Lenon


Lenonをフォローしよう!


病気になった途端家族に見放された犬がシェルターに来て200日が経過!病が進行する中でも幸せを願った犬の運命は…?


この犬の名前は「パドレ」。

かつて、人間の家族のもとで飼われていた飼い犬です。

pad4

しかし、その体は病魔に蝕まれていました。

病名は「変性性脊髄症」。

この病気は、痛みを伴わずにゆっくりと進行する脊髄の病気。

この病気にかかるとその多くが片側の後ろ足からの麻痺で始まり、

後ろの両足、両前足、そして脳幹まで達すると呼吸困難や嚥下困難となります。

パドレの病気を知った飼い主は日に日に動けなくなることを知ると、

無情にもカナダのオンタリオ州にあるシェルターへパドレ持ち込みました。

pad6

病気で下半身の自由がきかなくなり、家族さえも失ったパドレ。

このままシェルターで最期を迎えてしまうのでしょうか?

パドレの運命は、次のページにてご覧ください。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

両目を失い飼い主にも捨てられ、路上をさ迷っていた犬がある女性にもたらしたものとは?

私たちが両目を失い、路上をさまよう日々を送るとすれば、生きる希望を見出すのは難しいでしょう。 今回は …

「私は心から愛してる」怪我を負った犬が捨てられていた本当の理由に涙が溢れる…!

チュウィ チワワのチュウィは、まだ3ヶ月の子犬でした。 彼はラスベガスの空港で怪我を負った状態で発見 …

愛犬の死を目の当たりにした6歳の少年が動物の命が人より短い理由を答えた→その回答に涙が止まらない…!

犬は生後1年で人の年齢に換算すると約20歳に相当するようです。 たった1年でもう大人なのですね。 後 …

象とダチョウ→同じ施設で出会って互いに寄り添い合うかけがえのない親友同士に…!

ケニアで井戸に転落し、 群れとはぐれた生後1か月の象が野生動物の保護施設『DSWT』によって保護され …

冷たい雨に打たれ、凍って動けなくなった子猫を保護し、20分温め続けた結果…!

その日は冷たい雨が降り続いていました。 ある夫婦が家にいた時のことです。 家の外で子猫が叫んでいるよ …

PREV : 「子供を乗せろよ」という意見もあるベビーカーに荷物を入れているお母さんの光景→実は納得の理由が!
ラトビアで発行された猫の銀貨がかわいすぎて欲しくなる人続出! : NEXT