Lenon


Lenonをフォローしよう!


この子犬はガス室が満員だったおかげで死なずに済んだ→6年後の姿に人間は脱帽するしかない…!


2016年4月14日に発生した熊本地震の災害現場で活躍した救助犬たちの中に、

「夢之丞」という犬がいます。

今回は、この夢之丞の歩んできた道のりをご紹介します。

2010年11月に殺処分寸前だった夢之丞は、

NGO「ピースウィンズ・ジャパン」のスタッフによって保護されました。

yume2

その時、夢之丞は生後4ヶ月ぐらいの子犬で、

殺処分用ケージの中で恐怖に震えながらうずくまっていました。

保護したピースウィンズ・ジャパンのスタッフが夢之丞を抱き上げたところ、

恐怖から失禁までしたそうです。

yume

この気弱で臆病な夢之丞がどのようにして災害救助犬に成長したのかは、

次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

家族に捨てられた12歳の兄弟猫!理由は引っ越しのためというあまりにも身勝手なものだった・・・

動物を飼うなら、最後まで責任を持って世話をしなくてはなりません。 ほとんどの人が飼い主としての義務を …

必死に抵抗をしていた子犬が新しい経験の中で少しずつ心を開き、その先の希望の光へ…!

人間の都合で、無責任に捨てられてしまう犬たちがいます。 元飼い主からの虐待、突然の孤独、空腹や寒々し …

ホワイトタイガーの赤ちゃんがやらかしたイタズラの結末に思わず頬が緩む・・・

ホワイトタイガーの赤ちゃんがイタズラを決行したようです…!そしてそのイタズラに自然と頬が緩んでしまいます・・・(笑)

子パンダたちが積み重なり、子パンダタワーを作って大脱走を企てた結果・・・

子パンダ達が大脱走を企てたようです…!みんなで積み重なって子パンダタワーを形成し、脱出しようとした結果・・・

魚の煮付けを撮影していたら思いがけず「決定的瞬間」の撮影に成功してしまった…!

ある日、魚の煮付けを撮影していたTwitterユーザー!しかしそこには思いがけず、「決定的瞬間」写っていた・・・

PREV : 小銭を欲した少年は車に乗った女性に近づいた→しかし窓越しの光景を見た瞬間涙が止まらなかった…!
わざとボールを落としたイチロー→オバマ元大統領のサインをもらう作戦が決まった時の悪そうな笑顔がこちら(笑) : NEXT