Lenon


Lenonをフォローしよう!


道路にペタンと張り付いている子鹿を発見!動かないからケガしてしまったのかと思いきや・・・


スティーブさんが偶然通りかかった道路の真ん中に、うずくまるようにしている子鹿がいました。

petan

スティーブさんが近づいてみると子鹿は道路に見事にペタンと張り付き、全く動く様子がありません。

「どうしたのだろう?怪我でもしているのか?」

動けないのならこのままにしてしまったら車に轢かれてしまいます。

スティーブさんは子鹿を避難させることにしました。

さて、この子鹿は一体どうしたのでしょう。

気になる方は次のページをご覧下さい。

1
2


この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

幼い少女を母親だと信じ込み、そばを離れなくなった1羽のアヒルの物語!

インプリンティグ(刷り込み)という言葉がります。 鳥の雛たちが生まれて初めて目にした動くものを、自分 …

困惑と癒し?猫と犬を同時に飼うと後悔したくなる10の理由をご覧ください・・・

猫と犬は交配しても当然子供は産まれません。 でも種別を超えてもとても仲良し。 そんな姿に飼い主が後悔 …

同時多発テロの時の活躍した救助犬が多くの人々に見守られながら虹の橋を渡っていきました・・・

「9.11アメリカ同時多発テロ事件」は、多くの方がご存知だと思います。 死亡者が3,000人を超える …

多くの障害を抱えながら1年半強く生き抜いた犬が天国へ…彼の生涯は多くの人々の愛で支えられていました・・・

動物が保護され、施設に連れてこられる理由は様々です。 道路に捨てられていた、衰弱して弱っていたという …

片目を失っていた売れ残りの子犬→「連れて帰りたい」と言った子どもの理由に父親は運命を感じた・・・

アメリカ・テキサス州ジョージタウン在住で、6歳と8歳の子どもをもつジョーダン・トレントさん(38歳) …

PREV : 道路に描かれている「ひし形」→ドライバーの70%はこの道路標示の意味を知らない…!
交通事故に見舞われた男性の余命はあと5分!彼の最期の望みに涙が止まらない・・・ : NEXT