダタワーを形成し、脱出しようとした結果・・・

下半身不随の犬とのボランティア先での出会い→帰国後、犬は悲惨なことになっていた…!

子犬のティガ ある男性がヨーロッパからバリ島に、アニマルレスキュ―としてボランティアに参加しました。 …

PREV : モデルのカーリー・クロスが日本人の格好をしたら批判されて謝罪することに…日本とは違うアメリカの考え方とは?
まさに神業!100%ガムテープ製な駅の案内板を作成した人物とは…!? : NEXT