Lenon


Lenonをフォローしよう!


前足が障害で使えなくとも後ろ足で上手に立つ子猫の心温まる成長の軌跡をご覧ください・・・


2016年4月下旬。

2匹の兄弟と共に保護された『ラス』は保護施設へ収容されました。

施設のスタッフはラスを見ると、足に障害を持っている子だとすぐにわかりました。

ラスは兄弟よりも体が小さくて不思議な歩き方をしていたのです。

ras1

ラスには前足の股関節がありませんでした。

そこで、ラスは障害のある子猫を専門に育てているマーニーさんに預かってもらうことになりました。

ラスはその後どうしたのでしょう。

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

種族を超えて、動物たちが助け合いの精神を発揮する様子を収めた画像20選に心温まる・・・

動物たちの心温まる素晴らしい世界を写した画像の数々をご紹介!種族を超えて助け合いの精神を発揮する20の動物たちに考えさせられる・・・

海底で暮らす友達を30年間毎日訪ねている男性!「彼女」が忘れられない男性からの恩とは?

東シナ海・南シナ海に生息している「コブダイ」。 日本では南部太平洋で見られる魚です。 コブダイは雌性 …

鎖で拘束され、森の中でか細い声で助けを求めていた子猫が自由を手に入れる…!

森の中で鎖につなげられ、小さくか細い声で助けを求めていた子猫!心優しい人に保護され、自由を手に入れました・・・

一緒に暮らしていた犬が死んだことで取り残されたポメラニアンに犬のぬいぐるみをプレゼントしたら…!

取り残されたポメラニアン 小さい頃に人形やぬいぐるみと遊んだり、一緒に眠ったりした経験はありませんか …

おしゃぶりが大好きなワンちゃんは取られることを断固拒否する!(笑)

おしゃぶりをくわえたまま、飼い主さんに返すのを拒んでいるワンちゃんがいます。 どう見ても立派な大人の …

PREV : 読売テレビの清水健さんがアナウンサーを辞めるという決断を下した理由に心揺さぶられる…!
年末年始の北海道、色んな意味で震えてしまうような珍事で溢れかえる…!衝撃のお正月風景7選 : NEXT