Lenon


Lenonをフォローしよう!


目が見えないなうえに耳が4つの猫!障害に負けず、懸命に生きるその姿はみんなを勇気づけます・・・


クリーチャー

アニマルシェルターと聞くと捨て猫や捨て犬が保護され、

健康状態などが良ければ譲渡会などをして里親を探す、というイメージがありますよね?

今回ご紹介するのは、今から5年程前にアニマルシェルターに預けられた1匹の子猫です。

ritya1

その子猫は、遺伝子変異により耳が4つもありました。

また検査をしたところ、子猫の目は見えていない状態で神経障害も併発し、

真っ直ぐに歩くことができない体でした。

しかしそんな障害にもめげず、子猫は明るい性格でシェルターのスタッフに懐いていました。

スタッフ達は子猫に「クリーチャー」と名付け、みんなで可愛がっていたそうです。

そんなクリーチャーに、運命の出会いがありました。

気になる方は次のページをご覧ください。

1
2



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

意外だったストレス解消法!ワンちゃんと眠ると体に良い7つのワケとは・・・?

しつけって難しい! 「主従関係をはっきりさせるため、愛犬と同じ布団で寝てはいけない」と、 よく犬のし …

ホスピスで最期が近づくおばあさんの最後の願いは子猫を抱きしめること!願いの行方は・・・?

「グローブス・コミュニティ・ホスピス」で暮らすキャロルさん。 病気と高齢のため、最期の時までホスピス …

虐待の傷跡を再現した犬のぬいぐるみがたくさんの動物を救う!そこには虐待に負けなかった証が刻まれています・・・

弱者や動物への虐待は絶対に許すことができません。 虐待は肉体だけでなく、精神的にも深い傷を残します。 …

ハンディキャップには負けない!盲目の猫が見せた特別な力と強い心とは…?

この子の名前は「ホットドッグ」。 ご覧のとおり、両目に障害を持っている猫です。 病気になり道路の片隅 …

シェルターで一緒に暮らしていたフェネックと黒猫→感動の再会を果たした時の笑顔が微笑ましい…!

世界中には犬と猫、虎とライオン、オオカミとキツネなど、 異なる動物どうしにもかかわらず仲良く暮らして …

PREV : 天才降臨(笑)誰もがすぐに理解できる「リズム譜の読み方」表が素晴らしい…!
見事な協力体制!外で遊んでいたワンちゃんたちが連携プレーで家に入ってくる様子に思わずほっこり・・・ : NEXT