Lenon


Lenonをフォローしよう!


目が見えないなうえに耳が4つの猫!障害に負けず、懸命に生きるその姿はみんなを勇気づけます・・・


クリーチャー

アニマルシェルターと聞くと捨て猫や捨て犬が保護され、

健康状態などが良ければ譲渡会などをして里親を探す、というイメージがありますよね?

今回ご紹介するのは、今から5年程前にアニマルシェルターに預けられた1匹の子猫です。

ritya1

その子猫は、遺伝子変異により耳が4つもありました。

また検査をしたところ、子猫の目は見えていない状態で神経障害も併発し、

真っ直ぐに歩くことができない体でした。

しかしそんな障害にもめげず、子猫は明るい性格でシェルターのスタッフに懐いていました。

スタッフ達は子猫に「クリーチャー」と名付け、みんなで可愛がっていたそうです。

そんなクリーチャーに、運命の出会いがありました。

気になる方は次のページをご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

飼い主を新顔の子猫に取られてしまうと心配する先住猫のすね方が可愛いすぎる!

新しい家族が生まれると、先に生まれた子供が赤ちゃん返りするという話をよく耳にしますが、 小さな子がマ …

保護猫のために役所に作られた「猫の部屋」のスペースのおかげで猫と人間、win-winな結果に!

近年になって動物愛護団体が増え、 また保護された捨て猫、野良猫が温かい里親の家に引き取られていく話題 …

天気予報の生放送中に可愛い乱入者が現れる放送事故発生!その時、気象予報士の反応は?

ぶっつけ本番だからこそ起こりうる、生放送中の放送事故。 普段見ることのできない瞬間に、視聴者の関心が …

人間に捨てられて後ろ足を2本とも失い、最愛の子供さえも失った犬の暮らしが180度変わった…!

懸命に生きる 人口が多いことで有名な中国。 人口が多い分ペットを飼う人口も多いようですが、 その反面 …

森の中で発見された彼の遺体→彼の忠誠心の高さが作り出した物語に、街の人々は心臓が止まりそうになった…!

突然ですが、皆さんは犬はお好きですか? 犬は猫と違って、飼い主に対していつも真っ直ぐで、忠誠心の強い …

PREV : 焼け焦げていた犬は最後の力を振り絞り、小さな命を口にくわえて燃えている家から脱出した…!
見事な協力体制!外で遊んでいたワンちゃんたちが連携プレーで家に入ってくる様子に思わずほっこり・・・ : NEXT