Lenon


Lenonをフォローしよう!


病気になった途端家族に見放された犬がシェルターに来て200日が経過!病が進行する中でも幸せを願った犬の運命は…?


この犬の名前は「パドレ」。

かつて、人間の家族のもとで飼われていた飼い犬です。

pad4

しかし、その体は病魔に蝕まれていました。

病名は「変性性脊髄症」。

この病気は、痛みを伴わずにゆっくりと進行する脊髄の病気。

この病気にかかるとその多くが片側の後ろ足からの麻痺で始まり、

後ろの両足、両前足、そして脳幹まで達すると呼吸困難や嚥下困難となります。

パドレの病気を知った飼い主は日に日に動けなくなることを知ると、

無情にもカナダのオンタリオ州にあるシェルターへパドレ持ち込みました。

pad6

病気で下半身の自由がきかなくなり、家族さえも失ったパドレ。

このままシェルターで最期を迎えてしまうのでしょうか?

パドレの運命は、次のページにてご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

一緒に暮らしている猫が好きすぎる柴犬!絶対離さない強い愛に猫は・・・(笑)

犬と猫はともにペットの代表格ですね。 犬も可愛いし、猫にも人は癒されます。 どちらをペットにしようか …

ガン治療を拒否してワンちゃんとの旅を選択した90歳のおばあちゃんの生き様!

90歳のおばあちゃん お医者さんからガンであることを告げられた時、90歳のノーマさんははっきりと言い …

木陰でぐったりしているコアラにたまたま通りかかったサイクリストが水を与えてみると・・・

木陰でぐったりしているコアラを発見!そこでたまたま通りかかったサイクリストが手持ちの水を与えてみると・・・

1匹の犬のため、激しい炎の中に飛び込んだ警察官!命に対する熱い想いに心揺さぶられる・・・

犬は人間のために無償で働いてくれています。 「盲導犬」「警察犬」「災害救助犬」「セラピードッグ」そし …

「30キロ以上並走して道案内してくれた」アイルランドで1匹の黒犬が日本人を救ったエピソードに感動!

アイルランドで1匹の黒犬が日本人を救ったエピソードが感動的だと話題に!0キロ以上並走して道案内してくれた犬の詳細はこちら・・・

PREV : 「子供を乗せろよ」という意見もあるベビーカーに荷物を入れているお母さんの光景→実は納得の理由が!
ラトビアで発行された猫の銀貨がかわいすぎて欲しくなる人続出! : NEXT