最終的に人間が食べるために飼育されていた韓国の犬夫婦→アメリカの保護団体に引き取られ、離れ離れになるものの奇跡の再会を果たす…! | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


最終的に人間が食べるために飼育されていた韓国の犬夫婦→アメリカの保護団体に引き取られ、離れ離れになるものの奇跡の再会を果たす…!


続く試練

離れ離れ

ふわふわの白い毛がチャームポイントの大型犬、「ケンジ」と「ソフィア」。

保護され時、彼らには2匹の子犬がいました。

そこで保護団体は彼らが今後一緒に暮らしていけるように手配します。

tyon1

しかし融通が利かない事情ができてしまい、

ケンジとソフィアは別々の場所に引き取られることになりました。

失ったパートナー

アメリカはマサチューセッツ州のアニマルシェルターに引き取られたケンジ。

新しい環境には慣れましたが全く元気になりませんでした。

パートナーのソフィアを失ったショックが大きすぎたようです。

悲しそうな顔をするケンジを見て、シェルターのリンジーさんはこう話しました。

「ケンジは私たちには甘えてきましたが、他の犬とは決して仲良くしようとしませんでした。
どうやら、彼はソフィアと離れてしまったことで元気を失くしてしまったようです。」

そんなケンジを見てリンジーさんが決断したことについては、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

空想上の生物と考えられていたツチノコ…しかし現代になって目撃情報が続々と!?

日本に生息すると言われている未確認生物(UMA)のひとつツチノコ。 ツチノコは頭が大きく、胴体の部分 …

悲痛!愛するネコちゃんが天国へ…原因は飼い主が持ち込んだアレだった・・・

ペットを愛する人なら誰でも、大好きな子に少しでも長生きして欲しいと願いますよね。 そんなネコちゃんを …

ケージの外の世界を知らない犬→人の優しさに触れ、初めて広い世界を知った姿に涙が溢れる・・・

ある動物保護団体に保護された1匹の女の子のワンちゃん。 この犬は保護されるまで、飼い主から虐待を受け …

助けた野良犬は保護職員にすぐ懐いた!寂しそうな顔から一気に緊張を解いた様子に嬉しくなる・・・

ダウンタウンのホームレス犬 アメリカ全土にて、犬の保護活動を行なっている動物保護団体『Hope fo …

「表に出やがれ!」→どうやらワンちゃんたちはただ虚勢を張っていただけのようです…(笑)バレた瞬間に思わず吹き出す!

門を隔ててワンちゃん達が吠え合っています。 まさに一触即発と言ったところです。 犬は野生であれば群れ …

PREV : 突如、不登校宣言をした三女!それに対する母親の答えと教育方針に考えさせられる・・・
紙飛行機を自動的に作って飛ばすマシンガン!これは想像の斜め上を行っている・・・ : NEXT