Lenon


Lenonをフォローしよう!


死にかけていたライオンが愛を手に入れて復活した感動の物語をご覧ください・・・


カーンとシェイラ

百獣の王ライオン。

このアフリカに生息する猛獣が、ある理由で瀕死の状態に陥りました。

命あるものですから狩りの失敗や縄張り争いの諍いなど、いろいろ事情はあるでしょう。

動物園にいるライオンにしても病気などの理由があると思います。

しかしここで取り上げる瀕死になったライオンは、そのような想像できる理由ではありません。

人間のエゴから死の境まで行き、そして生還したライオンの物語をご紹介します。

kans1

ライオンのカーン(オス)とシェイラ(メス)です。

2頭は元々、同じ飼い主に飼われていました。

それは愛玩のペットとしてではなく、写真やパーティー用の『小道具』として使われていたのです。

kans2

この2頭は幸いなことに、

テキサス州の「ワイルドライフ・レスキュー・アンド・エジュケーション・センター」に保護されました。

カーンは栄養失調に加え、尾尻の一部がかじられた影響で切れていました。

小さな檻に入れられ、退屈しのぎに自分の尾尻と噛んだのだとされています。

一方のシェイラは瀕死の状態でした。

そのため、2頭は同時に保護されなかったのです。

その後、シェイラはどうなったのでしょうか…。

結末は次のページにてご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

何があっても動じない“禅マスター”のような猫がシュールで神々しい(笑)「今、この時を生きるのだ」

東北の自然に囲まれて暮らしている「のせ猫ファミリー」のシロ(左)と、くろ(右)です。 猫好きの間では …

飼い主をず〜っとストーカーするワンちゃん!仰天の姿と彼の活動にビックリ・・・

サイラス バーニー(Lauren Birney)さんは、オーストラリアのパースに住んでいる男性です。 …

病気になった途端家族に見放された犬がシェルターに来て200日が経過!病が進行する中でも幸せを願った犬の運命は…?

この犬の名前は「パドレ」。 かつて、人間の家族のもとで飼われていた飼い犬です。 しかし、その体は病魔 …

指パッチンのフリだけで怒り爆発の猫の前で、本当に指パッチンをした結果・・・

指パッチンが嫌いな猫さん こちらの猫さん、どういうわけか飼い主さんの指パッチンに対して並々ならぬ怒り …

優しい女性に保護されたオポッサムは彼女に優しさに触れ、野生での暮らしを捨てて彼女との生活を選んだ!

皆さんはオポッサムという動物をご存知ですか? アメリカ大陸に生息している小動物で、死んだふりをするこ …

PREV : 1月から始まる新税制の知らなきゃ損するお得情報→「ロキソニンS」や「パブロンS」などのレシートは捨てないで!
ネコ耳ヘルメットが日本に上陸!ロシアからセクシーでクールな流行がやって来た…! : NEXT