Lenon


Lenonをフォローしよう!


余命は3年でしかも奇形だった子犬→それでも引き取ったら4年後にこうなった…!


よくペットショップで見かけるm「純血」や「血統書付き」の文字。

パッと見た時は「育ちがいいのかな?」などと錯覚をしがちです。

しかしその裏には、悲しい現実があるということをご存知でしたか?

今回ご紹介するのは、

アメリカのニューヨーク州ロングアイランドに住む「アーニー・アルタミラノ」さんと1匹の子犬。

アーニーさんは動物保護施設を訪れ、

そこにいた小さなピットブルの子犬を連れて帰りたいと施設のスタッフに話しました。

この子犬の名前は「サッシー」です。

アーニーさんの話に、スタッフは少し心配そうな顔をします。

なぜなら、この子犬の身体にはたくさんの問題があったからです。

この出会いの結末は、次のページにてご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

「あいつこっち見てる!」散歩中のワンちゃんが怖がって尻込みする姿が可愛い!その視線の先にあったものとは?

犬を飼う上で必ずと言っていいほど話題になるのは「日々の散歩」。 お散歩大好きなワンちゃんであれば毎日 …

売れ残っている片目を失った子犬を、同じように片目の見えない男性が救った…!

売れ残った子犬 ジョーダン・トレントさんは、アメリカのテキサス州で暮らしている32歳の男性です。 彼 …

この赤ちゃんゾウは人に抱きつくのが大好き!予想以上の甘えん坊ぶりに驚くと共に癒される・・・

突然ですが、ゾウというと皆さんはどんなイメージをお持ちですか? まず言えることは体がとても大きいとい …

遺伝子の突然変異によって生まれたこの真っ白な動物が何だか分かりますか!?

まずはこちらの写真をご覧ください。 純白の体毛にピンクの皮膚を持つこの動物、なんだかわかりますか? …

親友の目が見えなくても変わらず仲良し!目の代わりになり、支え続けるワンちゃん同士の素敵な絆に心が洗われる・・・

アメリカのワシントン州でいつも一緒にいる仲睦ましいワンちゃんが2匹。 小さく白と茶色の毛が「ゼン」。 …

PREV : 技術を受け継いだ職人さんの異色な浮世絵→ドラえもんと葛飾北斎がコラボしました!
地下鉄の車内で寒さに震える男性に、心優しい若者が自分の服を着せてあげる動画が話題に…! : NEXT