Lenon


Lenonをフォローしよう!


「誰かぼくのこといりませんか?」5年間誰にも引き取られずに施設で過ごしたピットブルはメッセージ付きで写真に写ったことで大きく運命が変わった…!


チェスター

アメリカのニューヨーク州にある動物保護団体、「The North Fork Animal Welfare League」。

そこには、5年間誰にも引き取られずに施設で過ごしてきた1匹のピットブルがいました。

その子の名前は「チェスター」といいます。

ピットブルという犬種は闘犬として扱われてきました。

過去に起きた数々の傷害事件といかつい見た目から、「世界一凶暴な犬種」とも言われています。

しかし正しい躾と愛情をもって接すれば、優しく頼れるパートナーになる事もあります。

ピットブルのチェスターは保護団体のスタッフさんから愛され、可愛がられる性格であるにも関わらず、

施設に来てから5年経っても里親が見つかりませんでした。

そんなチェスターを見て、スタッフさんはある行動を取り出しました。

その行動の詳細と結果は次のページで詳しくご紹介いたします。

1
2


この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

犬のベビーシッターに対する反応が敵意むき出しだった→そのおかげで子供を暴力から救い出せた!

日本ではあまりベビーシッターを雇うという話は聞きませんが、アメリカでは一般的なようです。 そして、あ …

飼い主によって木箱の中に1年以上閉じ込められ、歩くことも自分で食事することもできなくなっていたブルドッグの運命は!?

ブルドッグのキキ このブルドッグの名前は『キキ』。 もうすぐ2歳になるメスのワンちゃんです。 しかし …

コメディアンが作った里親募集のために作ったユニークな張り紙の発想力に脱帽!

犬や猫の里親探しは難しい作業です。 とりわけ、年老いた動物達の里親探しは非常に難しいと聞きます。 彼 …

「ごめんね・・・」飼い主から言われた衝撃事実にこの猫ちゃんのリアクションは…ただただ平謝りです!

Twitterユーザーのにょーたろー(@sukeyotafumi )さんは、『ひふみちゃん』という猫 …

天使のような姿に癒されまくり…盛岡の動物園でアルパカの赤ちゃんが誕生!

どんな動物も、赤ちゃんというのは可愛いものですよね。 特にふわふわの赤ちゃんには、心癒されます。 動 …

PREV : あの漫才コンビも惚れ込んだ!?大正11年生まれの漫才師、内海桂子師匠のTwitterが大注目!
砂漠を歩く立派なたてがみのライオン!?→あ、たてがみ着けた猫ちゃんだ! : NEXT