Lenon


Lenonをフォローしよう!


ネズミに前足を食べられてしまったリクガメが飼い主の愛情と驚きのアイデアによって自由を取り戻す!


今年で91歳になるリクガメ「ミセスT」は以前に前足をネズミに食べられてしまい、

歩くことができなくなってしまいました。

飼い主のジュードさんはそんなミセスTを救うべく、

1,000ポンド(約14万4,000円)という高額の治療費をつぎ込みましたが治療の甲斐もなく、

ミセスTが歩けるようになることはありませんでした。

そんな時、あるアイデアが浮上したのです。

mrs

気になる方はぜひ次のページをご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

立つことすらままならないハンデを抱えたハスキー犬→車いすで克服し、世界中を駆け回る…!

タイのある施設で生まれたこちらのハスキー犬の女の子、名前はマヤです。 彼女は「肉球の欠損」という極め …

冷たい川から引き上げた時には心臓が止まっていたオオカミ!しかも体の中にはもっと最悪なものが・・・

冷たい川から引き上げた時にオオカミの心臓は止まっていた!しかもその体の中から、もっと最悪なものが発見された・・・

足に怪我を負い、裏庭に倒れていた犬が愛の力を知って心を開いていく姿に胸が熱くなる…!

病気や怪我をすると、誰でも不安になります。 看護してくれる家族がいてもつらいものですが、 もし独りぼ …

お風呂で水遊びを楽しむ三毛猫とそれを眺める茶トラ猫の対照的なリアクションが面白い!

お風呂で水遊びを楽しむ三毛猫、一方それを眺める茶トラの猫!2匹の対照的なリアクションがなんとも面白いです・・・

保護した赤ちゃんコウモリにバナナをあげてみた時の様子が可愛すぎる…!

赤ちゃんコウモリを保護!バナナをあげてみると、コウモリのイメージからは良い意味でかけ離れた可愛すぎる行動を取った・・・

PREV : 『逃げ恥』の最終回に隠されたスタッフの遊び心に絶賛の声続々!あの部分に・・・
男性がアライグマが歩道で死んでいる様子をツイートした結果、思わぬ事態が発生した…! : NEXT