Lenon


Lenonをフォローしよう!


意外な原因で12年間も腫れていた猫の唇→治らないはずが『ある事』をしただけでキレイさっぱり!


アメリカ在住のクリスティン・チャンチオロさんは、

地元のシェルターで「オーディー」という猫に会いました。

その猫は口が大きく腫れ、少し変わった顔でしたが人懐こい性格に惹かれて飼うことにしたのです。

シェルターの職員は、オーディーが12年間一緒にいた飼い主に捨てられてしまったことや

唇の腫れが口唇裂と潰瘍によるもので自然に治癒することはないことなどを教えてくれました。

odey1

しかし、クリスティンさんはオーデイーを抱いた瞬間からこの子を飼いたいと強く思いました。

彼女はたとえ病気の猫でも、自分の手でオーデイーを幸せにしてあげたいと思ったのです。

オーデイーに一目惚れをしてしまったクリスティンさんは、

シェルターからオーデイーを引き取ると自宅に連れて帰りました。

クリスティンさんとオーデイーはその後どうしたのでしょう。

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

愛猫が家の中で見当たらない!キッチンのシンクの中を見てみると…なんてかわいい(笑)

猫は狭いところが大好きです。 姿が見えないと思っていると、意外なところに入りこんでしまっています。 …

いつものかわいさはどこ?(汗)破壊力が凄まじすぎるウサギの衝撃的なあくび顔13選!

「うさぎ」といえばどんなイメージがありますか? 特徴的な長い耳とクリクリとした丸い目、小さな口でカリ …

同時多発テロの時の活躍した救助犬が多くの人々に見守られながら虹の橋を渡っていきました・・・

「9.11アメリカ同時多発テロ事件」は、多くの方がご存知だと思います。 死亡者が3,000人を超える …

他の家に譲ったものの、20キロ歩いて戻ってきた猫に対し、飼い主がとった残酷な決断とは!?

他の家に譲ったものの、20キロもの距離を歩いて戻ってきた猫!しかしこの猫に対し、飼い主さんは残酷な決断をした結果・・・

瀕死状態で皮膚がボロボロになった野良犬。2ヶ月の治療後に奇跡の大変身!

※治療前の姿の写真や動画は皮膚がボロボロで大変痛々しい姿をしています。苦手な方はご注意下さい。 痛々 …

PREV : 親子で楽しめる川根温泉の魅力→SLやトーマス号を見ながらの入浴は最高!
佐藤二朗の切ないのに笑えちゃう哀しみ溢れるつぶやき10選・・・ : NEXT