Lenon


Lenonをフォローしよう!


後ろ脚に障害を抱え、目も見えない猫を見て獣医師は安楽死を推奨した→女性は迷わずこう答えた…!


アメリカのフロリダ州に住むカーメンさんという女性のお話です。

彼女は高速道路を運転中、1匹の子猫を発見して保護しました。

その子猫は後ろ脚が大きく曲がっていたので、カーメンさんは車の事故に遭ったのだと思いました。

その後カーメンさんはこの子を動物病院へ連れて行き、

検査を受けた結果この子猫は生まれつき脚に障害を持っていたと言われます。

pre1

さらに不幸なことは続きます。

この子猫は生後5週間目でしたが、「目が全く見えていない」と告げられました。

将来も見える可能性は低いと言われたのです。

この重い障害を持って生まれた子猫とカーメンさんに、どのような未来が待っているのでしょうか。

彼女と子猫との出会いの結末は、次のページにて詳しくお伝えいたします。

1
2



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

人間よ、これが真の「猫かぶり」だ(笑)猫、叱られる相手によって態度を変えている説を検証!

犬を飼っている人に話を聞くと、「犬は序列をつけて人間を見ている」ということを聞きますよね? 実は犬だ …

飼い主の子供を救った代わりに顔の半分を失ってしまった犬!勇敢な姿に涙が止まらない・・・

これは、フィリピンの小さな英雄の感動物語です。 その英雄は、「カバン(Kabang)」という名前のワ …

愛くるしい!愛犬の散歩をしていたらヨチヨチなノラ子猫がついてきた→その結果・・・

男性はいつものように愛犬とお散歩をしていました。 すると、ヨチヨチヨチヨチと一生懸命、丸っころな子猫 …

神社がミツバチのために専用の水飲み場を作った→たくさんのミツバチが集まってくれて嬉しくなった!

たくさんの人が温かい気持ちに… 【ミツバチ専用水飲み場】暑くなるとミツバチさんが団体で手水舎に水を飲 …

下半身太りで通行止め?穴にはまって困っているプレーリードッグの様子が可愛い・・・

よく穴や狭い路地裏に人間が挟まって動けなくなる事件を耳にしますよね? 日本ではあまり見ないかもしれま …

PREV : 高速道路で追加料金を払うことなく行き過ぎた時に戻る方法!これは知らなかった・・・
非モテ男子がネットサーファーから真のサーファーへと成長を遂げる3分間のストーリーが素晴らしい! : NEXT