Lenon


Lenonをフォローしよう!


最後にもう一度だけ雪を見せてあげたい…愛犬を安楽死させなくてはならない女性の願いが夏のテキサスに届いた!


スパンキーの異変

「血管肉腫」という癌をご存知でしょうか?

血管肉腫は悪性腫瘍で血管によく似た形成をする癌です。

主に心臓・脾臓・肝臓などで発症し、皮膚に発生した場合は主に肺に転移して、

手術や化学療法を受けても多くの場合は助からないそうです。

そんな病に侵された愛犬のために奇跡を起こした女性のお話をご紹介します。

span1

12歳の誕生日を迎えたスパンキー。

生まれてから元気に過ごし、飼い主の「アシュリーさん」と暮らしてきました。

ある日、食いしん坊のスパンキーがまったく餌を口にしなくなってしまいました。

このことについて、アシュリーさんは次のように話します。

「スパンキーはいつも猛スピードで餌を食べますが、その日は全く手をつけようとしませんでした。
その様子をみて、彼に異変が起きていることを察しました」

獣医師の提案

span2

アシュリーさんはスパンキーを動物病院へ連れて行き検査を受けました。

その結果は「血管肉腫」という癌で、しかも手術では治らないレベルにまで達していたそうです。

「この子はこれから、かなり苦しむことになります。
それならば安楽死をしてあげて1日でも早く楽にさせてあげてはどうでしょう…」

と獣医師は提案してきました。

アシュリーさんは突然の事で驚きましたが、スパンキーが苦しむのなら…。

悩んだ末に1週間後、安楽死をする決断をしました。

残された1週間、アシュリーさんはスパンキーにしてあげたいことがありました。

その願いは届くのでしょうか。

1
2


この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

寝るもんか!子ネコと睡魔の可愛すぎる51秒戦争勃発!!その結果勝者は・・・

今回ご紹介する子ネコちゃんは、生後2ヶ月のスコティッシュフォールド「ちびすけ」くん。 ちびすけくんに …

アラスカなのに氷も雪もない!そんな地でうなだれる1匹のホッキョクグマに何を思いますか?

ホッキョクグマといえば、その名のとおり一面銀世界の大地に君臨する王者というイメージですよね。 しかし …

人間を恐れて食事をとれなくなった子猫!保護主さんの深い愛情でその瞳にもう一度希望が宿った・・・

ある日エーゲ海に浮かぶギリシャのサモス島で、「ミラ」という名前の子猫が発見されました。 発見された時 …

「この子のそばに居たいの!」離されても赤ちゃんにピッタリ寄り添い続けようとする猫にほっこり・・・

猫の母性本能は非常に強く、それは我が子だけではなく他の子猫、 または他の動物にも愛情を注ぐほどなのだ …

散歩中、子どもたちに褒められたおじいちゃん犬がシャッキリ紳士に大変身!

老犬ソーヤくん 14歳の老犬「ソーヤくん」は、 4年前に保護犬としてTwitterユーザーの東雲鈴音 …

PREV : 100年前のモノクロ写真に写る大和撫子の姿は意外とお茶目で大胆だった!今と昔を比べてみると・・・
東進ハイスクールの林修先生と数学の世界的権威の先生が日本の教育に物申す!その内容に誰もが納得・・・ : NEXT