最終的に人間が食べるために飼育されていた韓国の犬夫婦→アメリカの保護団体に引き取られ、離れ離れになるものの奇跡の再会を果たす…! | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


最終的に人間が食べるために飼育されていた韓国の犬夫婦→アメリカの保護団体に引き取られ、離れ離れになるものの奇跡の再会を果たす…!


続く試練

離れ離れ

ふわふわの白い毛がチャームポイントの大型犬、「ケンジ」と「ソフィア」。

保護され時、彼らには2匹の子犬がいました。

そこで保護団体は彼らが今後一緒に暮らしていけるように手配します。

tyon1

しかし融通が利かない事情ができてしまい、

ケンジとソフィアは別々の場所に引き取られることになりました。

失ったパートナー

アメリカはマサチューセッツ州のアニマルシェルターに引き取られたケンジ。

新しい環境には慣れましたが全く元気になりませんでした。

パートナーのソフィアを失ったショックが大きすぎたようです。

悲しそうな顔をするケンジを見て、シェルターのリンジーさんはこう話しました。

「ケンジは私たちには甘えてきましたが、他の犬とは決して仲良くしようとしませんでした。
どうやら、彼はソフィアと離れてしまったことで元気を失くしてしまったようです。」

そんなケンジを見てリンジーさんが決断したことについては、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

白菜をワンちゃんから死守する猫の貪欲さとおっちょこちょいな性格が招いた悲劇がこちら(笑)

白菜をワンちゃんから死守しようとするおっちょこちょいな猫!そんな性分と貪欲さが生んだ悲劇をご覧ください・・・(笑)

迷子だった7匹の子猫を保護した男性が母猫が戻ってくると信じてずっと待ち続けた結果…!

子猫救助の要請を受けた動物保護施設『Cape Animal Inspectors Organizat …

「この子のそばに居たいの!」離されても赤ちゃんにピッタリ寄り添い続けようとする猫にほっこり・・・

猫の母性本能は非常に強く、それは我が子だけではなく他の子猫、 または他の動物にも愛情を注ぐほどなのだ …

高速道路でか弱く鳴いていた子猫を保護→日に日に元気になっていく姿に感動…!

心無い飼い主が小さな命を置き去りにするという話はよく聞きますよね。 もちろん、人が関わっていない場合 …

ワンちゃんの近くに猫たちが集まる、猫特有のあるあるな理由がこちら…(笑)

ワンちゃんのもとに集まる猫 犬は雪が降ると、まるで小さな子どものように雪で遊ぶのが大好きです。 一方 …

PREV : 突如、不登校宣言をした三女!それに対する母親の答えと教育方針に考えさせられる・・・
紙飛行機を自動的に作って飛ばすマシンガン!これは想像の斜め上を行っている・・・ : NEXT