Lenon


Lenonをフォローしよう!


保護されてからずっと支え合ってきた親友と1か月ぶりの再会を果たしたオマキザルの表情に強い絆を感じる…!


ミッキーとエビ

ミッキー

saru1

アメリカのフロリダ州に、「Jungle Friends Primate Sanctuary」という野生動物の保護施設があります。

この施設には、10年も前から保護され、出会って以来ずっと一緒の2匹のオマキザルがいます。

saru2

写真に写っているのは、シロガオオマキザルのミッキーです。

ミッキーは飼い主に森で小さな檻に入れられている所を発見され、施設に保護されました。

施設に勤めているバグナルさんによるとミッキーは生まれてから保護されるまでの間、

ずっと檻の中で暮らしていたようです。

それはきっと、苦しい生活だったことでしょう。

saru3

エビ

一方、キガオオマキザルのエビは飼い主に捨てられ、とある夫婦が引き取る予定がその後檻から脱走します。

連絡を受けたバグナルさんが捕獲しに行きましたが、

エビはゴルフコースの池の中へと飛び込み、姿を消してしまったそうです。

saru4

saru5

そこで同じ施設に勤めるワードさんが目撃情報をもとにエビが現れる場所を特定し、

その場所で大きな音をたててエビの大好きなお菓子を食べるという方法で捕獲します。

エビは施設で引き取られることになりました。

意気投合

saru6

これまで別々の檻で、他のオマキザルと喧嘩ばかりしていた2匹。

しかし同じ檻に入れられると、そのまま抱き合って側に寄り添い始めました。

saru7

2匹は同じ檻に入れられてからすっかり意気投合しています。

ひょっとしたら、どちらも同じように飼い主に裏切られた経験があるからこそ、

何か惹かれ合うものがあったのかもしれませんね。

saru8

さて、2匹の現在はどうなっているのでしょうか?

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

少し驚かそう思っただけなのに…子犬にイタズラで軽く一鳴きしたらとんでもない事態に!

天気の良い日に公園に出かけると、小さな子供達が夢中で遊んでいるのを目にします。 とても可愛らしく、思 …

北極圏のスヴァーバル諸島にたった1匹だけ住む猫は極寒の地に暮らす人々の心を温めてくれるかけがえのない存在です…!

北極圏のスヴァーバル諸島 日本から遠く離れた地、 北極圏に存在するノルウェーのスヴァーバル諸島は冬季 …

せっかく保護したのにそれ以降食事をしなくなってしまった猫!その感動の原因とは・・・?

ある日路上で保護された猫、ロミオ。 しかしカルフォルニアの路上から保護施設に移ってすぐ、病気を患って …

体が緑色の猫!虐待かと思いきや意外な事実が判明した・・・

こちらはブルガリアにある、ヴァルナという街で発見された野良猫です。 合成写真ではないかと疑いたくなる …

怒りと笑いに同時に襲われる(笑)ペットたちにお留守番させた時のあるある10選!

お家の中で生活しているペットたち。 彼らにもストレスはあるのです。 飼い主さんが外出中だとやりたい放 …

PREV : 「先はまだまだ長い、どこでどうなるかは、わからない…」解散したSMAPへ綴ったタモリの直筆メッセージが泣ける・・・
読売テレビの清水健さんがアナウンサーを辞めるという決断を下した理由に心揺さぶられる…! : NEXT