Lenon


Lenonをフォローしよう!


前足が不自由というハンデを抱えながら野良として2年間生き延びた猫が心優しい女性と出会って安全な場所に導かれる…!


世の中には事故や障害で手足を失った人や、生まれつき手足が全く機能していな人も沢山います。

先天性の障害は人間に限ったものではありません。

頭を二つ持った猫、後ろ足のない犬…。

動物達が障害を持って厳しい自然界で生き延びていくには、相当の覚悟が必要です。

動物保護団体の職員がある日、変わった歩き方をする1匹の野良猫と出会いました。

どうやら前足2本が不自由で使えないようです。

しかしその野良猫は、独自の方法で厳しい野良猫の社会を生き延びていました。

とても健気な野良猫とそれを支え続ける相棒の話の続きは、次のページでご覧いただけます。


スポンサードリンク

1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

湖で泳いでいた飼い主が動かず、危険な匂いを感じ取った犬が湖へ決死のジャンプ…!

飼い主と犬は、強い信頼関係で結びついています。 飼い主を救うために、自分の身を犠牲にした犬のお話はよ …

ネグレクトで心も体も傷つき、電話ボックスに閉じ込められてもこの犬は生きることを諦めなかった・・・

南ロンドンに住むエマ・センプルさんと言う女性は、小さな動物保護団体を運営していました。 そんな彼女の …

ゴミの収集をしている男性の作業員が死にかけていた子猫をゴミ箱から救出!

ウイリアム・グラビルさんは、アメリカのカルフォルニア州でゴミ収集作業員として働いています。 彼は今か …

離さないニャン!保健所で預かった子猫を抱きしめて離さない優しいニャンコに頬が緩んじゃう・・・

Twitterユーザーのみぃこさん(@takmoto0629)が投稿した二匹の仲良しニャンコが可愛す …

傷だらけで心を閉ざしていた野良猫の恩返しはお店の用心棒だった…!

傷だらけなうえに心を閉ざしていた野良猫を保護!するとその恩返しとして、お店の用心棒をやってくれた…!詳細はこちら・・・

PREV : 上空に「神の手」が出現!雲が作り出した衝撃の造形をご覧ください・・・
「どうも、クロネコヤマトです」「私は佐川急便です」宅配業者が紡ぐ『平和だな〜』と感じる面白エピソード10選! : NEXT