Lenon


Lenonをフォローしよう!


最後にもう一度だけ雪を見せてあげたい…愛犬を安楽死させなくてはならない女性の願いが夏のテキサスに届いた!


スパンキーの異変

「血管肉腫」という癌をご存知でしょうか?

血管肉腫は悪性腫瘍で血管によく似た形成をする癌です。

主に心臓・脾臓・肝臓などで発症し、皮膚に発生した場合は主に肺に転移して、

手術や化学療法を受けても多くの場合は助からないそうです。

そんな病に侵された愛犬のために奇跡を起こした女性のお話をご紹介します。

span1

12歳の誕生日を迎えたスパンキー。

生まれてから元気に過ごし、飼い主の「アシュリーさん」と暮らしてきました。

ある日、食いしん坊のスパンキーがまったく餌を口にしなくなってしまいました。

このことについて、アシュリーさんは次のように話します。

「スパンキーはいつも猛スピードで餌を食べますが、その日は全く手をつけようとしませんでした。
その様子をみて、彼に異変が起きていることを察しました」

獣医師の提案

span2

アシュリーさんはスパンキーを動物病院へ連れて行き検査を受けました。

その結果は「血管肉腫」という癌で、しかも手術では治らないレベルにまで達していたそうです。

「この子はこれから、かなり苦しむことになります。
それならば安楽死をしてあげて1日でも早く楽にさせてあげてはどうでしょう…」

と獣医師は提案してきました。

アシュリーさんは突然の事で驚きましたが、スパンキーが苦しむのなら…。

悩んだ末に1週間後、安楽死をする決断をしました。

残された1週間、アシュリーさんはスパンキーにしてあげたいことがありました。

その願いは届くのでしょうか。


スポンサードリンク

1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

赤ちゃんが病気に!その時、赤ちゃん想いの猫が胸キュン必至の行動をとった・・・

人間と動物、種類の違う生き物が互いに心を通わせる。 そんな奇跡のような出来事は、案外度々起こるようで …

本当は謝りたいと思っている意地悪をしてしまった子猫!もどかしい葛藤の様子がちょっと笑える(笑)

茶トラの子猫は、ワンちゃんの大きな背中が大好き。 ワンちゃんも子猫が落ちないように背中を真っ直ぐ上に …

愛犬の死が目前に…最後の思い出として収めた動画に映ったのは最後の力を振り絞った愛犬の愛情でした・・・

アメリカにジェシー・ジェームスさんと愛犬ブッバが暮らしていました。 ブッバが13歳になり、前立腺がん …

寒かろうと思ってワンちゃんに生まれて初めて洋服を着せてあげた結果・・・(笑)

最近、街中や公園を散歩しているワンちゃんに、着飾っているワンちゃんが多いと感じませんか。 ハロウィン …

高速道路を走行中の車から猫が投げ捨てられた!間一髪、後ろの車に乗っていた動物好きの少年に救われる・・・

現在でも、不必要とされた犬や猫が殺処分されています。 これでも罪なことですが不必要という理由で、 ま …

PREV : 100年前のモノクロ写真に写る大和撫子の姿は意外とお茶目で大胆だった!今と昔を比べてみると・・・
東進ハイスクールの林修先生と数学の世界的権威の先生が日本の教育に物申す!その内容に誰もが納得・・・ : NEXT