Lenon


Lenonをフォローしよう!


女性はケージの中にいる虐待されていた犬を連れて帰った→彼女を信頼した犬の心温まる行動とは…?


虐待されていた犬

カイラ・フィルーンさんは、アメリカのフィラデルフィアに住んでいます。

彼女は近所の動物シェルターで、保護されている犬を定期的に散歩させるボランティア活動をしていました。

ある日カイラさんは、収容されたばかりの若いピットブルに出会います。

その子の胸には、「ラス」というネームタグが掛けられていました。

ラスの体には激しい虐待の後があります。

目には膿、皮膚は湿疹でただれ、尻尾からは流血していました。

病気も患っているのか咳もしています。

数日後、カイラさんはラスを連れて近くへ散歩に行きました。

ラスはカイラさんの後を付いてくるように歩き、おやつも素直に食べたのです。

普通、犬は心を許した人間でないとエサは食べません。

どうやらラスは、カイラさんに信頼を寄せたようです。

次の日もカイラさんはシェルターを訪れ、敷地の外へラスと散歩へ行きました。

カイラさんが休憩のために座ると、ラスは膝の上によじ登って来たのです。

散歩の後、カイラさんはラスと別れるのがつらいと思いました。

そして、彼女はラスを引き取る決心をしたのです。

カイラさんとラスの運命的出会い。

彼女の側に寄り添うラスの心温まる姿を次のページで詳しくご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

犬を散歩させている飼い主に「犬を10万ドルで譲ってほしい」とお願いした結果・・・

犬か10万ドルか シカゴで1人の男性がある実験を行いました。 それは愛犬と散歩中の飼い主に、 「あな …

「障害はこの子が持つ魅力の一つ」脳障害を抱えた子猫に愛情を注ぐ女性の想いに感動・・・

「障害はこの子が持つ魅力の一つ」脳障害を抱えた子猫に愛情を注ぐ女性の想いとは?胸が熱くなるエピソードはこちら・・・

「犬猿の仲」なんて…!我が子のように子犬と接するサルの姿が話題に・・・

仲が悪い様子を「犬猿の仲」などと言いますよね。 日本では「犬と猿は仲が悪い」と言われていますが、 イ …

不機嫌そうな顔のお婆ちゃん猫は1年以上も里親が見つからない!しかし彼女の本当の姿は・・・

どちらかと言えば視覚でものを判断する人間は、美しさや可愛らしさで優劣を決める傾向があります。 美男美 …

「私に構わないで!」この野良犬が保護職員を尋常じゃなく警戒していた理由に胸が震える・・・

人間の目線では理解できない、動物たちの事情があります。 犬の体型も人間の都合でさまざまな大きさに改良 …

PREV : 40年以上放置されていたフォルクワーゲンバスに命を吹き込んだ男たちのドキュメントに心揺さぶられる…!
「やられたら、やり返す!…いつまでもやられる」言われてハッとするぐうの音も出ない発言10選! : NEXT