Lenon


Lenonをフォローしよう!


最終的に人間が食べるために飼育されていた韓国の犬夫婦→アメリカの保護団体に引き取られ、離れ離れになるものの奇跡の再会を果たす…!


日本の常識ではありえない食文化が、世界には沢山存在します。

ヨーロッパで言えば、イタリアのうじ虫のチーズ「カース・マルツゥ」。

アメリカで言えば、子牛の睾丸「ロッキー・マウンテン・オイスター」。

カンボジアで言えばタランチュラのから揚げ。

日本では滅多に見かけない料理ばかりですね。

そんな中、韓国では犬食という文化があります。

韓国で食用に飼育されていたとある犬の夫婦がアメリカの動物愛護団体に保護されました。

tyon4

食べられる恐怖から解放された彼らでしたが、そこから新たな障害が降りかかります。

詳細は次のページにてご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

競売場の地獄のような囲いから救出された馬は同じ境遇の動物たちから「愛」を教わる!

競売場の地獄のような囲いから救出された馬!その後、同じような境遇を経験した動物たちから「愛」を教わっていき・・・

瀕死寸前だった子猫が保護されたのちに見違えるほど美しい姿へと変身する!

道路などに、給排水を目的として設置されている側溝。 田舎だと、夏になれば散歩中の犬が側溝に入り水浴び …

大好きな女の子を超ハイテンションな状態で迎えに行くニワトリが可愛すぎる!

飼い主である女の子のことが大好きなニワトリ!超ハイテンションな様子で迎えに行く姿が可愛すぎると話題に(笑)詳細はこちら・・・

お父さんが帰宅した時とお母さんが帰宅した時で愛犬の反応が違う?→予想以上の露骨な違いに落ち込む(笑)

ワンちゃんや猫ちゃんと一緒に暮らしていると、 家に帰って来た時にお出迎えをしてくれることがありますよ …

深刻な社会問題?アフリカで水洗トイレを作るとゾウが水を飲みに来てしまう!

今、アフリカで生活する人にとって深刻な問題が起きています。 それは私たち人間が、快適な暮らしをするた …

PREV : 突如、不登校宣言をした三女!それに対する母親の答えと教育方針に考えさせられる・・・
紙飛行機を自動的に作って飛ばすマシンガン!これは想像の斜め上を行っている・・・ : NEXT