Lenon


Lenonをフォローしよう!


ネズミに前足を食べられてしまったリクガメが飼い主の愛情と驚きのアイデアによって自由を取り戻す!


今年で91歳になるリクガメ「ミセスT」は以前に前足をネズミに食べられてしまい、

歩くことができなくなってしまいました。

飼い主のジュードさんはそんなミセスTを救うべく、

1,000ポンド(約14万4,000円)という高額の治療費をつぎ込みましたが治療の甲斐もなく、

ミセスTが歩けるようになることはありませんでした。

そんな時、あるアイデアが浮上したのです。

mrs

気になる方はぜひ次のページをご覧ください。

1
2



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

新しい家族に出迎えられた子ハスキー犬!嬉しさでいっぱいのキュートな表情にほっこり・・・

可愛い表情がたまらない! こちらの子ハスキー犬、名前はグミくん。 なんとも可愛らしい! ハスキー犬と …

全身の羽が抜けてしまった小鳥がある日、世界中の人から毛糸の服をもらって・・・

皆さんは鳥は好きですか? ペットといえば犬や猫が多いですが、鳥もなかなか可愛らしい生き物ですよね。 …

「誰かぼくのこといりませんか?」5年間誰にも引き取られずに施設で過ごしたピットブルはメッセージ付きで写真に写ったことで大きく運命が変わった…!

チェスター アメリカのニューヨーク州にある動物保護団体、「The North Fork Animal …

寝たきりのおじいちゃん犬の前で大はしゃぎするおじいちゃん大好きな孫犬→そんな孫犬から生きる活力をもらう…!

年を取ると、若い頃のように元気に動き回ることが難しくなっていきます。 それは人間に限らず、ワンちゃん …

感染症で両目を失いながらも幸せそうに生きる猫!その前向きさは私たちに大切なことを教えてくれる・・・

アメリカのカリフォルニア州にある動物保護施設で働くセレナさんが、 ある日捨てられていた子猫を保護しま …

PREV : 『逃げ恥』の最終回に隠されたスタッフの遊び心に絶賛の声続々!あの部分に・・・
巨大な笠雲によって富士山の上に富士山が出現!さらに海外でも不思議な雲が現れた・・・ : NEXT