Lenon


Lenonをフォローしよう!


感染症で両目を失いながらも幸せそうに生きる猫!その前向きさは私たちに大切なことを教えてくれる・・・


アメリカのカリフォルニア州にある動物保護施設で働くセレナさんが、

ある日捨てられていた子猫を保護しました。

ところが、この子猫の両目は細菌感染を引き起こして腫れ上がっていました。

セレナさんはこの子猫に治療を施したのですが、

残念なことに子猫の両目は摘出せざるおえないことになりました。

今回は、この可哀想な子猫の病気と両目喪失のハンディキャップとの闘いをご紹介します。

この子猫ちゃんの生きる力から、きっと勇気をもらえることでしょう。

子猫ちゃんの詳しいお話しは、次のページにてご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

タイの「象乗り」に隠された衝撃事実と、働かされた2頭の象の絆に考えさせられる・・・

「象乗り」とは? みなさんは「象乗り」をご存知ですか? タイと言えば、寺院や遺跡が定番ですよね。 し …

体が壁と一体化し、自らのおしっこの上に座って怯え続けるラブラドール犬→Facebookの力で運命は大きく変わった…!

みなさんは、犬や猫を保護したことはありますか? 保護した時、近くの動物病院や里親を探す団体に持ち込め …

動くすらままならないほど衰弱していた子猫が保護されて24時間後・・・

保護された子猫は、満足に動くことすらままならないほど衰弱していました!懸命な看病のすえにガイウスと名付けられた猫は24時間後・・・

毎朝塀の向こうからジャンプして挨拶してくれる犬のためにのぞき穴を開けてみた!ワンちゃんの反応やいかに?

ジャンプで挨拶 アメリカのカルフルニア州に住むジェニファーさんには、とても素敵な友達がいます。 それ …

もうすぐこの世からいなくなる女性の腕に駆け寄ってきたものに、看護婦たちはショックと涙が止まらない…!

この女性はもうすぐこの世からいなくなってしまう…!その女性の元へ駆け寄ってきたものに、看護師はショックと涙が止まらなくなった…!

PREV : 東進ハイスクールの林修先生と数学の世界的権威の先生が日本の教育に物申す!その内容に誰もが納得・・・
グリルチキンを与えられたやせ細った犬が食べずに咥えたまま向かった場所に胸が熱くなる…! : NEXT