Lenon


Lenonをフォローしよう!


ネズミに前足を食べられてしまったリクガメが飼い主の愛情と驚きのアイデアによって自由を取り戻す!


今年で91歳になるリクガメ「ミセスT」は以前に前足をネズミに食べられてしまい、

歩くことができなくなってしまいました。

飼い主のジュードさんはそんなミセスTを救うべく、

1,000ポンド(約14万4,000円)という高額の治療費をつぎ込みましたが治療の甲斐もなく、

ミセスTが歩けるようになることはありませんでした。

そんな時、あるアイデアが浮上したのです。

mrs

気になる方はぜひ次のページをご覧ください。


スポンサードリンク

1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

「誰か引き取って」犬の里親募集に応えたのはなんとダルビッシュ有!その結果・・・

ダルビッシュが里親に! 今回ご紹介するエピソードは、 ペットの命についてメージャーリーグで活躍するダ …

犬と子供を一緒に生活させてはいけない理由12選!これは納得するしかない(笑)

「幼少期に犬と一緒に生活することで、子どもは優しく育つ」と聞いたことはありませんか? 赤ちゃんのうち …

昼食になると必ず食べ物をもらいに来るスズメ→最初は鬱陶しかったけどあることに気づいて関係が急転!

「アルプスの少女ハイジ」の中で、アルムの山でハイジは小鳥たちと楽しそうに遊んでいました。 ハイジが雛 …

母の愛はヘビをも食らう!?子ネズミをくわえたヘビから、母ネズミ決死の救出劇…!

ヘビに我が子を目の前でさらわれた母ネズミ 親から子どもへの虐待など、悲しいニュースを耳にすることが多 …

犬のベビーシッターに対する反応が敵意むき出しだった→そのおかげで子供を暴力から救い出せた!

日本ではあまりベビーシッターを雇うという話は聞きませんが、アメリカでは一般的なようです。 そして、あ …

PREV : 『逃げ恥』の最終回に隠されたスタッフの遊び心に絶賛の声続々!あの部分に・・・
巨大な笠雲によって富士山の上に富士山が出現!さらに海外でも不思議な雲が現れた・・・ : NEXT