Lenon


Lenonをフォローしよう!


6回もの脳腫瘍を耐えた女性が見つけたのは小さな子猫!保護してから彼女の生活が変わり、半年後・・・


オフィスの片隅に…

kes1

看護師として人々を助ける仕事をするララミー・エヴァンスさん。

彼女は6回もの脳腫瘍の再発に苦しめられ、過酷な状況でも前向きに生き、

懸命な治療と強い意志を持ち生き延びてきました。

ある日のこと、ララミーさんがオフィスの近くで見つけたのは小さな子猫。

見つけた時は衰弱していたそうで周りに母猫の姿もなく、

今にもその命の灯が消えてしまうくらい弱り切っている状況。

それでも、ララミーさんの手の中でまだ温かい子猫。

その時ララミーさんは、「まだ生きたい」という強い気持ちを子猫から感じたそうです。

子猫とララミーさんの運命は?

結末は次のページにてご覧ください。

1
2



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

世界で最も美しいとされる馬を分析した結果、驚愕の事実が判明した・・・!

馬はとても気高く雅、それでいてとても美しい動物とされています。 その中でも、特に美しいといわれている …

カメラマンはリス!?動物たちによるカメラを構えての撮影会の様子をご覧ください…!

今回ご紹介する写真の数々は、ロシアの写真家であるVadim Trunovさんが撮ったものです。 Va …

3匹の仲良しワンちゃん!愛らしいトリオの姿は世界中の130万人ものファンを魅了する…!

ワイマラナーの「ハーロウ」とダックスフンドの「インディアナ」、 そして「リース」の3匹は同じ家で暮ら …

どうしても美術館に侵入したいリアルキャッツアイな黒猫VSそれを止める警備員の攻防戦(?)→つい黒猫に味方したくなる(笑)

猫たちはいつでも自由で良いですね。 天気が良ければ人の車やバイクの上にちょっと失礼してお昼寝を決め込 …

虐待から逃げ続けた野良犬がたどり着いたのは警察署→そこで彼が得たものとは・・・?

迷い犬? ある日のこと、プエルトリコのバヤモンという町のある警察署に、 フラフラとした足取りの野良犬 …

PREV : 耳鼻科に掲載されていた「院長から保護者へのお願い」の内容に納得の声続々!
ガキ使に出演した斎藤工のいつもと全然違うぶっ飛びっぷりに「もうちょっと仕事選んでも…」と驚嘆の声! : NEXT