Lenon


Lenonをフォローしよう!


最終的に人間が食べるために飼育されていた韓国の犬夫婦→アメリカの保護団体に引き取られ、離れ離れになるものの奇跡の再会を果たす…!


日本の常識ではありえない食文化が、世界には沢山存在します。

ヨーロッパで言えば、イタリアのうじ虫のチーズ「カース・マルツゥ」。

アメリカで言えば、子牛の睾丸「ロッキー・マウンテン・オイスター」。

カンボジアで言えばタランチュラのから揚げ。

日本では滅多に見かけない料理ばかりですね。

そんな中、韓国では犬食という文化があります。

韓国で食用に飼育されていたとある犬の夫婦がアメリカの動物愛護団体に保護されました。

tyon4

食べられる恐怖から解放された彼らでしたが、そこから新たな障害が降りかかります。

詳細は次のページにてご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

「ウチ猫飼ってませんけど・・・」妙に人間慣れして家に忍び込む猫たち15選!

招かざる侵入者? 猫というものは隙間さえあれば奥に入り込んだり、 いつの間にかそばにいたりと神出鬼没 …

幼い頃にやってきた猫が大きくなって予想外にフサフサ!家族みんな驚いた豊かな毛並みをご覧ください・・・

幼い頃にやってきた猫が大きくなって想像以上のフサフサっぷりに!家族みんなを驚かせた豊かな毛並みをご覧ください・・・

ペット販売から里親贈与企業へ転換した「ペットを売らないペットショップ」が話題に!

岡山県倉敷にあるペットショップ「シュシュ」は2015年4月からペットの販売を中止して、 里親を探す贈 …

お店に野生の鹿のお客様!?その後姿を消したと思ったら予想外の展開に・・・

あるお店に野生の鹿のお客様がやって来た!?そして姿を消したと思いきや、その後予想外の展開に…!詳細はこちら・・・

行き場を失ったミニブタが猫の保護団体に引き取られた結果・・・

猫の保護団体に引き取られてきた、行き場を失ったなんとミニブタ!たくさんの猫たちに歓迎され、どんどん猫っぽくなっていき・・・

PREV : 突如、不登校宣言をした三女!それに対する母親の答えと教育方針に考えさせられる・・・
紙飛行機を自動的に作って飛ばすマシンガン!これは想像の斜め上を行っている・・・ : NEXT