Lenon


Lenonをフォローしよう!


足の骨が折れている母犬が獣医を導いて3キロ歩き続けた先にあったものとは…?


心理学者のリアンネ・パウエルさんは、グレーハウンドが道でさまよっているところを発見しました。

保護すると、この子は足を骨折していたことが発覚します。

リアンネさんはすぐに獣医師へと連れて行きました。

このグレーハウンドは骨折しているにも関わらず、どうしてさ迷っていたのでしょう。

授乳中の母犬

搬送された動物病院で診察をするとリアンネさんと担当医のエレン・ソブリーさんは、

この犬が授乳中の母犬で赤ちゃんを産んだばかりだと分かりました。

それでこの母犬は足を骨折しながらも、街をさまよっていたのです。

助けてくれる人を探していたのですね。

vera1

担当医のエレンさんは骨折の治療をし、痛めた足をギブスで巻きました。

そしてエレンさんと母犬は、子供を探しに出たのです。

生まれたての子犬であれば、放置するわけにはいきません。

vera2

果たして怪我をしている母犬とエレンさんは、子犬の元へとたどり着けるのでしょうか。

アンネさんは車で、ふたりの後を追います。

結末は次のページにてご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. ヒューゴお父ちゃん より:

    時代の移り変わりと共に人間の情愛が薄れつつある昨今、
    動物に教えられる事が多くなったと感じます。
    豊かさとどこまでも自由な日々にあぐらをかき大切な
    心の豊かさを失くしてしまったのかも知れないですね。

  関連記事

雨の中、道端をさまよっていた子猫を保護!すると”たてがみ”が信じられない変化を起こして・・・

アンデルセン氏作「みにくいアヒルの子」という有名な童話がありますが、 人間を含めて生き物全て子供の頃 …

鉄道の線路内でサルが感電!仲間のサルたちの懸命な救助活動に心揺さぶられる・・・

インド鉄道の線路内でサルたちが侵入したことにより、 侵入したサルの1匹が感電してしまい、意識を失って …

空っぽの保護施設へ寄付に訪れた女性が出会いを待つ最後の子猫を見て決断した事とは?

出会いを待っていた最後の子猫を見た、空っぽの保護施設へ寄付に訪れた女性!彼女がその子猫と出会ったことで、決断した事とは?

我が家の愛犬は大型犬!しかし間違えて小型犬ベッドを購入してしまった→愛犬がものすごく気を遣っている感じをご覧ください(笑)

愛犬家は愛犬のために洋服やベッド、犬用のスイーツなど様々なものを愛犬に買ってきます。 愛犬が喜んでい …

丸かわいくってモッチモチのモッフモフ!ちょっとマニアックな『猫の前足』画像、一挙20連発!

丸いのは顔、瞳、体つきだけじゃない!? 猫はその独特の丸いフォルムで、私たちを常に癒してくれます。 …

PREV : 4歳の男の子が老人ホームでX Japanの「紅」をドラムで演奏→その腕前がスゴすぎる!
ベンツがフルスピードでトンネルに突入したかと思いきや、内壁を駆け上がり…※これはCGではありません! : NEXT