Lenon


Lenonをフォローしよう!


二度の手術によって両耳を失った老猫がその代わりに得た幸せとは…!?


ニューヨークにある猫の溜まり場で保護されたのは、1匹の老猫でした。

その猫はのちに『エディ』と名付けられることになりますが、

この時はまだ愛嬌のない気難しい野良猫だったのです。

エディが保護されたのはアニマルシェルターでしたが、

施設スタッフの間でエディは近寄り難い存在となっていました。

しかしある時、スタッフがエディの耳に異変がある事に気がついたのです。

重度の耳感染症でした…。

しかも両耳です。

状態は悪く手術を余儀なくされ、エディは手術により両耳の外耳道を切除しました。

そしてその際、口腔内の状態も悪かったため歯を抜き、腐った歯肉の切除も行われたのでした。

さて、手術をしたことでエディどのような変化が現れたでしょう?

それは次のページにてご紹介致します。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

脱走してしまう犬のために飼い主が作った柵を動画で自慢げに撮影していたら18秒後・・・

最近では、大型ショッピングセンターや公園内にドッグランがある施設が増えてきましたよね。 犬を飼ってい …

両目を失い飼い主にも捨てられ、路上をさ迷っていた犬がある女性にもたらしたものとは?

私たちが両目を失い、路上をさまよう日々を送るとすれば、生きる希望を見出すのは難しいでしょう。 今回は …

行き場を失くした猫の親子!預かり主の諦めない気持ちが怯える母猫の心を開く・・・

怯えた母猫 アメリカのワシントン州アーリントンには、「Purrfect Pals」という愛護団体が存 …

農場ショーで疲れ果て、会場で自分の牛の隣で眠る少年の姿に多くの人々が心打たれる…!

乳牛展覧会 アメリカのアイオワ州に住んでいるミッチェル・マイナー君は、 自慢の愛牛であるオードリと一 …

障害を持つ犬が私たちに伝えてくれた力強いメッセージ!体は特殊でも幸せいっぱい・・・

アメリカのとあるシェルターで保護された1匹の雑種犬。 このワンちゃんはムコ多糖症Ⅵ型という難病を患っ …

PREV : 『ただ…逢いたくて』を清木場俊介と歌うEXILEのATSUSHI→10年の思いに涙した映像を公開!
「一汁三菜を作るのは大変」と悩む主婦に向けて土井善晴先生が提唱した“新常識”に称賛の嵐! : NEXT