Lenon


Lenonをフォローしよう!


目が見えない犬とその犬を支える親友の犬の物語に胸が熱くなる・・・


親友同士

ジャックラッセルテリア犬がグレン、ブルテリア犬がバズです。

今、彼らは推定11歳ぐらいだそうです。

buz1

buz2

グレンとバズは、保護施設内でも絶対に離れることなく寄り添っていました。

目の見えないグレンは、生きていくためにはバズの支えを必要としていました。

そしてバズは、そんなグレンの思いを理解してグレンをずっと支え続けています。

お互いへの思いやりに満ちたグレンとバズの姿は、保護施設のスタッフを感動させました。

buz3

buz4

グレンとバズのその後

グレンとバズの保護施設での生活は短期間で終わりました。

幸運にもグレンとバズに里親さんが見つかり、里親さんの家での新しい生活が始まったのです。

buz5

今、グレンとバズは新しい家族とのびのびと過ごしているそうです。

それでもグレンとバズは、ずっと寄り添い合って暮らしています。

buz6

飼い主に捨てられるというつらい経験をしたグレンとバズでしたが、

これからも支え合って楽しい日々を過ごしていって欲しいですね。

お互いへの思いを持ち続けているグレンとバズの姿に、心を動かされる方は多いでしょう。

出典:SachiAnimal

【関連記事】

盲目の子猫「レモン」の余命はわずか数ヶ月…残された日々を獣医師と決めた“あるリスト”を目標に頑張る!

障害を持つ犬が私たちに伝えてくれた力強いメッセージ!体は特殊でも幸せいっぱい・・・

ハンディキャップには負けない!盲目の猫が見せた特別な力と強い心とは…?

目が見えないなうえに耳が4つの猫!障害に負けず、懸命に生きるその姿はみんなを勇気づけます・・・

多くの障害を抱えながら1年半強く生き抜いた犬が天国へ…彼の生涯は多くの人々の愛で支えられていました・・・

1
2



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

pina

未熟児で衰弱していた子猫を保護!その後、その子猫の母猫がやってきて・・・

未熟児で産まれてしまったり、障害があって自力で生きることが難しい時、 動物界では見捨てられることがほ …

nezumi

母の愛はヘビをも食らう!?子ネズミをくわえたヘビから、母ネズミ決死の救出劇…!

ヘビに我が子を目の前でさらわれた母ネズミ 親から子どもへの虐待など、悲しいニュースを耳にすることが多 …

pikuseru

高速道路でか弱く鳴いていた子猫を保護→日に日に元気になっていく姿に感動…!

心無い飼い主が小さな命を置き去りにするという話はよく聞きますよね。 もちろん、人が関わっていない場合 …

jiru

人間に助けられた子供のワラビーは野生に帰った後、自分の子供を恩人に紹介してくれました!

オーストラリアにある野生保護団体に所属しているRetboopさん。 傷ついた野生動物を治療し、野生に …

kougiinu

グレちゃったワンちゃん→毎朝同じご飯が続いた結果、座り方で不満を示す!(笑)

ペットが可愛くてたまらない瞬間というのにはいろいろな場合があると思います。 特になぜか人間みたいな行 …

mac
PREV : 女性はマックで衝撃的な光景を見た!そんなことしたら従業員はクビになってしまう・・・
hotoke
わがままな年寄り患者を一発で黙らせた医者の言葉に絶賛の声続々! : NEXT