Lenon


Lenonをフォローしよう!


男性がアライグマが歩道で死んでいる様子をツイートした結果、思わぬ事態が発生した…!


アライグマの死

「〇〇の歩道で死んだアライグマを目撃しました」

arai1

カナダのトロントに住む男性がこんなツイートをしました。

それにより、アライグマの死体は地元のアニマルサービスに回収されることになりました。

しかし市の対応はあまりにも遅く、数時間経過してもそのままになっていました。

すると、アライグマの死体の周りにはこの男性のツイートを見た人や通りがかりの人が押し寄せてきました。

その中にはお供え物をして行く人もいたそうです。

arai2

arai3

「アライグマさん、安らかにお眠りください。もうすぐ市から助けが来ます。」

そんなメモをアライグマの傍に置いて行く人もいました。

それからどうしたのでしょう。気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

猫がいつもどこを散歩しているのか調べるためにGPSをつけた結果、驚愕の事実が判明!

街中を歩いていると日当たりの良さそうな民家の軒下で、 どこかの猫が心地よさそうにひなたぼっこしている …

ストーブの暖かさが待ち遠しい動物たち9選!でもそれは来月からなんだ・・・

ストーブが好き だんだん寒くなってきましたね。 この季節になると人間だけではなく、動物たちもストーブ …

まるで人間から逃れるように砂漠の泥水で喉を潤していた犬!4ヶ月間懸命に手を差し伸べ続けた結果・・・

アメリカのロサンゼルスを拠点に活動する動物保護団体『Hope for Paws(以下HfP)』は、 …

お風呂に入ってる飼い主が溺れていると勘違いしちゃった猫→必死のリアクションがかわいいと話題に!

ある子猫の猫の飼い主さんがお風呂に入ってのんびりしていました。 すると飼い猫ちゃんがやってました。 …

16歳の老猫、大好きだったご主人様を失う→新しい家族に見せた姿にほっこり・・・

アメリカのテキサス州にある動物保護施設「キティアドベンチャーレスキューリーグ」に引き取られた16歳の …

PREV : ネズミに前足を食べられてしまったリクガメが飼い主の愛情と驚きのアイデアによって自由を取り戻す!
これであなたも雪かきマスター!?たった1本の紐で雪かきの時に中腰にならずに済む…! : NEXT