Lenon


Lenonをフォローしよう!


最終的に人間が食べるために飼育されていた韓国の犬夫婦→アメリカの保護団体に引き取られ、離れ離れになるものの奇跡の再会を果たす…!


日本の常識ではありえない食文化が、世界には沢山存在します。

ヨーロッパで言えば、イタリアのうじ虫のチーズ「カース・マルツゥ」。

アメリカで言えば、子牛の睾丸「ロッキー・マウンテン・オイスター」。

カンボジアで言えばタランチュラのから揚げ。

日本では滅多に見かけない料理ばかりですね。

そんな中、韓国では犬食という文化があります。

韓国で食用に飼育されていたとある犬の夫婦がアメリカの動物愛護団体に保護されました。

tyon4

食べられる恐怖から解放された彼らでしたが、そこから新たな障害が降りかかります。

詳細は次のページにてご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

人生のほとんどを野良犬に捧げた女性が突如天国へ!彼女の葬儀に次々と現れた野良犬の姿に胸が熱くなる・・・

メキシコのユカタン州で生まれ育ったマルガリータ・スアレスさん。 彼女は大の動物好きで、人生のほとんど …

体がノミだらけで、たった1匹で苦しみながら彷徨っていた子猫が保護されて見違えるような姿に!

彷徨う子猫 路上で1匹彷徨っていた子猫。 その姿はあまりにも小さく、その身体にはノミが住み着き、被毛 …

19枚の美しい写真!一流カメラマンが撮影した写真に収められたカエル達の世界をご覧ください・・・

カエルのご案内 カエル好きの方には必見です! あの可愛らしいカエルが、さらに愉快で美しく画像化されま …

2年前に愛する夫を亡くして悲しみに暮れていたおばあさんを救ったのは、大嫌いなはずの猫だった…!

愛する夫を2年前に亡くして以来、悲しみに暮れていたおばあさん…!そんな彼女を救ったのは、彼女が毛嫌いしていたはずの猫だった・・・

愛猫がこの世を去って1週間後、兄弟猫の首輪にとても感動的な手紙がくくりつけられていた…!

イギリスで暮らすカップルは、ベアとテディという2匹の猫を飼っていました。 しかしある日、ベアが天国へ …

PREV : 突如、不登校宣言をした三女!それに対する母親の答えと教育方針に考えさせられる・・・
紙飛行機を自動的に作って飛ばすマシンガン!これは想像の斜め上を行っている・・・ : NEXT