Lenon


Lenonをフォローしよう!


最終的に人間が食べるために飼育されていた韓国の犬夫婦→アメリカの保護団体に引き取られ、離れ離れになるものの奇跡の再会を果たす…!


日本の常識ではありえない食文化が、世界には沢山存在します。

ヨーロッパで言えば、イタリアのうじ虫のチーズ「カース・マルツゥ」。

アメリカで言えば、子牛の睾丸「ロッキー・マウンテン・オイスター」。

カンボジアで言えばタランチュラのから揚げ。

日本では滅多に見かけない料理ばかりですね。

そんな中、韓国では犬食という文化があります。

韓国で食用に飼育されていたとある犬の夫婦がアメリカの動物愛護団体に保護されました。

tyon4

食べられる恐怖から解放された彼らでしたが、そこから新たな障害が降りかかります。

詳細は次のページにてご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

「だ、騙されたニャ!」これから爪切りすることが猫にバレた結果・・・(笑)

一般的な猫ちゃんは、水浴びをさせられるのと同じくらい爪切りを嫌がります。 飼い主さんがいざ爪切りをし …

足に怪我を負い、裏庭に倒れていた犬が愛の力を知って心を開いていく姿に胸が熱くなる…!

病気や怪我をすると、誰でも不安になります。 看護してくれる家族がいてもつらいものですが、 もし独りぼ …

生まれた時から後ろ脚に障害を抱えている猫のたくましい姿に心揺さぶられる・・・

今回ご紹介する猫は、生まれつき後ろ脚に障害を抱えています!しかしそれをものともせず、力強く生きる姿に心揺さぶられます・・・

「行くよワンちゃん!」動物が相棒を乗りこなす!?騎手のような動物10選(笑)

人間は馬を馴らして乗りこなします。 いわゆる「乗馬」ですが、他の動物を乗りこなして前に進んで行くのは …

かわいらしく楽しそうな決定的瞬間の真実!イルカが実はかなりブラックだった・・・

時として見た目と異なる真実を知り、衝撃を受けることがあります。 今回ご紹介する画像も、真実は驚くべき …

PREV : 突如、不登校宣言をした三女!それに対する母親の答えと教育方針に考えさせられる・・・
紙飛行機を自動的に作って飛ばすマシンガン!これは想像の斜め上を行っている・・・ : NEXT