Lenon


Lenonをフォローしよう!


施設に保護されてからずっと支え合ってきた親友と1か月ぶりの再会を果たしたオマキザル→その時の表情に2匹の強い絆を感じずにはいられない!


ミッキーとエビ

ミッキー

saru1

アメリカのフロリダ州に、「Jungle Friends Primate Sanctuary」という野生動物の保護施設があります。

この施設には、10年も前から保護され、出会って以来ずっと一緒の2匹のオマキザルがいます。

saru2

写真に写っているのは、シロガオオマキザルのミッキーです。

ミッキーは飼い主に森で小さな檻に入れられている所を発見され、施設に保護されました。

施設に勤めているバグナルさんによるとミッキーは生まれてから保護されるまでの間、

ずっと檻の中で暮らしていたようです。

それはきっと、苦しい生活だったことでしょう。

saru3

エビ

一方、キガオオマキザルのエビは飼い主に捨てられ、とある夫婦が引き取る予定がその後檻から脱走します。

連絡を受けたバグナルさんが捕獲しに行きましたが、

エビはゴルフコースの池の中へと飛び込み、姿を消してしまったそうです。

saru4

saru5

そこで同じ施設に勤めるワードさんが目撃情報をもとにエビが現れる場所を特定し、

その場所で大きな音をたててエビの大好きなお菓子を食べるという方法で捕獲します。

エビは施設で引き取られることになりました。

意気投合

saru6

これまで別々の檻で、他のオマキザルと喧嘩ばかりしていた2匹。

しかし同じ檻に入れられると、そのまま抱き合って側に寄り添い始めました。

saru7

2匹は同じ檻に入れられてからすっかり意気投合しています。

ひょっとしたら、どちらも同じように飼い主に裏切られた経験があるからこそ、

何か惹かれ合うものがあったのかもしれませんね。

saru8

2匹の現在

エビが股関節を脱臼し、治療で1か月以上施設を離れていた時がありましたが、

その時ミッキーはとても寂しそうでした。

saru9

エビが施設へと戻ってくると、ミッキーはエビを強く抱きしめました。

2匹にはそれだけ深い絆があります。

saru10

再会した2匹は、現在も施設で暮らしています。

施設の方によると、ミッキーとエビ以外にあれほど仲良くじゃれ合うサルは見たことがないとのことです。

彼らはとにかくお互いの事が大好きなようですね。

saru11

飼い主に裏切られるなどのつらい経験をした2匹ですが、親友ができてとても幸せそうです。

そんな2匹には、これからも互いにより絆を深め続けていってほしいと思います。

出典:The Dodo

【関連記事】

鉄道の線路内でサルが感電!仲間のサルたちの懸命な救助活動に心揺さぶられる・・・

木に縛られた「オランウータン」という名の『商品』!その目には絶望しか映っていなかった・・・

妊婦さんのお腹を見たオランウータン→神秘的な反応にたくさんの感動の声が寄せられる…!

ゴリラにミルクを与えて育てた男性が5年の歳月を経て再会→その瞬間緊張が解け、時間が巻き戻った…!

実験場から出してもらった時のことを18年経っても忘れていなかった→再会した時、チンパンジーは女性を抱きしめた・・・

1
2



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

byu

いつもこうして皆の帰りを待っていたんだね…天国へ旅立った愛犬との思わぬ形での再会に涙が止まらない・・・

お留守番をすることが多いペット。 帰宅した際の彼らの喜びと歓迎ぶり、に一日の疲れが吹き飛ぶような思い …

wini

母猫に見捨てられた体の弱い子猫が出会ったのは最高の家と最高のお父さんだった…!

育児放棄をするのは人間に限ったことではありません。 厳しい自然界で生き抜くために、親は体の弱い子を見 …

deku

保護施設で暮らしていた20歳の老猫→迎え入れてくれた家族に最期のその時まで愛情を注ぎ注がれ尽くした…!

新しい家族を求めて… ある日、ジル・ウィリアムズさん一家が訪れたのは地元の動物保護施設。 その理由は …

kanpati

船長が昼ごはんとして食べる予定だったうどんをひっくり返した結果、懲罰を受けるかわいい乗組員!

どんな人でも一度は罰を受けるものです。 子どもの時に花瓶を落として割ってしまって母親に物凄く怒られた …

joe

野良として長年彷徨ってきた老猫→ある男性と運命的な出会いを果たし、幸せな第二のニャン生をスタートさせる!

皆さん野良猫の寿命を知っていますか? 通常3~4年と言われています。 室内飼いの場合は10~15年で …

tamo
PREV : 「先はまだまだ長い、どこでどうなるかは、わからない…」解散したSMAPへ綴ったタモリの直筆メッセージが泣ける・・・
simiken
読売テレビの清水健さんがアナウンサーを辞めるという決断を下した理由に心揺さぶられる…! : NEXT