Lenon


Lenonをフォローしよう!


「ある犬のおはなし」書籍化!殺処分ゼロを願って作られた絵本の裏に隠された作者の思いとは?


みなさんも耳にしたことがある「殺処分」。

元々の意味は「不要な、もしくは人間に害を及ぼす動物を殺害すること」で、

畑を荒らす動物や家屋を蝕む害獣、そして感染症予防のために殺す行為とされていました。

しかし今の時代に「殺処分」と聞くと、真っ先に思いつくのは「ペットや野良犬の殺害」です。

そんな、なくならない悲しい殺処分。

「ある犬のおはなし」というタイトルの絵本がその現状をきちんと書き記し、

そしてその内容に150万人以上の人が共感しました。

たくさんの人々が共感、涙し、書籍化されたその内容と、

書籍化されるうえでその裏に隠された作者の思いを次のページで詳しくご紹介いたします。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

野良猫の世話を17年続けた元海兵の男性に市が強制退去を命じた!ピンチに陥った男性の運命は…?

これは、アメリカのニュージャージー州で暮らしているビル・リチャードさん(87歳)と猫の写真です。 リ …

「飼い猫を手放したら復縁してあげる」元カノにこう言われた男性が言い放った一言にスカッとする!

復縁の条件 画像共有サイト『Imgur』ユーザーのvoiceafxさんは、宗教上の違いから彼女と別れ …

一目見ただけでは何の生物か分からなかったものの正体は、飼育放棄されてゴミとして捨てられていた2匹の犬だった…!

ドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州にあるカンプリントフォルトという街である男性が散歩していた …

目が見えないなうえに耳が4つの猫!障害に負けず、懸命に生きるその姿はみんなを勇気づけます・・・

クリーチャー アニマルシェルターと聞くと捨て猫や捨て犬が保護され、 健康状態などが良ければ譲渡会など …

自分で車をキャンピング仕様に改造して愛犬と共にその車で世界を旅する女性!

自分の車を改造 マリーナ・ピローさんはイタリア生まれで、現在はイギリスに住んでいる女性です。 ある日 …

PREV : ギャングからの虐待によって半分失われた鳥のくちばしが3Dプリンタの技術で復活!
高速道路で追加料金を払うことなく行き過ぎた時に戻る方法!これは知らなかった・・・ : NEXT