Lenon


Lenonをフォローしよう!


前足が障害で使えなくとも後ろ足で上手に立つ子猫の心温まる成長の軌跡をご覧ください・・・


2016年4月下旬。

2匹の兄弟と共に保護された『ラス』は保護施設へ収容されました。

施設のスタッフはラスを見ると、足に障害を持っている子だとすぐにわかりました。

ラスは兄弟よりも体が小さくて不思議な歩き方をしていたのです。

ras1

ラスには前足の股関節がありませんでした。

そこで、ラスは障害のある子猫を専門に育てているマーニーさんに預かってもらうことになりました。

ラスはその後どうしたのでしょう。

気になる方は次のページをご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

くちばしが折れてしまったタンチョウヅル→チタン合金によってロボ感溢れた状態で復活!

今回ご紹介するのは、中国の広州立徳動物病院でのタンチョウヅルのお話です。 このタンチョウヅルは、くち …

子猫を救うために担架として使ったのは粗大ゴミの引き出し!男性の強い思いに心揺さぶられる・・・

皆さんはネコは好きですか? 筆者はネコが大好きです。 何を考えているのかがよくわからない神妙な表情や …

同じ家で暮らし、いつしか親友になった犬と亀の軌跡に心温まる・・・

たくさんのペットを飼っていると、種族の違う動物達が仲良くしてくれている光景を目の当たりにします。 中 …

愛犬の妊娠を祝うために開かれた微笑ましすぎるパーティの様子をご覧ください…!

動物を飼っている人の中には、ご自分のペットが妊娠したという方もいらっしゃるかもしれません。 もちろん …

いつも通り撫でていた愛犬の体に発見したものは心臓が止まりそうになるものだった!そして飼い主は苦しい決断をする・・・

ベラの病、そして決断… ロバート・クルーガーさんとチョコレート・ラブラドールのベラは9年前に出会い、 …

PREV : 読売テレビの清水健さんがアナウンサーを辞めるという決断を下した理由に心揺さぶられる…!
年末年始の北海道、色んな意味で震えてしまうような珍事で溢れかえる…!衝撃のお正月風景7選 : NEXT