後ろ脚に障害を抱え、目も見えない猫を見て獣医師は安楽死を推奨した→女性は迷わずこう答えた…! | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


後ろ脚に障害を抱え、目も見えない猫を見て獣医師は安楽死を推奨した→女性は迷わずこう答えた…!


カーメンさんの選択

子猫が重い障害を2つも持っていることで、獣医師はカーメンさんにある選択を迫りました。

「この子を安楽死させますか?」

「一生面倒を見ますか?」

pre2

カーメンさんは迷うことなく言いました。

「私がこの子を引き取ります。一生愛します。」

その後手続きを済ませ、カーメンさんは子猫を自宅へと連れて来ます。

名前を「プレッツェル」と付けました。

手術の決断

pre3

体の不自由なプレッツェルは、全てのものに怯えていました。

何かが近寄ると威嚇していたそうです。

pre4

そんなプレッツェルに、カーメンさんは毎日愛情をもって接しました。

次第に彼女の努力が届き、プレッツェルは心を開いて甘えるようになったのです。

カーメンさんの愛情で、プレッツェルは元気にたくましく育ちました。

十分な体力をつけたプレッツェル、

カーメンさんは思い切ってフロリダ州にある大学病院で後ろ脚の手術を受けさせました。

pre5

その結果、プレッツェルは真っ直ぐな後ろ脚になったのです。

あの時安楽死を選択していたら…

pre6

現在のプレッツェルです。

今も目は見えていませんが、そんなことは気にしていのだとか。

pre7

あの時、カーメンさんがプレッツェルを救っていなければ、このような幸せは無かったことでしょう。

pre8

あの時安楽死を選択していたら、

カーメンさんはこんな美しく愛らしい猫に出会うこともなかったと思います。

カーメンさんの優しい勇気のある決断が無ければ、プレッツェルはこの世にいない猫でした。

彼女の美しい心が、この美しい猫を誕生させたのだと思います。

出典:loveMeow

【関連記事】

最後にもう一度だけ雪を見せてあげたい…愛犬を安楽死させなくてはならない女性の願いが夏のテキサスに届いた!

悲しい表情が消えなくなった猫→安楽死が決定したが前日に奇跡を起こす…!

生まれつき体に異常があった子犬を安楽死させたいと申し出た飼い主→これに対する獣医師の答えは・・・

安楽死直前の大変身!「汚いから殺処分してくれ」心ない元飼い主が決して見ることはできなかったワンちゃんの奇跡の姿・・・

原因不明の病魔に侵された愛犬に、飼い主は安楽死を決断→その時発見された耳の裏に小さな塊の正体とは!?




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

お腹の中に新しい命を宿していながら自力で食事をとれない猫の運命は・・・?

自力で食事できないソフィア この子の名前はソフィアとい言い、保護施設にやってきた妊娠中の猫です。 上 …

棺の近くで横たわり、悲しそうに鳴く犬を男性が抱き上げた時、その場にいた誰もが涙した…!

ペットとの別れは、身を切られるほどつらいものがあります。 とりわけ死による別離は、ペットから預かった …

危機一髪!嫉妬に狂ったヒョウが人間に襲いかかる→その時、助けに入ったヒーローとは・・・?

猛獣使い?(笑) この方、何故こんな猛獣ばかりの所に1人でいるのでしょう? そして彼の周りにいる百獣 …

直立になり、自分で石鹸を使って脇の下などを人間のように丁寧に洗うネズミの超貴重な映像!

あるネズミの超貴重な映像をご紹介!直立になり、人間がやるように自分で石鹸を使って脇の下などを丁寧に洗う様子はこちら・・・

キツネと猫、種族を超えた信頼関係に感動!「ずっと一緒にいようね!」

トルコのヴァン湖のほとりに、不思議な絆で結ばれた2匹がいます。 キツネと猫。 2匹はトルコ最大の湖で …

PREV : 赤ちゃんが誕生した!最後に母親は、この質問をして天国へと旅立った・・・
非モテ男子がネットサーファーから真のサーファーへと成長を遂げる3分間のストーリーが素晴らしい! : NEXT