Lenon


Lenonをフォローしよう!


余命は3年でしかも奇形だった子犬→それでも引き取ったら4年後にこうなった…!


よくペットショップで見かけるm「純血」や「血統書付き」の文字。

パッと見た時は「育ちがいいのかな?」などと錯覚をしがちです。

しかしその裏には、悲しい現実があるということをご存知でしたか?

今回ご紹介するのは、

アメリカのニューヨーク州ロングアイランドに住む「アーニー・アルタミラノ」さんと1匹の子犬。

アーニーさんは動物保護施設を訪れ、

そこにいた小さなピットブルの子犬を連れて帰りたいと施設のスタッフに話しました。

この子犬の名前は「サッシー」です。

アーニーさんの話に、スタッフは少し心配そうな顔をします。

なぜなら、この子犬の身体にはたくさんの問題があったからです。

この出会いの結末は、次のページにてご覧ください。


スポンサードリンク

1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

悲しみに暮れるワンちゃんの心に寄り添って癒したのは1羽のアヒル→優しい光景にほっこり・・・

最愛の相棒を失い… アメリカ テネシー州に在住のリットンさん宅には、愛犬の『ジョージ』がいます。 し …

丸太の下で動けない状態だった子猫が、奇跡的に近くで暮らしている犬に救われた!

オピーとラスコー 犬の嗅覚は有能で、警察犬や災害救助犬となり活躍している犬もいるほどです。 しかし、 …

単身赴任していたお父さんが久々に帰宅した時のワンちゃんの反応がちょっぴり寂しい…(笑)

犬は生後1年でもう立派な大人です。 それを考えると、人の1年と犬の1年で時の長さは違うのかもしれませ …

警察犬をクビになってしまったシェパード犬の転職先にビックリ!

普段の生活の中で、警察のお世話になった事がある人は少ないのではないでしょうか。 あるとしても、免許の …

何かを真剣に見ている4頭のゴールデンレトリバーたち!何にそんな注目してるのかと思いきや・・・

今回は、 Twitterユーザーのねこやん(@ tatuya01)さんがツイートした写真が話題になっ …

PREV : 技術を受け継いだ職人さんの異色な浮世絵→ドラえもんと葛飾北斎がコラボしました!
地下鉄の車内で寒さに震える男性に、心優しい若者が自分の服を着せてあげる動画が話題に…! : NEXT