Lenon


Lenonをフォローしよう!


「誰かぼくのこといりませんか?」5年間誰にも引き取られずに施設で過ごしたピットブルはメッセージ付きで写真に写ったことで大きく運命が変わった…!


チェスター

アメリカのニューヨーク州にある動物保護団体、「The North Fork Animal Welfare League」。

そこには、5年間誰にも引き取られずに施設で過ごしてきた1匹のピットブルがいました。

その子の名前は「チェスター」といいます。

ピットブルという犬種は闘犬として扱われてきました。

過去に起きた数々の傷害事件といかつい見た目から、「世界一凶暴な犬種」とも言われています。

しかし正しい躾と愛情をもって接すれば、優しく頼れるパートナーになる事もあります。

ピットブルのチェスターは保護団体のスタッフさんから愛され、可愛がられる性格であるにも関わらず、

施設に来てから5年経っても里親が見つかりませんでした。

そんなチェスターを見て、スタッフさんはある行動を取り出しました。

その行動の詳細と結果は次のページで詳しくご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

流産で赤ちゃんを失った奥様→悲しみに暮れる奥様のために旦那様が連れ帰った子猫が起こした奇跡!

突然ですが、皆さんは猫は好きですか? 筆者は大好きです。 犬が好きな人は犬の元気でアグレッシブな面に …

28万回以上再生されたワンちゃんが可愛く飼い主を起こす動画!こんな目覚まし欲しい・・・

リンキー 画像に写っている人は、運動おたくのSean Sarantos(ショーン・サラントス)さんで …

「元気すぎる」と言う理由で2回も人間に捨てられたボーダーコリー!果たしてこの犬の運命は?

二度も人間に捨てられたボーダーコリーのお話をご紹介!この犬が捨てられた理由は、「元気すぎる」と言うことからでした・・・

家の中に見知らぬ野生のキツネ!?寒さをしのぐためにキツネがとった衝撃の行動がこちら・・・

家の中で見たのは、見覚えのない野生のキツネ!?寒さをしのぐべく、そのキツネがとった衝撃の行動が話題に!詳細はこちら・・・

車に轢かれて血だらけの馬に警察官が行ったことが世界中で共感を呼びました・・・

日本ではあまり馴染みのない、警察の騎馬隊。 アメリカでは馬にまたがり、パトロールなんて光景もあまり珍 …

PREV : ワンちゃんが後ろを向いたら赤ちゃんが泣き出してしまった!しかしワンちゃんはそんな時の心とろけるあやし方知っている・・・
砂漠を歩く立派なたてがみのライオン!?→あ、たてがみ着けた猫ちゃんだ! : NEXT