Lenon


Lenonをフォローしよう!


ネズミに前足を食べられてしまったリクガメが飼い主の愛情と驚きのアイデアによって自由を取り戻す!


今年で91歳になるリクガメ「ミセスT」は以前に前足をネズミに食べられてしまい、

歩くことができなくなってしまいました。

飼い主のジュードさんはそんなミセスTを救うべく、

1,000ポンド(約14万4,000円)という高額の治療費をつぎ込みましたが治療の甲斐もなく、

ミセスTが歩けるようになることはありませんでした。

そんな時、あるアイデアが浮上したのです。

mrs

気になる方はぜひ次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

カエルの子はカエル?いいえ、ワンちゃんです(笑)そっくりすぎる親子犬の微笑ましい画像11選!

やっぱり親子 「この親にしてこの子あり」という言葉がありますが、 人間の子どもが容姿や性格、果てはち …

自力で頭を持ち上げることもできないほど心も身体もボロボロだった番犬の運命は…?

これが番犬!? アメリカ テキサス州のとある民家に闘犬賭博容疑で捜索が入った際、 発見されたのは1匹 …

近所の老婆が「これ昔飼っていたわ。バカで凶暴よね」と大切な愛犬に一言!そんな老婆に言いたいこととは?

Twitterである投稿に注目が集まっています。 それはハスキー犬の文太(@pupipupi_pup …

ハムハムハム…ウサギの耳に病みつきになっちゃっている子猫ちゃん!夢中すぎてかわいい(笑)

ご主人様の上で…! 飼い主である女性の上で事件は起こりました…!! ふわふわの子猫がご主人様のお腹の …

柴犬好きは、覚悟を決めてこの極上の癒しをご堪能ください・・・

3匹の柴犬がもたらす極上の癒しをご紹介!柴犬好きだと言う方は、覚悟を決めてご紹介する画像をご覧ください…(笑)詳細はこちら・・・

PREV : 『逃げ恥』の最終回に隠されたスタッフの遊び心に絶賛の声続々!あの部分に・・・
男性がアライグマが歩道で死んでいる様子をツイートした結果、思わぬ事態が発生した…! : NEXT