Lenon


Lenonをフォローしよう!


施設の職員に毎日ハグをして必死に愛情を示すカンガルーにほっこり・・・


今回は、毎日ハグをして感謝の気持ちを表すカンガルーの素敵なお話をご紹介します。

「アビゲイル」と名付けられたカンガルーは、

10年前から毎日アビゲイルを保護してくれた施設のスタッフの人達にハグを続けています。

アビゲイルは時間に関係なく、施設のスタッフを見かけると駆け寄り抱きつきます。

そんなアビゲイルの様子はネットを通して世界中に広まり、話題になりました。

そしてこのアビゲイルのハグは、施設のスタッフの人達の心を動かし、

施設内でハグが溢れることになりました。

アビゲイルの愛らしいハグの様子と詳しいお話は、次のページにてご覧ください。

1
2


この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

仕事場近くの草むらで不安そうに鳴いていた子猫が幸せになっていくまで!そっと撫でると・・・

草むらでうずくまる一匹の子猫 その日はいつも通りの1日になるはずでした。 レイニーさんが朝から仕事中 …

猫が凍死寸前!猫のピンチを救った心温まる感動の実話をご覧ください・・・

凍死寸前の猫 その日はとても寒い日でした。 この写真を撮った方の玄関先に1匹の猫が倒れていました。 …

砂漠の中で250キロのマラソン!過酷な6日間を過ごしていた男性はなぜかついてくる野良犬と生活を共にして・・・

過酷なマラソンの意外な参加者 中国のゴビ砂漠で行なわれる「ゴビ砂漠マラソ」。 このマラソンは約250 …

愛犬の死を目の当たりにした6歳の少年が動物の命が人より短い理由を答えた→その回答に涙が止まらない…!

犬は生後1年で人の年齢に換算すると約20歳に相当するようです。 たった1年でもう大人なのですね。 後 …

愛猫がこの世を去って1週間後、兄弟猫の首輪にとても感動的な手紙がくくりつけられていた…!

イギリスで暮らすカップルは、ベアとテディという2匹の猫を飼っていました。 しかしある日、ベアが天国へ …

PREV : 飢え死ぬ寸前まで放置され、自力で立つことすらできなくなった犬が奇跡の復活を遂げるまで
「先はまだまだ長い、どこでどうなるかは、わからない…」解散したSMAPへ綴ったタモリの直筆メッセージが泣ける・・・ : NEXT