Lenon


Lenonをフォローしよう!


「誰かぼくのこといりませんか?」5年間誰にも引き取られずに施設で過ごしたピットブルはメッセージ付きで写真に写ったことで大きく運命が変わった…!


チェスター

アメリカのニューヨーク州にある動物保護団体、「The North Fork Animal Welfare League」。

そこには、5年間誰にも引き取られずに施設で過ごしてきた1匹のピットブルがいました。

その子の名前は「チェスター」といいます。

ピットブルという犬種は闘犬として扱われてきました。

過去に起きた数々の傷害事件といかつい見た目から、「世界一凶暴な犬種」とも言われています。

しかし正しい躾と愛情をもって接すれば、優しく頼れるパートナーになる事もあります。

ピットブルのチェスターは保護団体のスタッフさんから愛され、可愛がられる性格であるにも関わらず、

施設に来てから5年経っても里親が見つかりませんでした。

そんなチェスターを見て、スタッフさんはある行動を取り出しました。

その行動の詳細と結果は次のページで詳しくご紹介いたします。

1
2



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

飼い主がいない間、ベッドではしゃいでいたワンちゃん!その様子が飼い主にバレた結果・・・

ワンちゃんを飼われている方ならこの姿、一度は見たことあるのではないでしょうか? 今、とあるワンちゃん …

大爆笑まちがいなし!おしゃべりインコさんが語る自作のハチャメチャ昔話の映像をご覧ください!!

いつも一緒にいてくれるペット。 もし自分の愛するペットが物語を聞かせてくれたら…。 すごく癒されそう …

本当は謝りたいと思っている意地悪をしてしまった子猫!もどかしい葛藤の様子がちょっと笑える(笑)

茶トラの子猫は、ワンちゃんの大きな背中が大好き。 ワンちゃんも子猫が落ちないように背中を真っ直ぐ上に …

「もう知らニャい!」愛猫に内緒で外泊→帰ってきたら激おこぷんぷん!

甘えん坊ですり寄ってくるくせに、こちらから近づくと 「今そんな気分じゃないの」と言わんばかりにスルリ …

1人の女性の優しさがガリガリに痩せ細って死ぬ寸前だった犬に奇跡の回復をもたらした!

長年の経済危機のあおりを受けて野良犬が増え続けているギリシャ。 その国で餓死寸前の犬が奇跡の回復を遂 …

PREV : あの漫才コンビも惚れ込んだ!?大正11年生まれの漫才師、内海桂子師匠のTwitterが大注目!
砂漠を歩く立派なたてがみのライオン!?→あ、たてがみ着けた猫ちゃんだ! : NEXT