Lenon


Lenonをフォローしよう!


男性がアライグマが歩道で死んでいる様子をツイートした結果、思わぬ事態が発生した…!


アライグマの死

「〇〇の歩道で死んだアライグマを目撃しました」

arai1

カナダのトロントに住む男性がこんなツイートをしました。

それにより、アライグマの死体は地元のアニマルサービスに回収されることになりました。

しかし市の対応はあまりにも遅く、数時間経過してもそのままになっていました。

すると、アライグマの死体の周りにはこの男性のツイートを見た人や通りがかりの人が押し寄せてきました。

その中にはお供え物をして行く人もいたそうです。

arai2

arai3

「アライグマさん、安らかにお眠りください。もうすぐ市から助けが来ます。」

そんなメモをアライグマの傍に置いて行く人もいました。

それからどうしたのでしょう。気になる方は次のページをご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

虐待、そして監禁…人間にトラウマを抱えた犬が心を開いた瞬間の明るさに満ちた表情!

ニヤ アメリカのインディアナ州、ギブソン群。 そこにある動物保護シェルターに一匹の犬が運び込まれまし …

ギネス記録に認定されるほどの体格がある猫は子守上手のアニキ肌だった!

ギネスに認定されたルード 今回ご紹介する猫の名前は「ルード」といって、イギリスのウェイクフィールドに …

庭への侵入は断固阻止!番犬の鑑のようなワンちゃんが必死に吠えていた相手はまさかの…?

番犬の仕事は、家や家族を守ることです。 どんな侵入者でも決して許しません。 激しく吠えて撃退します。 …

育児放棄で捨てられてしまった子犬→救ったのは猫だった!我が子同然のように育てる姿に心打たれる・・・

捨てられてしまった子犬!その行く末は… 母犬に生まれてすぐに育児放棄され、捨てられてしまった子犬。 …

人間を拒絶し、威嚇し続けたことで誰も引き取ってくれなかった猫!ある女性との出会いで7ヶ月後、心に変化が・・・

ある野良猫が、自分の子供たちと一緒に保護されました。 野良猫は人に対しての警戒心が強いものですが、 …

PREV : ネズミに前足を食べられてしまったリクガメが飼い主の愛情と驚きのアイデアによって自由を取り戻す!
これであなたも雪かきマスター!?たった1本の紐で雪かきの時に中腰にならずに済む…! : NEXT