Lenon


Lenonをフォローしよう!


目が見えないなうえに耳が4つの猫!障害に負けず、懸命に生きるその姿はみんなを勇気づけます・・・


クリーチャー

アニマルシェルターと聞くと捨て猫や捨て犬が保護され、

健康状態などが良ければ譲渡会などをして里親を探す、というイメージがありますよね?

今回ご紹介するのは、今から5年程前にアニマルシェルターに預けられた1匹の子猫です。

ritya1

その子猫は、遺伝子変異により耳が4つもありました。

また検査をしたところ、子猫の目は見えていない状態で神経障害も併発し、

真っ直ぐに歩くことができない体でした。

しかしそんな障害にもめげず、子猫は明るい性格でシェルターのスタッフに懐いていました。

スタッフ達は子猫に「クリーチャー」と名付け、みんなで可愛がっていたそうです。

そんなクリーチャーに、運命の出会いがありました。

気になる方は次のページをご覧ください。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

原発事故発生後も警戒区域に残り、そこに取り残された動物達の世話をたった1人で続ける男性に世界の視線が集まる…!

あの衝撃的な東北の大震災から、もう5年以上が経ちました。 時間が経つと共に、あの衝撃は記憶の奥深い場 …

嵐の夜、風雨の中でずぶ濡れで鳴く子猫→心を開くまで1時間以上辛抱し続けた結果…!

寒さに凍える小さな命 嵐の夜。外にいれば人間でも、短時間で心細く体力も削られるそんな夜。 あたたかな …

母親を交通事故で亡くした孤児の子ギツネと母親代わりになった犬の胸が熱くなるエピソード!

孤児となった子ギツネ 動物の種を超えた友情は、良くネット上でも話題になっています。 今回ご紹介するエ …

拾われた病気を患っていた子猫→1年後、信じられないような驚愕の事態が発生!

ジャスティナ・ストラミレートさんは、ある日かわいそうな1匹の捨て猫を拾いました。 猫はブラウニーと名 …

13年にも及ぶ地獄!鶏小屋で生活させられた犬が望む幸せとは?

ジャグ アメリカのメリーランド州で、鶏小屋に押し込められていた犬が一度に保護されました。 約300匹 …

PREV : 天才降臨(笑)誰もがすぐに理解できる「リズム譜の読み方」表が素晴らしい…!
見事な協力体制!外で遊んでいたワンちゃんたちが連携プレーで家に入ってくる様子に思わずほっこり・・・ : NEXT