Lenon


Lenonをフォローしよう!


多くの障害を抱えながら1年半強く生き抜いた犬が天国へ…彼の生涯は多くの人々の愛で支えられていました・・・


動物が保護され、施設に連れてこられる理由は様々です。

道路に捨てられていた、衰弱して弱っていたというのはよく耳にします。

その理由の中には、残念ながら「障害を持っていたから」というケースもあるのはご存知でしたか?

今回ご紹介するのは、

「体にたくさんの問題を抱えて生まれてきたため」に施設に連れてこられたブルドックの「ボンサイ」。

そのボンサイが生き延びていく姿の裏には、たくさんの人々の愛が込められていました。

果たしてその障害とは。

詳細は次のページにてご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

金網フェンスに挟まってしまった子猫!颯爽と現れた男性が助けてあげる感動の瞬間・・・

子猫と金網 アメリカはサンフランシスコの動物保護施設に一報が入りました。 「近所でフェンスに子猫が挟 …

ボロボロの状態だった野良猫が保護してたった1日で美しく生まれ変わり、幸せを手にする!

フリスビー 野良猫の「フリスビー」は発見された当時、 身体中がかなり汚れている上に全身の毛がボサボサ …

動物病院へ去勢手術を終えた猫を迎えに行き、顔を見せると・・・(笑)

猫は無表情と言われていますが、そのかわり飼い主さんには違う方法で意思表示をします。 猫を飼った経験の …

1週間も放置された木箱!その中に入れられていたものに衝撃と怒りの声が寄せられる…!

空港に忘れられた木箱 よく空港を利用した時、 「荷物が紛失した」「荷物だけ便が遅れてる」などと困った …

「あれ、君も何かやらかしたの?」いたずらした我が子を反省させている最中に・・・

アメリカには、いたずらをした子どもに反省をさせるための「タイムアウト」という習慣があります。 すぐに …

PREV : 女の子には理解できない「男ってどうせこういうのが好きなんでしょ!?」な画像11選!
ご存知だろうか?ウォーターボーイズに『逃げ恥』で話題の星野源が出演していたことに! : NEXT