Lenon


Lenonをフォローしよう!


余命は3年でしかも奇形だった子犬→それでも引き取ったら4年後にこうなった…!


よくペットショップで見かけるm「純血」や「血統書付き」の文字。

パッと見た時は「育ちがいいのかな?」などと錯覚をしがちです。

しかしその裏には、悲しい現実があるということをご存知でしたか?

今回ご紹介するのは、

アメリカのニューヨーク州ロングアイランドに住む「アーニー・アルタミラノ」さんと1匹の子犬。

アーニーさんは動物保護施設を訪れ、

そこにいた小さなピットブルの子犬を連れて帰りたいと施設のスタッフに話しました。

この子犬の名前は「サッシー」です。

アーニーさんの話に、スタッフは少し心配そうな顔をします。

なぜなら、この子犬の身体にはたくさんの問題があったからです。

この出会いの結末は、次のページにてご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

「ついて来なせえ」近所のボス猫さんに誘われてついて行くと、そこでは嬉しい優しさが待っていた!

暑い夏の日。照りつける日差しの中、少しでも日陰を求めて歩きたくなりますよね。 Twitterユーザー …

女性がゴミ箱から助け出した子猫はを病院に診てもらうと「特別な存在」であることが明らかに…!

先日、ある女性が海外のインターネット掲示板でこのような書き込みをしました。 「先日叔母がゴミ箱から救 …

24時間365日抱っこを要求し、してくれないと泣きわめく老猫にスタッフが考えた対策でみんなが笑顔に!

ある日、メイン州ウェストブルックのレスキューグループに老猫がやってきました。 この猫の名前は「ドギー …

ボロボロの体で衰弱仕切っていた犬と海外旅行中に出会った女性→放っておけないと感じて保護をすると決断し…!

海外旅行で家族とギリシャのクレタ島を訪れていたキアラ・アイゼンドールンさんは、 島でドライブをしてい …

ローラがある場所を訪問した後、呼びかけた内容に称賛の声が続々!

モデルのローラがある場所を訪問!その後、Twitter上で呼びかけた内容に称賛の声が続々と寄せられて話題に・・・

PREV : 技術を受け継いだ職人さんの異色な浮世絵→ドラえもんと葛飾北斎がコラボしました!
地下鉄の車内で寒さに震える男性に、心優しい若者が自分の服を着せてあげる動画が話題に…! : NEXT