Lenon


Lenonをフォローしよう!


最終的に人間が食べるために飼育されていた韓国の犬夫婦→アメリカの保護団体に引き取られ、離れ離れになるものの奇跡の再会を果たす…!


日本の常識ではありえない食文化が、世界には沢山存在します。

ヨーロッパで言えば、イタリアのうじ虫のチーズ「カース・マルツゥ」。

アメリカで言えば、子牛の睾丸「ロッキー・マウンテン・オイスター」。

カンボジアで言えばタランチュラのから揚げ。

日本では滅多に見かけない料理ばかりですね。

そんな中、韓国では犬食という文化があります。

韓国で食用に飼育されていたとある犬の夫婦がアメリカの動物愛護団体に保護されました。

tyon4

食べられる恐怖から解放された彼らでしたが、そこから新たな障害が降りかかります。

詳細は次のページにてご覧ください。

1
2


この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

外を走っていたら首輪をつけた迷子の猫と遭遇→タグのメッセージに隠された偶然の出来事にビックリ!

ミッジさん(@Midge)という方はジョギングをしていました。 その最中、猫とばったり遭遇します。 …

落ち込んで泣いている飼い主を見ていたワンちゃんの行動に思わずこちらまで涙・・・

人間と犬の関係は、私たちが知るはるか昔から始まっていました。 日本では1万5,000年前の縄文時代か …

意外な原因で12年間も腫れていた猫の唇→治らないはずが『ある事』をしただけでキレイさっぱり!

アメリカ在住のクリスティン・チャンチオロさんは、 地元のシェルターで「オーディー」という猫に会いまし …

胸が締め付けられる!人間の庭に入り込んだから尻尾を捕まれてトレーラーに投げ込まれ、母猫はピクリとも動かない→しかし子を想い、母猫は動き出す・・・

残酷な出来事が猫達を襲う… オーストラリアで起こったある出来事がたくさんの人々の胸を締め付けています …

勤勉な猫さん!アザラシのかわいさを勉強し、早速マネしてみた結果・・・

こちらは、Twitterユーザーのまっぷーちん(@map_u_chin)さんが飼っている猫。 名前は …

PREV : 突如、不登校宣言をした三女!それに対する母親の答えと教育方針に考えさせられる・・・
紙飛行機を自動的に作って飛ばすマシンガン!これは想像の斜め上を行っている・・・ : NEXT