Lenon


Lenonをフォローしよう!


後ろ脚に障害を抱え、目も見えない猫を見て獣医師は安楽死を推奨した→女性は迷わずこう答えた…!


アメリカのフロリダ州に住むカーメンさんという女性のお話です。

彼女は高速道路を運転中、1匹の子猫を発見して保護しました。

その子猫は後ろ脚が大きく曲がっていたので、カーメンさんは車の事故に遭ったのだと思いました。

その後カーメンさんはこの子を動物病院へ連れて行き、

検査を受けた結果この子猫は生まれつき脚に障害を持っていたと言われます。

pre1

さらに不幸なことは続きます。

この子猫は生後5週間目でしたが、「目が全く見えていない」と告げられました。

将来も見える可能性は低いと言われたのです。

この重い障害を持って生まれた子猫とカーメンさんに、どのような未来が待っているのでしょうか。

彼女と子猫との出会いの結末は、次のページにて詳しくお伝えいたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

「障害はこの子が持つ魅力の一つ」脳障害を抱えた子猫に愛情を注ぐ女性の想いに感動・・・

「障害はこの子が持つ魅力の一つ」脳障害を抱えた子猫に愛情を注ぐ女性の想いとは?胸が熱くなるエピソードはこちら・・・

袖にハマって幸せそうな猫さん→くつろぐうちに同居猫が乗ってきて、あら大変(笑)

猫は狭くて暖かいところが大好きです。 私たち人間が見ると、「大丈夫?」と思う所でもハマってしまうこと …

普通じゃない状態で生まれたピットブルは安楽死を勧められるが里親は拒否し…!

普通じゃない状態で生まれたピットブルに対し、安楽死が勧められることに!しかし里親がこの勧めを拒否した結果・・・

虐待で目も耳も使えないピットブル→それでも 人間が好きで共に生きたいと願った…!

ある日のこと。 鎖につながれたピットブルを動物保護団体の職員さんが見つけました。 彼の名前は、『ノー …

ある広告制作会社が作り上げたとてつもないクオリティの「ハムスターの街」をご覧ください…!

子どもの頃にお人形ごっこやおままごと、ドールハウスなどで遊んでいませんでしたか? 幼い頃は可愛いお人 …

PREV : 高速道路で追加料金を払うことなく行き過ぎた時に戻る方法!これは知らなかった・・・
非モテ男子がネットサーファーから真のサーファーへと成長を遂げる3分間のストーリーが素晴らしい! : NEXT