Lenon


Lenonをフォローしよう!


最終的に人間が食べるために飼育されていた韓国の犬夫婦→アメリカの保護団体に引き取られ、離れ離れになるものの奇跡の再会を果たす…!


日本の常識ではありえない食文化が、世界には沢山存在します。

ヨーロッパで言えば、イタリアのうじ虫のチーズ「カース・マルツゥ」。

アメリカで言えば、子牛の睾丸「ロッキー・マウンテン・オイスター」。

カンボジアで言えばタランチュラのから揚げ。

日本では滅多に見かけない料理ばかりですね。

そんな中、韓国では犬食という文化があります。

韓国で食用に飼育されていたとある犬の夫婦がアメリカの動物愛護団体に保護されました。

tyon4

食べられる恐怖から解放された彼らでしたが、そこから新たな障害が降りかかります。

詳細は次のページにてご覧ください。

1
2



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

かわいらしいウサギのドアストッパーは「手間がかかるうえに、お土産が必要」 …ということは!?

ドアストッパー使ってる? 玄関掃除の際や空気の入れ替えなど、ドアを開けたままにしたい時に使用するドア …

焼け焦げていた犬は最後の力を振り絞り、小さな命を口にくわえて燃えている家から脱出した…!

チリのテムコという街で住宅火災が発生し、消防隊が出動しました。 消防隊が現場に到着すると、家は激しく …

虐待され、体がコンクリートにまみれていた猫!「絶対に助ける」という思いが奇跡の復活をもたらす・・・

目を閉じた猫 ある日、女性が自宅の玄関の前に何かが置いてあるのを見つけました。 彼女は自宅の前にある …

プールでドヤ顔で泳いでいるワンちゃん→しかし、足がつくことに気づくとなんとも哀しい感じに・・・

ワンちゃんがお家のプールと思われるところで泳いでいます。 スイスイと気持ちよさそうです。 そしてどこ …

神の使い?はたまた天女!?白孔雀の舞う姿がこの世のものとは思えないほど神々しい・・・

皆さんはクジャクというと、青や緑の色とりどりの羽を思い浮かべるのではないでしょうか? ところが「白孔 …

PREV : 突如、不登校宣言をした三女!それに対する母親の答えと教育方針に考えさせられる・・・
紙飛行機を自動的に作って飛ばすマシンガン!これは想像の斜め上を行っている・・・ : NEXT