Lenon


Lenonをフォローしよう!


家の中の事故で右目を失い、体も麻痺した猫!でも猫の前向きな心が奇跡を起こす・・・


事故で毎日たくさんのペットが負傷しています。

少し目を離したすきに家を飛び出して、そのまま車に跳ねられたと知ったら、

飼い主は自分を責めても責めきれません。

大切なペットのおもわぬ事故を未然に防ぐためには、ペットから目を離さないことが大切です。

それでもペットが事故にあったら…。

それも思わぬ場所で。

とある猫がネット上で話題となりました。

好奇心旺盛だった猫の「スパゲッティオ」ちゃん。

彼女は飼い主も想定外だったある事故をきっかけに、右の眼球を失います。

詳細は次のページでご覧いただけます。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ケガの影響で線路から動けない友を思いやり、2日間そばから離れなかった犬!美しい友情に胸が熱くなる・・・

今回ご紹介するのは、ケガで線路の上から動けなくなった犬の傍からずっと離れることなく、 2日間にわたり …

3匹寄れば…文殊の知恵じゃなくて悪巧み!?良からぬことを考えてそうなトリオ猫・・・

「3人よれば文殊の知恵」、「三銃士」、「水戸黄門」などなど、 3人に関わることわざやお話はよくありま …

15年経っても切れない絆!地下牢に閉じ込められていたライオン・クマ・トラは今も一緒に暮らし続けている…

この世界には種族の違う生物同士が意外な友情を育むことがあります。 人間と動物がまさにその典型ですね。 …

2度もつらい思いをしなければいけなかった猫が3度目の正直でついに本物の幸せを手に入れる!

保健所に連れてこられるペットたちは、何度も地獄を見ます。 1度目では飼い主に捨てられたことで初めての …

最大の激戦地アレッポで、たった1人で猫を保護し続ける男性の勇敢な姿に世界中の人々が感動・・・

激戦地での保護活動 シリアの内戦で激戦地となったアレッポの町。 そこで身の危険を顧みず、猫の保護活動 …

PREV : 20世紀最高のF1ドライバーと言われるアイルトン・セナの主観で撮影された映像がド迫力すぎる!
1歳の男の子が誘拐され、21年後にようやく母親のもとに警察から見つかったとの連絡が入った結果…! : NEXT