Lenon


Lenonをフォローしよう!


最終的に人間が食べるために飼育されていた韓国の犬夫婦→アメリカの保護団体に引き取られ、離れ離れになるものの奇跡の再会を果たす…!


日本の常識ではありえない食文化が、世界には沢山存在します。

ヨーロッパで言えば、イタリアのうじ虫のチーズ「カース・マルツゥ」。

アメリカで言えば、子牛の睾丸「ロッキー・マウンテン・オイスター」。

カンボジアで言えばタランチュラのから揚げ。

日本では滅多に見かけない料理ばかりですね。

そんな中、韓国では犬食という文化があります。

韓国で食用に飼育されていたとある犬の夫婦がアメリカの動物愛護団体に保護されました。

tyon4

食べられる恐怖から解放された彼らでしたが、そこから新たな障害が降りかかります。

詳細は次のページにてご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

モコモコでまん丸な「チンチラ」が愛くるしくてかわいすぎると話題に!

小動物のハムスターやモモンガ、前歯が特徴的なデグーといった動物は人気のペットですよね。 これらは全て …

納屋で4匹の子猫を保護した→愛情をたっぷり注いで育てたはずなのに何か違和感を感じる…!

山で拾った子犬が実はたぬきの赤ちゃんだった、という話を耳にしたことはありませんか? 動物の赤ちゃんと …

食べられる運命にあった10匹の子犬が1人の女性によって幸せな暮らしを手に入れる!

韓国の犬食文化 韓国には犬食文化があり、 現在も食用の犬が多くの養犬場で飼育された後に食肉加工場で殺 …

梅干を干したら安易に出かけてはいけない!こんニャとんでもないことに・・・

近年、ペット業界は空前の猫ブームですね。 猫を飼っている方は多く、犬を飼っている人よりも猫を飼ってい …

悲痛!愛するネコちゃんが天国へ…原因は飼い主が持ち込んだアレだった・・・

ペットを愛する人なら誰でも、大好きな子に少しでも長生きして欲しいと願いますよね。 そんなネコちゃんを …

PREV : 突如、不登校宣言をした三女!それに対する母親の答えと教育方針に考えさせられる・・・
紙飛行機を自動的に作って飛ばすマシンガン!これは想像の斜め上を行っている・・・ : NEXT