もう助からないだろうと予想されていた名ばかりのブリーダーに見捨てられた子犬の運命は…? | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


もう助からないだろうと予想されていた名ばかりのブリーダーに見捨てられた子犬の運命は…?


辛うじて…

libre2

このボストンテリアの子犬は、7月4日に獣医師の元に運び込まれました。

容態は深刻で、見るからにボロボロでした。

辛うじて生きている状態です。

この子犬は、名ばかりのブリーダーに育てられていたのです。

libre3

この子は痩せ細っているだけではありません。

脱水症状もあり、自力で立つこともままならない状態でした。

さらに身体中にウジ虫が湧いていたので、かなりの悪臭も漂っていたのです。

獣医師たちはそのあまりの状態から、

「この子犬は奇跡が起きない限り、生きられないだろう…」と判断していました。

奇跡の子犬「リブレ」

libre4

絶望視されていたこの子は自分を助けてくれたJanineさん、

懸命に治療してくれた獣医師やスタッフの優しさと愛で、自力で座ることができるようになりました。

そして、「リブレ(スペイン語で自由という意味)」と名付けられます。

libre5

リブレはかなり回復しました。

自力で歩き回るようになったのです。

あの見るも無残でボロボロの子犬に生気が蘇り、今は幸せそうにあらゆる物に興味を示しています。

そして、リブレは最初に救ってくれたJanineさんとずっと一緒に暮らせるそうです。

彼女が里親さんになってくれるそうです。

リブレの現在を「Dillsburg Veterinary Centre」のFacebookページで見ることができます。

「アメリカ犬界の紳士」と呼ばれているボストンテリア・リブレの回復した姿を、ぜひご覧ください。

出典:boredpanda

【関連記事】

ヘアレスキャットとして販売されているこの猫の真相は許せない!レーザーで無理やり全身の毛を抜く悪徳ブリーダー急増中・・・

「多頭飼育崩壊」の悲惨な実態!長崎の一般家庭で放置されていた50匹のマルチーズをご覧ください・・・

パピーミルの最悪の環境の中で生きていた犬が保護された瞬間に取った行動に胸が締め付けられる…!

パピーミルの悲惨な現状を社会に訴えるため1匹のチワワが自らの命を懸けて奔走した…!

女性が優しく撫でようとすると、子犬の悪夢がよみがえってしまった・・・!



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ガラス工房で敷かれた布団に入り、毛布(?)をかけて寝るワンちゃんが可愛いと話題に!

あるガラス工房で敷かれた布団んで横になり、毛布のようなものまでかけて人間のように寝るワンちゃんが可愛いと話題に!

猫の大吉さんとスパイダーマンの絶妙な絡みが笑えてツッコミ所満載だ〜!

「そろそろ起きましょうか?」 Twitterユーザーのハマジさんが飼っている猫の「大吉」と、 お世話 …

後ろ脚が麻痺して動けなかったウサギを救ったのは、なんとスケートボードだった!

凍えたウサギ アメリカのニューヨーク州で農場を営むJason Ambrosinoさんが、 凍えて動か …

母親を失った子猫の寂しさを癒した優しいおばあちゃん猫に胸が熱くなる・・・

母を失った猫 カナダのモントリオールに住む女性が、土埃だらけの雑草の中に1匹の子猫を見つけました。 …

雨に見舞われて人間のように雨をしのごうとするゴリラの動きが面白いと話題に!

皆さんは休みの日に何をしますか? 外に出かけようとしたのに、雨が降るとテンションは下がりますよね。 …

PREV : 福岡県警の極限までに煽り倒している暴走族根絶ポスターをご覧ください…(笑)
グラスを割った客の態度に思わず絶句…!居丈高なシニアの皆さん、このことを知ってくれませんか…? : NEXT