Lenon


Lenonをフォローしよう!


10年間毎日のように駅で飼い主の帰りを待つ猫のほっこりさせられる12枚の写真・・・


オランダのロッテルダムにある路面電車の駅に毎日ご主人様の帰りを待ち続ける猫がいます。

その猫の名前は『アケ』。

アケはこうして10年間も続け、すっかり日課となっているのです。

ake1

アケは日中殆どの時間をここで過ごし、ご主人さまが帰ってきて電車を降りると一緒に車で帰宅します。

ake2

雨の日も風の日も、アケはやってきてここでご主人さまを待っています。

そして、いつしかアケは人気者になりました。

アケのベストショットをもう少し見たい方は、次のページをどうぞご覧ください。

1
2



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. 匿名 より:

    この寒い季節クッション敷いてあげたい。

  2. 京都のたつや より:

    懐かしー!
    以前の仕事で何度か行きました、ロッテルダム!
    小さなきれいな街・・・、ヨーロッパのあの辺は、動物愛護があついですから、ネコもそれに応えてくれるのかもw
    イヌじゃなく、ネコっていうのが、凄いですねー!ヽ(^o^)丿

  3. 匿名 より:

    飼い主さんがいるのなら見たいな〜

  関連記事

上野動物園の感動秘話!育児放棄された子供のトラを育てたのは我が子を無くした野良犬だった・・・

上野動物園は1882年に開園した日本最古の動物園です。 動物園といえば上野動物園という方も多いでしょ …

保護施設でこの子猫は決死のアピールを繰り出した→念願叶って新しい家族を手にすると、もう笑顔がとめどなく溢れる!

アメリカ・ユタ州の動物保護施設、『ベスト・フレンド・アニマル・ソサイエティー』に内気な子猫がいました …

自力で頭を持ち上げることもできないほど心も身体もボロボロだった番犬の運命は…?

これが番犬!? アメリカ テキサス州のとある民家に闘犬賭博容疑で捜索が入った際、 発見されたのは1匹 …

動物実験に耐えるばかりの毎日だったビーグル犬!救い出され、初めて芝生を踏む感触を味わう姿に涙・・・

私たちの病気を治す新薬の開発は日進月歩で進んでいます。 しかし、その裏では動物実験が繰り返されている …

庭にうずくまっていた犬を保護したはずが…大きな事実の違いに言葉が出ない・・・!

動物が庭に迷い込んでくることが外国ではありがちなのでしょう。 庭が大きいせいなのでしょうか・・・。 …

PREV : 抗うつ剤を服用していたら恐ろしい人間がこの世にはたくさん溢れていることに気づいた…!
1月2日の夜、月と金星が大接近!この素敵な夜空、今年は良い1年になりそうです・・・ : NEXT