6回もの脳腫瘍を耐えた女性が見つけたのは小さな子猫!保護してから彼女の生活が変わり、半年後・・・ | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


6回もの脳腫瘍を耐えた女性が見つけたのは小さな子猫!保護してから彼女の生活が変わり、半年後・・・


強い気持ち

kes2

子猫を保護し、懸命にお世話をしたララミーさん。

「私も頑張る、だからあなたも頑張って。どうか一緒に、頑張って」

そしてお世話の甲斐あってか、子猫はみるみるうちに元気を取り戻していきました。

ララミーさんは子猫に「ケシャ」と名付け、そのまま家族として受け入れることに。

看護師のララミーさんは、看護師として出来る限りの介護とお世話を続けました。

kes3

kes4

お世話を続ける中でララミーさんは、

一緒に過ごすケシャから気付かないうちにたくさんの元気をもらっていることに気付いたそうです。

kes5

始めて獣医に診せた時、「もって数日だろう・・・」と言われてしまっていたケシャ。

それが日を追うごとに元気になっていきます。

「生きたい」という前向きなケシャの姿に、ララミーさんも勇気づけられていたのです。

あれから半年

kes6

ララミーさんの元へケシャが来てから半年が経ちました。

当時小さな子猫だったケシャは、今やシンクを埋めるほどの大きさに成長。

ララミーさんの元にすくすくと育ったようです。

kes7

獣医からの余命宣告を見事覆したケシャ。

こんなに立派になれたのはララミーさんの献身的なお世話の賜物です。

kes8

体は大きくなっても、まだまだ中身は甘えん坊。

毎日ララミーさんにべったりとくっつき、喉を鳴らしているのだとか。

kes9

手術の影響で「二度と母親にはなれない」と覚悟していたララミーさん。

ケシャが来てくれたおかげで、念願だった母親になることが出来たようです。

術後の経過も良いようで、ケシャのおかげだとララミーさんは話しています。

生きるため、前向きに懸命に進み続けたララミーさんとケシャ。

これからも末長く、元気に過ごしていって欲しいですね!

出典:LoveMeow

【関連記事】

子猫が頑張って近づいてくれたがなぜか何度もつまずいていた→女性が心配になって拾い上げると…!

病気で目が開かないまま車道を渡ろうとしていた子猫→一人の女性と出会い、大きな瞳で感謝を伝える!

人間を恐れて食事をとれなくなった子猫!保護主さんの深い愛情でその瞳にもう一度希望が宿った・・・

後ろ脚に障害を抱え、目も見えない猫を見て獣医師は安楽死を推奨した→女性は迷わずこう答えた…!

盲目の子猫「レモン」の余命はわずか数ヶ月…残された日々を獣医師と決めた“あるリスト”を目標に頑張る!




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

うたた寝する赤ちゃんに枕にされ、戸惑いながらも拒みはしないハスキー犬にほっこり・・・

うたた寝する赤ちゃんに自分の体を枕にされたハスキー犬!戸惑いながらも決して拒もうとはしない優しさにほっこり癒される・・・

この世を去った”福島DASH村の犬”北登!「鉄腕DASH」が送ったメッセージが愛に溢れている・・・

人気バラエティー番組『ザ!鉄腕DASH』は、TOKIOが出演しています。 この番組は5人のメンバーが …

名前を呼んでも、「う~ん?」と唸ってそっけない返事をする猫→実は意外と律儀だった!?

飼い主さんが、戸棚へ名前を呼びます。 戸棚に声をかけても、ただの物置なので誰もいないはずですね。 と …

車の運転中に路上で偶然「イジメ」を発見!イジメを止めた運転手に称賛の声続々・・・

小さな動物を集団でいじめている姿には心が痛みます。 それが自然界では弱肉強食だとしても、とても耐えら …

ホテルで暮らしている猫が勝手に添い寝サービスを開始した結果・・・

猫ちゃんは人間に癒しを与えてくれる存在ですよね。 猫ちゃんの可愛らしい姿は、どんなに疲れていても一瞬 …

PREV : 耳鼻科に掲載されていた「院長から保護者へのお願い」の内容に納得の声続々!
ガキ使に出演した斎藤工のいつもと全然違うぶっ飛びっぷりに「もうちょっと仕事選んでも…」と驚嘆の声! : NEXT