Lenon


Lenonをフォローしよう!


「この子は、数年前に行方不明になった猫かもしれない…」動物病院を訪れた親子が保護されている猫を見て思わずこう口走った結果…!


動物病院のビリー

2013年11月、アメリカの駐車場でガリガリにやせ細った状態の猫が発見され、

近くの動物病院へ保護されました。

この子の推定年齢は13歳。

老猫のため病気をたくさん抱えており、栄養失調にも陥っていたのです。

動物病院のスタッフは、飼い主に捨てられてしまったのだろうと思いました。

そこで、病院で「ビリー」という名前を付け、みんなで愛情を注ぎながら治療を続けたのです。

老年で捨てられたビリー。

幸いにも動物病院に引き取られ命拾いをしますが、この子には思いもよらない運命が待ち受けていたのです。

ビリーは懸命な治療の結果、数週間後には元気な体になりました。

その頃には動物病院のスタッフにとって、ビリーは大切な存在になっていたのです。

そして、この子を動物病院で飼うことにしました。

「動物病院のスタッフは、みんなビリーが大好になりました。
そして、ビリーも心を開き、私達に甘えてくるようになったのです」

とスタッフの方は話しました。

その後もビリーは、動物病院のスタッフに可愛がられながら3年の時を過ごします。

ところがある日、ある患者さんがビリーを見ると…。

続きは次のページにてご覧ください。

1
2



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

プーズーが日本にやって来た!高さが40センチしかない世界最小の鹿をご存知ですか?

小さい! チリのチロエ島には、「プーズー」という世界最小の鹿が生息しています。 体長70~90センチ …

棺桶の隣に座る悲しい顔を浮かべた1匹の犬がとった行動に、故人の家族は驚き涙した…!

トルコ人のメフメト・イルハンさんは、79歳で長くつらい闘病生活に幕を下ろしたご老人です。 メフメトさ …

窓ガラスを舐めるワンちゃんの謎!聞くと「納得」のその理由とは・・・?

愛犬家なら、一度は自分の愛犬が窓ガラスをペロペロと舐めている姿を目撃したことがあると思います。 その …

橋から落ちた子猫を保護した結果、10日後に保護猫ではなく先住猫の方に衝撃の変化が…!

子猫を連れて帰る ウズネネチャンネル(@MasakunMorimoto)さんは、 橋の上からパニック …

シェルターで一緒に暮らしていたフェネックと黒猫→感動の再会を果たした時の笑顔が微笑ましい…!

世界中には犬と猫、虎とライオン、オオカミとキツネなど、 異なる動物どうしにもかかわらず仲良く暮らして …

PREV : まるで公開処刑だった!新しく来た上司が会議の「やり方」だけを変えた結果・・・
初めてのスマホに慣れない母からLINEで夕飯の連絡→絶対に電車の中で読んではいけない爆笑内容はこちら!(笑) : NEXT