Lenon


Lenonをフォローしよう!


「この子は、数年前に行方不明になった猫かもしれない…」動物病院を訪れた親子が保護されている猫を見て思わずこう口走った結果…!


動物病院のビリー

2013年11月、アメリカの駐車場でガリガリにやせ細った状態の猫が発見され、

近くの動物病院へ保護されました。

この子の推定年齢は13歳。

老猫のため病気をたくさん抱えており、栄養失調にも陥っていたのです。

動物病院のスタッフは、飼い主に捨てられてしまったのだろうと思いました。

そこで、病院で「ビリー」という名前を付け、みんなで愛情を注ぎながら治療を続けたのです。

老年で捨てられたビリー。

幸いにも動物病院に引き取られ命拾いをしますが、この子には思いもよらない運命が待ち受けていたのです。

ビリーは懸命な治療の結果、数週間後には元気な体になりました。

その頃には動物病院のスタッフにとって、ビリーは大切な存在になっていたのです。

そして、この子を動物病院で飼うことにしました。

「動物病院のスタッフは、みんなビリーが大好になりました。
そして、ビリーも心を開き、私達に甘えてくるようになったのです」

とスタッフの方は話しました。

その後もビリーは、動物病院のスタッフに可愛がられながら3年の時を過ごします。

ところがある日、ある患者さんがビリーを見ると…。

続きは次のページにてご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ボロボロの状態で発見されたロバと声の出ない少女の出会いがふたりの人生を大きく変える奇跡を起こした…!

ロバのショックスは、アイルランドの牧場で発見されました。 彼は発見された時は首にきつくロープが巻かれ …

アヒルのくちばしがまるでオオカミの顔!?写真を見たらガチだった・・・(笑)

動物の毛の模様が、何かに似ているという話題をよくネットで見かけます。 例えば猫ちゃんの胸に大きなハー …

とある大学の卒業アルバムの、学生と一緒に写った盲導犬に隠されたエピソードに涙が止まらない…!

常に視聴覚障害者に寄り添い、安全に誘導している「盲導犬」。 犬が立ち入り禁止のお店や施設でも、盲導犬 …

断固として「Ctrl+z」を押させてくれない我が家の文鳥(笑)一体なぜ・・・?

ペットが飼い主の行動を妨げることはよくあります。 例えば我が家で飼っている犬はトイレの前に陣取り、 …

愛犬のために飼い主が義足を手作り→それまで義足を嫌がり続けていた愛犬の反応は…?

義足は人間だけが必要なものではありません。 最近では技術が進歩して、動物にも義足が作られるようになり …

PREV : まるで公開処刑だった!新しく来た上司が会議の「やり方」だけを変えた結果・・・
初めてのスマホに慣れない母からLINEで夕飯の連絡→絶対に電車の中で読んではいけない爆笑内容はこちら!(笑) : NEXT