Lenon


Lenonをフォローしよう!


感染症で両目を失いながらも幸せそうに生きる猫!その前向きさは私たちに大切なことを教えてくれる・・・


アメリカのカリフォルニア州にある動物保護施設で働くセレナさんが、

ある日捨てられていた子猫を保護しました。

ところが、この子猫の両目は細菌感染を引き起こして腫れ上がっていました。

セレナさんはこの子猫に治療を施したのですが、

残念なことに子猫の両目は摘出せざるおえないことになりました。

今回は、この可哀想な子猫の病気と両目喪失のハンディキャップとの闘いをご紹介します。

この子猫ちゃんの生きる力から、きっと勇気をもらえることでしょう。

子猫ちゃんの詳しいお話しは、次のページにてご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

お昼寝中のワンちゃんにちょっかいを出すわんぱく過ぎな新入り子猫が可愛すぎる!

先住犬と新入り子猫 すでにお姉さん・お兄さん的ポジションの先住ペットと、新しくやってきた元気な新入り …

10年間毎日のように駅で飼い主の帰りを待つ猫のほっこりさせられる12枚の写真・・・

オランダのロッテルダムにある路面電車の駅に毎日ご主人様の帰りを待ち続ける猫がいます。 その猫の名前は …

迷子だった7匹の子猫を保護した男性が母猫が戻ってくると信じてずっと待ち続けた結果…!

子猫救助の要請を受けた動物保護施設『Cape Animal Inspectors Organizat …

死んだふりをしてまで病院を拒否する柴犬!「おやつあるよ」と言ってみると…(笑)

病院に行くことを、死んだふりをしてまで拒否する柴犬!しかし、飼い主さんが「おやつあるよ」と言ってみると…(笑)

小さい頃に保護施設で助けられた恩を忘れなかった猫!施設で看護猫として病気の動物達を癒し、恩を返す姿に感動・・・

今回ご紹介するのは、助けられた恩を返す「スティッチ」と名付けられた猫のお話です。 スティッチは、オー …

PREV : 東進ハイスクールの林修先生と数学の世界的権威の先生が日本の教育に物申す!その内容に誰もが納得・・・
グリルチキンを与えられたやせ細った犬が食べずに咥えたまま向かった場所に胸が熱くなる…! : NEXT