Lenon


Lenonをフォローしよう!


「ある犬のおはなし」書籍化!殺処分ゼロを願って作られた絵本の裏に隠された作者の思いとは?


みなさんも耳にしたことがある「殺処分」。

元々の意味は「不要な、もしくは人間に害を及ぼす動物を殺害すること」で、

畑を荒らす動物や家屋を蝕む害獣、そして感染症予防のために殺す行為とされていました。

しかし今の時代に「殺処分」と聞くと、真っ先に思いつくのは「ペットや野良犬の殺害」です。

そんな、なくならない悲しい殺処分。

「ある犬のおはなし」というタイトルの絵本がその現状をきちんと書き記し、

そしてその内容に150万人以上の人が共感しました。

たくさんの人々が共感、涙し、書籍化されたその内容と、

書籍化されるうえでその裏に隠された作者の思いを次のページで詳しくご紹介いたします。


スポンサードリンク

1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ゴミ箱に繋がれた犬と共に添えられた置き手紙!そこには哀しい事情が綴られていた・・・

犬を捨てる理由の殆どが、飼い主の都合によるものです。 「犬が老いて介護が必要になったから」 「子犬の …

立つことすらままならないハンデを抱えたハスキー犬→車いすで克服し、世界中を駆け回る…!

タイのある施設で生まれたこちらのハスキー犬の女の子、名前はマヤです。 彼女は「肉球の欠損」という極め …

お風呂に入って超ゴキゲンであることがよく分かる動きを披露するハリネズミ(笑)

ハリネズミはきれい好きな動物です。 自然界では、ハリネズミは自分の体を舐めたりしてきれいにしています …

出産間近のヤギを優しく労わる猫→お腹をマッサージするその姿はプロの助産師そのもの!

異種動物が仲良くしている光景を目の当たりにした時、 恋や友情に種族は関係ないと改めて気づくことがあり …

体内に18発の弾が…!エアガンで撃たれた小犬、奇跡の回復力で新しい家族のもとに・・・

動物への虐待や飼育放棄の問題が後を絶ちません。 このような問題が解決しないのは、現代社会の持つ暗い部 …

PREV : ギャングからの虐待によって半分失われた鳥のくちばしが3Dプリンタの技術で復活!
高速道路で追加料金を払うことなく行き過ぎた時に戻る方法!これは知らなかった・・・ : NEXT