Lenon


Lenonをフォローしよう!


多くの障害を抱えながら1年半強く生き抜いた犬が天国へ…彼の生涯は多くの人々の愛で支えられていました・・・


動物が保護され、施設に連れてこられる理由は様々です。

道路に捨てられていた、衰弱して弱っていたというのはよく耳にします。

その理由の中には、残念ながら「障害を持っていたから」というケースもあるのはご存知でしたか?

今回ご紹介するのは、

「体にたくさんの問題を抱えて生まれてきたため」に施設に連れてこられたブルドックの「ボンサイ」。

そのボンサイが生き延びていく姿の裏には、たくさんの人々の愛が込められていました。

果たしてその障害とは。

詳細は次のページにてご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

郵便受けに捨てられて生死の境をさまよっていた子猫が多くの人の愛によって奇跡的に復活!

飼えなくなってしまった子猫を捨てるのは道に放り出すだけでも残忍ですが、 これからご紹介する子猫はあの …

「産卵でウミガメが泣く」というけれどコレは違う、激痛だ!

ウミガメの涙 昔話にも登場するウミガメは、世界中の海に生息している親しみ深い海洋生物です。 オール状 …

猫がライオンに果敢に立ち向かう姿を撮影した動画が話題に!果たして勝負の行方は?

猫は人間が抱き上げられるほど小さな生き物ですが、 動物の動画サイトなどで勇敢な姿を目にすることがあり …

犬と子供を一緒に生活させてはいけない理由12選!これは納得するしかない(笑)

「幼少期に犬と一緒に生活することで、子どもは優しく育つ」と聞いたことはありませんか? 赤ちゃんのうち …

命が危ぶまれる重傷を負った子猫の運命は、愛情あふれる女性の粘り強い支えによって大きく変わった…!

想像もできないほどの傷を負った子猫がいました。 重症を負った人間ならば必死で助けられ、応急処置をして …

PREV : 女の子には理解できない「男ってどうせこういうのが好きなんでしょ!?」な画像11選!
ご存知だろうか?ウォーターボーイズに『逃げ恥』で話題の星野源が出演していたことに! : NEXT