Lenon


Lenonをフォローしよう!


二度の手術によって両耳を失った老猫がその代わりに得た幸せとは…!?


ニューヨークにある猫の溜まり場で保護されたのは、1匹の老猫でした。

その猫はのちに『エディ』と名付けられることになりますが、

この時はまだ愛嬌のない気難しい野良猫だったのです。

エディが保護されたのはアニマルシェルターでしたが、

施設スタッフの間でエディは近寄り難い存在となっていました。

しかしある時、スタッフがエディの耳に異変がある事に気がついたのです。

重度の耳感染症でした…。

しかも両耳です。

状態は悪く手術を余儀なくされ、エディは手術により両耳の外耳道を切除しました。

そしてその際、口腔内の状態も悪かったため歯を抜き、腐った歯肉の切除も行われたのでした。

さて、手術をしたことでエディどのような変化が現れたでしょう?

それは次のページにてご紹介致します。

1
2


この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

迷い子猫を保護し、生活を共にしていると…ヴァンパイアのような牙がニョキニョキ!

黒猫のモンク 二コールさんが帰宅しようと車を運転していると、1匹の黒猫が走り込んできました。 その猫 …

愛犬がいつも息子の右側にいるようにしている→気になって病院で診てもらった結果…!

長い間人間と一緒に暮らして来た犬は、人の感情を察知する事が出来ます。 それはとても微笑ましいことです …

老人ホームに現れた猫がみんなの優しさに触れて毎日通うようになった結果・・・

アメリカのシアトルにある老人ホーム“ベイビュー・リタイアメント・コミュニティ”に、 1匹の猫が現れま …

生後8週の子猫が、外を独りぼっちでうろついていた→このワンちゃんとの出会いで幸せな運命を手繰り寄せる!

このワンちゃんが身につけているショルダーバッグのようなものに入っている子猫の名前は、 『コーダ』とい …

飼い主が亡くなった事を知らず、8か月も病院の前で待ち続ける犬は里親の元に連れて行かれても・・・

いつも傍にいた世界で一番大切な人が、突然目の前から姿を消しました。 それはどういう意味なのか、理解で …

PREV : 『ただ…逢いたくて』を清木場俊介と歌うEXILEのATSUSHI→10年の思いに涙した映像を公開!
「一汁三菜を作るのは大変」と悩む主婦に向けて土井善晴先生が提唱した“新常識”に称賛の嵐! : NEXT