Lenon


Lenonをフォローしよう!


死にかけていたライオンが愛を手に入れて復活した感動の物語をご覧ください・・・


カーンとシェイラ

百獣の王ライオン。

このアフリカに生息する猛獣が、ある理由で瀕死の状態に陥りました。

命あるものですから狩りの失敗や縄張り争いの諍いなど、いろいろ事情はあるでしょう。

動物園にいるライオンにしても病気などの理由があると思います。

しかしここで取り上げる瀕死になったライオンは、そのような想像できる理由ではありません。

人間のエゴから死の境まで行き、そして生還したライオンの物語をご紹介します。

kans1

ライオンのカーン(オス)とシェイラ(メス)です。

2頭は元々、同じ飼い主に飼われていました。

それは愛玩のペットとしてではなく、写真やパーティー用の『小道具』として使われていたのです。

kans2

この2頭は幸いなことに、

テキサス州の「ワイルドライフ・レスキュー・アンド・エジュケーション・センター」に保護されました。

カーンは栄養失調に加え、尾尻の一部がかじられた影響で切れていました。

小さな檻に入れられ、退屈しのぎに自分の尾尻と噛んだのだとされています。

一方のシェイラは瀕死の状態でした。

そのため、2頭は同時に保護されなかったのです。

その後、シェイラはどうなったのでしょうか…。

結末は次のページにてご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

心を開くまでに半年を要した茶トラ猫の素顔はとても心優しい猫だった・・・

ある家庭に保護された猫は心を開くまでに半年を要しました…!しかしその素顔はとても心優しい性格だったのです・・・

こっそり送られているラブサイン…愛犬と飼い主の愛情具合を確かめる方法10選!

ワンちゃんは、思っていることを言葉にすることができません。 飼い主さんが「この子は私を好いている」と …

なぜか子猫が川を泳いでいる!男性が救助したが、そこからさらに信じられない展開が起こった・・・

これから暖かくなってくると川辺でバーベキューを楽しんだり、 ボートで釣りに出かけたりと外に出て遊ぶこ …

顔の曲がったワンちゃんに対してこの獣医は安楽死ではなく里親という選択を選んだ!

顔の曲がったワンちゃんに対して、この獣医は安楽死させるのではなく自らが里親になるという選択肢を選んだ…!詳細はこちら・・・

我が家にて、犬という未知の生物と遭遇→その時の猫たちのおもしろ反応15選!

初めての出会いはやっぱり緊張? 1、特等席、取られた… 2、は、初めまして… 3、なんだ、このデカイ …

PREV : 1月から始まる新税制の知らなきゃ損するお得情報→「ロキソニンS」や「パブロンS」などのレシートは捨てないで!
ネコ耳ヘルメットが日本に上陸!ロシアからセクシーでクールな流行がやって来た…! : NEXT