Lenon


Lenonをフォローしよう!


毛が絨毯のようになってしまい、不自由な思いをしていた猫!毛を刈るとこんな姿に・・・


ある老人と一緒に暮らしていた1匹のペルシャ猫。

名前はシンドバッド君。

顔は普通の猫なのに体はとても汚れていて、体毛が伸びに伸びて絨毯のようになってしまったのです。

どうやらこの猫の飼い主は、ワケあってこの猫の世話ができなくなってしまったようです。

そんなペルシャ猫は保護団体に引き取られ、不衛生に伸びきった体毛を除去しました。

除去しなければならないほどの体毛とは一体どのような状態だったのでしょうか?

保護された当時のシンドバッドくんの様子を次のページでご紹介します。

気になる方はぜひご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ストーブの暖かさを学んだインコの完全リラックスモードの姿が超かわいい!

冬って寒いですよね。 それはどうやら鳥も同じようです。 そんな鳥ですが、 人間のようにストーブという …

雪の中、犬がじっと飼い主を待ち続けるもついに姿を見せることはなく・・・

雪が降りしきる寒い外で飼い主さんの帰りをじっと待ち続ける犬!しかし、ついに飼い主が姿を見せることはなく・・・

猫カフェが保護しないなら野良の子猫を触らないように訴える理由がこちら・・・

「お願いですから、保護する気がないのなら野良の子猫を安易に触らないでください」 こう訴えるのは、奈良 …

「誰か引き取って」犬の里親募集に応えたのはなんとダルビッシュ有!その結果・・・

ダルビッシュが里親に! 今回ご紹介するエピソードは、 ペットの命についてメージャーリーグで活躍するダ …

老犬が生き埋めにされ、虐待されていた→愛犬と散歩していた男性による決死の救出作業が行われたが…!

パリのキャリエール・シュル・セーヌに住んでいるペドロ・ディニースさんは、 愛犬のデエスといつものよう …

PREV : 地下鉄の車内で寒さに震える男性に、心優しい若者が自分の服を着せてあげる動画が話題に…!
ピコ太郎の「PPAP」を国立劇場がガチンコでカバーした結果、ものすごいクオリティになった! : NEXT