Lenon


Lenonをフォローしよう!


この子犬はガス室が満員だったおかげで死なずに済んだ→6年後の姿に人間は脱帽するしかない…!


2016年4月14日に発生した熊本地震の災害現場で活躍した救助犬たちの中に、

「夢之丞」という犬がいます。

今回は、この夢之丞の歩んできた道のりをご紹介します。

2010年11月に殺処分寸前だった夢之丞は、

NGO「ピースウィンズ・ジャパン」のスタッフによって保護されました。

yume2

その時、夢之丞は生後4ヶ月ぐらいの子犬で、

殺処分用ケージの中で恐怖に震えながらうずくまっていました。

保護したピースウィンズ・ジャパンのスタッフが夢之丞を抱き上げたところ、

恐怖から失禁までしたそうです。

yume

この気弱で臆病な夢之丞がどのようにして災害救助犬に成長したのかは、

次のページで詳しくご紹介いたします。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

カモメが海で溺れている!その時、海岸を散歩中だった女性がとった行動に心揺さぶられる・・・

みなさんも一度は行ったことがある「海」。 海と言われて連想するのは「魚」「海鳥」「貝」といったものが …

「もう戦わなくていいんだよ…」闘犬としてひどい扱いをされてきたピットブルが初めて人の手が優しいことに気付いた瞬間に涙…!

みなさんは「ピットブル」と言う犬をご存知ですか? その闘争心と闘争能力は日本の闘犬界の横綱とも言われ …

「一緒に暮らそう…」飼い主と死別した猫は保護施設で訪問者に手をかざし続けた→すると・・・

どんな時も悲しい別れというのはつきものです。 このお話の主人公の猫も最愛の飼い主さんの死に出会い、 …

「にゃんだこれは!」とこねこが初めて見つけたのは自分のシッポ→大興奮なリアクションが超かわいい!

動物特有の可愛い仕草や動きってたくさんありますよね。 中には「なんでそんなことに!」なんて驚いてしま …

毎年8,000キロの距離を泳いで命の恩人である漁師に会いに来るペンギン!その絆に心温まる・・・

ブラジルでは野生の動物をペットとして飼うのは禁止されています。 しかし中にはペットしてではなく、親友 …

PREV : 小銭を欲した少年は車に乗った女性に近づいた→しかし窓越しの光景を見た瞬間涙が止まらなかった…!
わざとボールを落としたイチロー→オバマ元大統領のサインをもらう作戦が決まった時の悪そうな笑顔がこちら(笑) : NEXT