Lenon


Lenonをフォローしよう!


飼い主が死んだ後に放置された結果、毛玉が巨大化しすぎて大変なことになった猫!


アメリカのペンシルベニア州にある「Animal Rescue League Shelter & Wildlife Center」とは、

野良犬や野良猫のみではない全ての動物を保護対象にするアニマルレスキュー団体です。

そのサイトのFacebookページでは、時たま保護した動物の写真が載せられます。

最近では全身が毛玉に覆われた猫の写真が掲載され、注目を集めています。

その姿はまるで神話に登場する生き物のようでした。

気になる方は、次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. 苺大福。 より:

    この猫は何を食べて暮らしていたのだろう?
    猫って自分では毛繕いをしないのでしょうか?
    猫又みたいでよくわからない。

  関連記事

スピスピと悲しげに鳴いている愛犬の様子を見に行った→なぜワンちゃんにサイドカーが付いている!?

ワンちゃんにサイドカーが付いていた!?スピスピと悲しげに鳴いていた愛犬の様子を見に行った時に飼い主さんが目にした光景がこちら・・・

飼い主の深い愛情を受けて前向きに生きる、前足がない2匹のチワワたちに胸が熱くなる…!

障害を持って生まれたことは、不幸なのでしょうか? この難しい問題に答えてくれるあるワンちゃん達の物語 …

雷が激しく鳴る深夜にバスルームへ→済ました猫とバスタブの中にもう1名(笑)

ペットとして犬と猫の両方を飼っている人は、彼らの行動と性格の違いをつぶさに観察することができます。 …

交通事故で息子を失った男性を立ち直らせたのは猫!自宅を解放して300匹以上の不幸な猫に幸せを与える・・・

クリス・アーセナルトさんという方が、ニューヨークのロングアイランドに住んでおられます。 クリスさんは …

年老いていたことから里親と出会えなかった猫→保護施設に迎えられたことで幸せを手にする…!

フォレスト マサチューセッツ州のサドベリーにある動物保護施設。 そこには20歳になる老猫の「フォレス …

PREV : 男性の顔にできた空洞はガンに打ち克った証!その生き方から逆境を好転させることについて考えさせられる・・・
40代の男性が20代の女性に恋したことを相談すると痛恨の笑撃的な返答が送られてきた! : NEXT