Lenon


Lenonをフォローしよう!


迷子だった7匹の子猫を保護した男性が母猫が戻ってくると信じてずっと待ち続けた結果…!


子猫救助の要請を受けた動物保護施設『Cape Animal Inspectors Organization』で、

スタッフとして働いているルークさんは、家の隙間から7匹の子猫を救け出しました。

ところが、そこには母猫の姿がありませんでした。

健康でしっかり育っている子猫の様子から、

ルークさんは母猫が必ず子猫たちの元に戻ってくると考えました。

そこで、母猫を保護するために子猫たちをしっかりケアした上で、

捕獲器の中に入れて様子を見てみることにしました。

その間猫の親子全員を保護すると固く決心していたルークさんは、

子猫たちにミルクを与えてケアを続け母猫が現れるのを待ち続けたのです。

果たして母猫は現れるのでしょうか?

この猫の親子の保護についての結末は、次のページにてご覧ください。

1
2



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

怪我を負ったイルカがダイバーの人間に助けを求めた!その後、衝撃の展開に・・・

熟練ダイバーのケラー・ラロスさんは、夜間にダイビングをしていました。 すると目の前に突然イルカが現れ …

大相撲の荒汐部屋に住む2匹の猫ちゃんと力士の関係!ニャンとも微笑ましいミスマッチをご覧ください・・・

荒汐部屋とは? 東京都中央区日本橋にある荒汐部屋(あらしおべや)は、日本相撲協会の時津風一門の相撲部 …

柴犬が好きすぎると話題の少女!これ以上ないほどの仲良しっぷりに癒される・・・

アメリカに住む7歳のフェニックスちゃんと、柴犬のキツは親友同士です。 今回は、このふたりの日常生活を …

最終的に人間が食べるために飼育されていた韓国の犬夫婦→アメリカの保護団体に引き取られ、離れ離れになるものの奇跡の再会を果たす…!

日本の常識ではありえない食文化が、世界には沢山存在します。 ヨーロッパで言えば、イタリアのうじ虫のチ …

高価な胆汁のために熊は生きたままお腹に穴を開けられた!保護団体の懸命な看病の末に・・・

熊の胆汁 漢方薬として名高い「熊胆」。 その名の通り、熊の胆汁です。 日本では消化器官全般に効く貴重 …

PREV : 高校1年生がまとめた生物のノートがそのまま教科書にして良いくらいのクオリティだと話題に!
駐車場で危険な運転をしていた営業マン→女性が放った一言でスカッとした! : NEXT