Lenon


Lenonをフォローしよう!


意外な原因で12年間も腫れていた猫の唇→治らないはずが『ある事』をしただけでキレイさっぱり!


アメリカ在住のクリスティン・チャンチオロさんは、

地元のシェルターで「オーディー」という猫に会いました。

その猫は口が大きく腫れ、少し変わった顔でしたが人懐こい性格に惹かれて飼うことにしたのです。

シェルターの職員は、オーディーが12年間一緒にいた飼い主に捨てられてしまったことや

唇の腫れが口唇裂と潰瘍によるもので自然に治癒することはないことなどを教えてくれました。

odey1

しかし、クリスティンさんはオーデイーを抱いた瞬間からこの子を飼いたいと強く思いました。

彼女はたとえ病気の猫でも、自分の手でオーデイーを幸せにしてあげたいと思ったのです。

オーデイーに一目惚れをしてしまったクリスティンさんは、

シェルターからオーデイーを引き取ると自宅に連れて帰りました。

クリスティンさんとオーデイーはその後どうしたのでしょう。

気になる方は次のページをご覧ください。

1
2


この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

赤ん坊に接するピットブルの姿に当初大パニックだった男性は、“闘犬”への意識の変革を願うように・・・

ピットブルを“闘犬”にしたて上げたのは、人間のエゴ 『ピットブル』という大型の犬種をご存知でしょうか …

「ヤバい、これ母親が発狂するかも…」飼い主の背筋を凍らせた猫の凄まじすぎるイタズラがこちら!

2月22日の「猫の日」も終わりました。 次に迎えるのは華やかな桃の節句、3月3日の「ひな祭り」ですね …

怪我を負ったイルカがダイバーの人間に助けを求めた!その後、衝撃の展開に・・・

熟練ダイバーのケラー・ラロスさんは、夜間にダイビングをしていました。 すると目の前に突然イルカが現れ …

目が見えない犬をそばで支え続ける親友の犬!ずっと一緒な2匹のストーリーに心温まる・・・

白い杖を持って点字ブロックを頼りに歩く人や、 盲導犬と一緒に歩いている人に出会ったことはありませんか …

3週間ぶりに会う飼い主に「ひとりでつらかったにゃ」と訴える寂しがりやな猫!お出かけはほどほどにせねば・・・

猫ちゃんは自由気ままな動物ですよね。 しかし飼い主が本を読んでいたり、新聞を読んでいたり、 パソコン …

PREV : 親子で楽しめる川根温泉の魅力→SLやトーマス号を見ながらの入浴は最高!
佐藤二朗の切ないのに笑えちゃう哀しみ溢れるつぶやき10選・・・ : NEXT