Lenon


Lenonをフォローしよう!


病気になった途端家族に見放された犬がシェルターに来て200日が経過!病が進行する中でも幸せを願った犬の運命は…?


この犬の名前は「パドレ」。

かつて、人間の家族のもとで飼われていた飼い犬です。

pad4

しかし、その体は病魔に蝕まれていました。

病名は「変性性脊髄症」。

この病気は、痛みを伴わずにゆっくりと進行する脊髄の病気。

この病気にかかるとその多くが片側の後ろ足からの麻痺で始まり、

後ろの両足、両前足、そして脳幹まで達すると呼吸困難や嚥下困難となります。

パドレの病気を知った飼い主は日に日に動けなくなることを知ると、

無情にもカナダのオンタリオ州にあるシェルターへパドレ持ち込みました。

pad6

病気で下半身の自由がきかなくなり、家族さえも失ったパドレ。

このままシェルターで最期を迎えてしまうのでしょうか?

パドレの運命は、次のページにてご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

動物園という地獄の中で生きるホッキョクグマの様子を写真家は呆れながら撮影した…!

動物園のホッキョクグマ ホッキョクグマは本来、北アメリカ大陸北部やユーラシア大陸、北極圏を生息地とし …

体が緑色の猫!虐待かと思いきや意外な事実が判明した・・・

こちらはブルガリアにある、ヴァルナという街で発見された野良猫です。 合成写真ではないかと疑いたくなる …

張り切って排便に臨んだ子猫!しかし必要以上に踏ん張りすぎて変な感じに…でもかわいい(笑)

動物の子供は、何をしていても可愛いものですね。 普通ならば汚い排泄行為も、子ネコや子イヌの場合は彼ら …

保護施設で暮らしていた20歳の老猫→迎え入れてくれた家族に最期のその時まで愛情を注ぎ注がれ尽くした…!

新しい家族を求めて… ある日、ジル・ウィリアムズさん一家が訪れたのは地元の動物保護施設。 その理由は …

最初は小さくか弱い姿だった子ブタ!2年後の衝撃的な姿をご覧ください・・・

子ブタのエスター スティーヴ・ジェンキンスさんとデレク・ウォルターさんは、カナダで暮らしていました。 …

PREV : 「子供を乗せろよ」という意見もあるベビーカーに荷物を入れているお母さんの光景→実は納得の理由が!
ラトビアで発行された猫の銀貨がかわいすぎて欲しくなる人続出! : NEXT