Lenon


Lenonをフォローしよう!


象とダチョウ→同じ施設で出会って互いに寄り添い合うかけがえのない親友同士に…!


ケニアで井戸に転落し、

群れとはぐれた生後1か月の象が野生動物の保護施設『DSWT』によって保護されました。

保護施設でこの小象は「ジョットー」と名付けられました。

保護施設内には数頭の象が保護されていたので、

ジョットーもすぐに友達ができると施設の職員は思っていました。

ところがジョットーが友達に選んだのは象ではなく、

同じように施設に保護されていたダチョウだったのです。

異なる種の象とダチョウですが、彼らには深く結びつくものがあったのです。

彼らが親友になるまでの経緯と、彼らがその後どのようになったのかは次のページにてご覧ください。

1
2



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

勤勉な猫さん!アザラシのかわいさを勉強し、早速マネしてみた結果・・・

こちらは、Twitterユーザーのまっぷーちん(@map_u_chin)さんが飼っている猫。 名前は …

母の愛情が奇跡を呼び起こす!捨てられた子猫たちのいる動物病院をウロウロし、感動の再会・・・

動物たちの親子の触れ合いを見るのは、心が和みますよね。 人間と同じで、母の情というのは強いというのも …

キツネと犬は、保護されたもの同士→今では、 あまりにも仲が良すぎて、こんなに幸せそうな表情に…!

アカギツネのジュニパーは生後5週間目に保護されて、 ジェシカさん宅へ住むことになりました。 実は、ジ …

雨に見舞われて人間のように雨をしのごうとするゴリラの動きが面白いと話題に!

皆さんは休みの日に何をしますか? 外に出かけようとしたのに、雨が降るとテンションは下がりますよね。 …

多くの人が知らない絶句してしまうような象牙に隠された事実に対し、ある国が下した決断によって多くの命が助かったことで賞賛の声続々!

象牙の加工品で有名な中国。 その中国が2017年の内に、国内の象牙取引を全面廃止するという決断をしま …

PREV : 亡くなった娘の秘密は鏡の裏にあった→父親がその秘密を目の当たりにした結果・・・
赤ちゃんが誕生した!最後に母親は、この質問をして天国へと旅立った・・・ : NEXT