Lenon


Lenonをフォローしよう!


「この子は、数年前に行方不明になった猫かもしれない…」動物病院を訪れた親子が保護されている猫を見て思わずこう口走った結果…!


動物病院のビリー

2013年11月、アメリカの駐車場でガリガリにやせ細った状態の猫が発見され、

近くの動物病院へ保護されました。

この子の推定年齢は13歳。

老猫のため病気をたくさん抱えており、栄養失調にも陥っていたのです。

動物病院のスタッフは、飼い主に捨てられてしまったのだろうと思いました。

そこで、病院で「ビリー」という名前を付け、みんなで愛情を注ぎながら治療を続けたのです。

老年で捨てられたビリー。

幸いにも動物病院に引き取られ命拾いをしますが、この子には思いもよらない運命が待ち受けていたのです。

ビリーは懸命な治療の結果、数週間後には元気な体になりました。

その頃には動物病院のスタッフにとって、ビリーは大切な存在になっていたのです。

そして、この子を動物病院で飼うことにしました。

「動物病院のスタッフは、みんなビリーが大好になりました。
そして、ビリーも心を開き、私達に甘えてくるようになったのです」

とスタッフの方は話しました。

その後もビリーは、動物病院のスタッフに可愛がられながら3年の時を過ごします。

ところがある日、ある患者さんがビリーを見ると…。

続きは次のページにてご覧ください。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

人間を怖がり、倉庫の中で一人ぼっちで暮らしていた子猫が心優しい夫婦の愛に触れて・・・

どこから迷い込んだのか。 辺りには母猫も兄弟猫も見当たらず、たった一匹倉庫で暮らす子猫。 まだ外の世 …

犬と子供を一緒に生活させてはいけない理由12選!これは納得するしかない(笑)

「幼少期に犬と一緒に生活することで、子どもは優しく育つ」と聞いたことはありませんか? 赤ちゃんのうち …

猫専用の通路に大きな障害物(犬)何としても通りたかった猫の優しい対応がこちら!

猫を飼っているお家の扉や壁によくある、猫用の小さな通路。 猫を飼っているあるお宅にも、そうした通路が …

飼い主にしか撮影できないであろう猫のあまりにも激しくヤバい顔をご覧ください・・・

外ではピリピリと緊張している犬や猫も、家の中ではだらんとしてしまいます。 自分も飼い主さんの『家族』 …

奇妙な音が聞こえたので起きてみたらこの子の寝言でした・・・(笑)

夜中の寝言、歯ぎしりには時々驚いて飛び起きることがあります。 ムニャムニャ程度なら許せますが、 「ぎ …

PREV : まるで公開処刑だった!新しく来た上司が会議の「やり方」だけを変えた結果・・・
初めてのスマホに慣れない母からLINEで夕飯の連絡→絶対に電車の中で読んではいけない爆笑内容はこちら!(笑) : NEXT