飢え死ぬ寸前まで放置され、自力で立つことすらできなくなった犬が奇跡の復活を遂げるまで | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


飢え死ぬ寸前まで放置され、自力で立つことすらできなくなった犬が奇跡の復活を遂げるまで


餓死寸前の犬

ang1

餓死寸前まで虐待された1匹の犬。

その犬が保護されたとき、状態はひどく死が寸前まで迫っていました。

また、骨と皮だけのガリガリの体で自力で立つことができない状態でした。

ang2

餓死寸前の場合、いきなり何かを食べさせることはできません。

もしいきなり食べさせると、血圧低下によるショック死や消化出来ずに嘔吐や下痢をしたり、

胃痙攣や腸痙攣を引き起こす可能性があるためです。

ang3

この犬を保護したボランティア団体の人達はこの犬にAngelと名付け、世話をしています。

ちょっとしたミスでも死につながる恐れがあるので、予断を許さない状況でした。

回復するAngel

ang4

ボランティア団体の人達の熱心なお世話によって、だんだんと回復していったAngel。

最初、保護された時は目から生きる力を感じることができなかったAngelでしたが、

心なしか目に元気があるように見えます。

ang5

保護された当初はあんなにガリガリにやせ細っていたのに、今ではすっかり肉付きが良くなりました。

さらにAngelは、元気に走りまわれるようになったのです。

ang6

その後、虐待によって心も身体も疲れ果てて死の寸前まで追い詰められていたAngelに、

とうとう友達ができました。

これでAngelも寂しくないですね。

注目の動画はこちら!

Angelの生きようという強い心と、ボランティア団体の人達の熱心な治療とお世話でAngelは無事回復し、

新しい人生を歩むことができました。

今回の場合Angelは元飼い主に虐待され、餓死寸前の状態になってなんとか保護されたので助かりました。

eisc

しかし、もしボランティア団体の人達の保護が遅れていたらAngelは死んでいます。

保護がもう少し遅れていたらと思うとゾッとします。

虐待は動物にしろ人間にしろ、時には命に関わってくる問題です。

世の中から少しでも虐待が減っていくことを願ってやみません。

出典:YouTube

【関連記事】

餓死寸前の犬が生きるために取っていた行動が悲惨すぎる・・・!

人間の家族に強制的に独りぼっちにさせられ、そのまま1年放置された犬!発見した時は窒息するかと思った・・・

ガリガリに痩せこけ、「化石」とまで呼ばれたワンちゃん→人間に怯えていた中、懸命に治療した結果…!

グリルチキンを与えられたやせ細った犬が食べずに咥えたまま向かった場所に胸が熱くなる…!

ハエにたかられていてもう終わった命だと思われていた野良犬→動物保護団体の活躍が奇跡を呼び起こす…!




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ホームレスとその愛犬→帰る家がなくても、いつもそばに相棒がいる!心温まる画像15選

犬と人間の関係には古い歴史があります。 日本では縄文時代の遺跡から、人と共に埋葬された骨が出たほどで …

猫庭プロジェクト!殺処分されるかもしれない猫を救うために素敵な発想を生んだ男性!!

猫庭プロジェクト始動 殺処分の対象になるかもしれない野良猫を1匹でも多く救いたい…。 猫庭プロジェク …

自らの被毛に支配されていた犬を保護して毛をカットした結果、同じ犬とは思えない素敵な姿に…!

自分の被毛に体を支配されてしまっていた犬!保護してその毛をカットすると、同じ犬とは思えないほど素敵な姿に変身・・・

保護施設に連れてこられたこの子猫は怒っている?その理由と1ヶ月後の姿は・・・

迷子になった子猫 アメリカのカルフォルニア州にあるサンノゼアニマルケアセンターに、 1匹の子猫が連れ …

ストリートビュー上で道案内してくれるワンちゃんに会える!?可愛すぎる姿をご覧ください(笑)

みなさんは、ストリートビューを使用したことがありますか? 家にいながら様々なところを見て回ることがで …

PREV : 斎藤工がガキ使であそこまでハッチャけた理由→それは衝撃的な過去のエピソーにあるのかも!?
施設の職員に毎日ハグをして必死に愛情を示すカンガルーにほっこり・・・ : NEXT