Lenon


Lenonをフォローしよう!


多くの障害を抱えながら1年半強く生き抜いた犬が天国へ…彼の生涯は多くの人々の愛で支えられていました・・・


動物が保護され、施設に連れてこられる理由は様々です。

道路に捨てられていた、衰弱して弱っていたというのはよく耳にします。

その理由の中には、残念ながら「障害を持っていたから」というケースもあるのはご存知でしたか?

今回ご紹介するのは、

「体にたくさんの問題を抱えて生まれてきたため」に施設に連れてこられたブルドックの「ボンサイ」。

そのボンサイが生き延びていく姿の裏には、たくさんの人々の愛が込められていました。

果たしてその障害とは。

詳細は次のページにてご覧ください。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

弱りきっていたロバと犬、なんと「助けられた方」が…!命の平等とは・・・?

皆さんはロバを見た事がありますか? ロバと聞いてパッと思い浮かぶのは、おとぎ話やテレビなどで見た記憶 …

爪切りのために来たはずのウサギがキャリーケースの中で死んでいた!その理由があまりにも悲しすぎる・・・

暑くて倒れそうな日に皆さんがやっている対策は何ですか? 扇風機やクーラーをかけて部屋を涼しくしたり、 …

男性が瀕死の状態で助けてくれたので、お礼に?ハチドリが家に住みつきました!

ハチドリは、鳥の仲間で最も小さく、羽を高速ではばたいて移動します。 別名ハミングバードとも呼ばれてい …

27本もの指を持つ猫→「普通の猫と違う」この猫との出会いが“生まれる喜び”、“楽しさ”を教えてくれる!

ある日、ジャスティンさんという男性が動物を保護する施設を訪れました。 彼はそのとき、とある猫に一瞬に …

施設の職員に毎日ハグをして必死に愛情を示すカンガルーにほっこり・・・

今回は、毎日ハグをして感謝の気持ちを表すカンガルーの素敵なお話をご紹介します。 「アビゲイル」と名付 …

PREV : 女の子には理解できない「男ってどうせこういうのが好きなんでしょ!?」な画像11選!
ご存知だろうか?ウォーターボーイズに『逃げ恥』で話題の星野源が出演していたことに! : NEXT