Lenon


Lenonをフォローしよう!


ネズミに前足を食べられてしまったリクガメが飼い主の愛情と驚きのアイデアによって自由を取り戻す!


今年で91歳になるリクガメ「ミセスT」は以前に前足をネズミに食べられてしまい、

歩くことができなくなってしまいました。

飼い主のジュードさんはそんなミセスTを救うべく、

1,000ポンド(約14万4,000円)という高額の治療費をつぎ込みましたが治療の甲斐もなく、

ミセスTが歩けるようになることはありませんでした。

そんな時、あるアイデアが浮上したのです。

mrs

気になる方はぜひ次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

離れてもすぐにくっついちゃう…ラブラブな2匹の柴犬のかわいさに悶絶注意!

大の仲良し!2匹の柴犬 大きくつぶらな瞳が4つ並んでいます。 木の根元で身を寄せ合うのは、2つのかわ …

猫はこたつで丸くなる!・・・のではなく、座椅子で休日のオッサンのように過ごす(笑)

かなり早めの冬がやって来ましたが、みなさんの家ではコタツはもう出しましたか? コタツと言えば有名な童 …

この黄色い海、正体は放棄された小さな命!その有様に言葉が出ない・・・

動物虐待は犯罪です。 同時に動物遺棄も犯罪になり、処罰されます。 それでも、何らかの理由からペットを …

てんかんの発作に苦しむ女性を救ったブタの感動物語をご覧ください・・・

愛玩動物といえば、一般的には犬や猫でしょうか。 ウサギやモルモット、爬虫類に鳥など様々な種類がいます …

このハンターは飼い犬2匹を射殺した後、飼い主に新しい犬をプレゼントしようとした!その言動はもはや恐怖・・・

ピート・バイヤースさんは、アメリカのオハイオ州で2匹の愛犬と暮らしていました。 犬の名前はエミーとベ …

PREV : 『逃げ恥』の最終回に隠されたスタッフの遊び心に絶賛の声続々!あの部分に・・・
巨大な笠雲によって富士山の上に富士山が出現!さらに海外でも不思議な雲が現れた・・・ : NEXT