Lenon


Lenonをフォローしよう!


最終的に人間が食べるために飼育されていた韓国の犬夫婦→アメリカの保護団体に引き取られ、離れ離れになるものの奇跡の再会を果たす…!


日本の常識ではありえない食文化が、世界には沢山存在します。

ヨーロッパで言えば、イタリアのうじ虫のチーズ「カース・マルツゥ」。

アメリカで言えば、子牛の睾丸「ロッキー・マウンテン・オイスター」。

カンボジアで言えばタランチュラのから揚げ。

日本では滅多に見かけない料理ばかりですね。

そんな中、韓国では犬食という文化があります。

韓国で食用に飼育されていたとある犬の夫婦がアメリカの動物愛護団体に保護されました。

tyon4

食べられる恐怖から解放された彼らでしたが、そこから新たな障害が降りかかります。

詳細は次のページにてご覧ください。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

猫がライオンに果敢に立ち向かう姿を撮影した動画が話題に!果たして勝負の行方は?

猫は人間が抱き上げられるほど小さな生き物ですが、 動物の動画サイトなどで勇敢な姿を目にすることがあり …

猫なのにお風呂が大好き!トロけそうになっている中、湯船から出そうとしたら…(笑)

猫は本来濡れるのを嫌がるはずですよね。 猫の祖先はアフリカの砂漠に生息しているリビアヤマネコだと言わ …

寝起きのカワウソが話しかけてきた!こんな時ほどカワウソ語をマスターしたいと思うことはない(笑)

愛嬌のある顔と仕草で、最近人気が高まっている「カワウソ」。 ネコ目イタチ科の肉食動物で主に川を拠点と …

キチンとお留守番できたいい子な猫→しかし飼い主が買ってきた笹かまぼこは猫用ではなかった結果…!

猫のサクラちゃん Twitterユーザーの三冬(みふゆ)(@mifuyu_916)さんと暮らす猫の『 …

ネズミに困っていることを農家の友人に相談したらかわいい解決策を用意してくれた!

ネズミに困っている農家の家族(@K8terSan)がある日、同じ農家の友人に相談をしました。 すると …

PREV : 突如、不登校宣言をした三女!それに対する母親の答えと教育方針に考えさせられる・・・
紙飛行機を自動的に作って飛ばすマシンガン!これは想像の斜め上を行っている・・・ : NEXT