Lenon


Lenonをフォローしよう!


ネズミに前足を食べられてしまったリクガメが飼い主の愛情と驚きのアイデアによって自由を取り戻す!


今年で91歳になるリクガメ「ミセスT」は以前に前足をネズミに食べられてしまい、

歩くことができなくなってしまいました。

飼い主のジュードさんはそんなミセスTを救うべく、

1,000ポンド(約14万4,000円)という高額の治療費をつぎ込みましたが治療の甲斐もなく、

ミセスTが歩けるようになることはありませんでした。

そんな時、あるアイデアが浮上したのです。

mrs

気になる方はぜひ次のページをご覧ください。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

仕事を辞めたのも共に旅に出ることにしたのも、全てはこの1匹の猫と出会って人生が変わったからでした…!

都会で会社勤めをしている中で、単調なリズムになってはいないでしょうか。 朝起きて仕事へ行き、遅く帰っ …

トランクから「こんにちワン!」一緒に乗りたくなる顔を出した可愛いワンちゃんたち7連発!

みんなニコニコ! ワンちゃんが同乗している車を時々見かけますが、 乗り込みたくなるほど可愛いお顔を覗 …

「今日手紙ないの?」としょんぼりするワンちゃん…その姿に同情した郵便屋さんがとった優しい行動!

家族が大好き! みなさん、ゴールデンレトリーバーという犬種にはどのような印象をお持ちでしょうか? 『 …

生まれてからたった1日で捨てられた子猫が女性に拾われて成長すると、愛に溢れる恩返しをし始めた…!

オリー ある日、地元にある食料雑貨店の敷地内で1匹の子猫が発見されました。 しかし、その場の誰もが生 …

どん兵衛ハウスで暮らしていたツバメの雛たちにいよいよ巣立ちの時期がやって来ました…!

ツバメが巣を作るとその家は繁盛する、という昔からの言い伝えがあります。 田畑の害虫を食べてくれるツバ …

PREV : 『逃げ恥』の最終回に隠されたスタッフの遊び心に絶賛の声続々!あの部分に・・・
巨大な笠雲によって富士山の上に富士山が出現!さらに海外でも不思議な雲が現れた・・・ : NEXT