Lenon


Lenonをフォローしよう!


6回もの脳腫瘍を耐えた女性が見つけたのは小さな子猫!保護してから彼女の生活が変わり、半年後・・・


オフィスの片隅に…

kes1

看護師として人々を助ける仕事をするララミー・エヴァンスさん。

彼女は6回もの脳腫瘍の再発に苦しめられ、過酷な状況でも前向きに生き、

懸命な治療と強い意志を持ち生き延びてきました。

ある日のこと、ララミーさんがオフィスの近くで見つけたのは小さな子猫。

見つけた時は衰弱していたそうで周りに母猫の姿もなく、

今にもその命の灯が消えてしまうくらい弱り切っている状況。

それでも、ララミーさんの手の中でまだ温かい子猫。

その時ララミーさんは、「まだ生きたい」という強い気持ちを子猫から感じたそうです。

子猫とララミーさんの運命は?

結末は次のページにてご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

我が子を救うことができないでいた母馬→男性の勇気ある行動で素晴らしいことが起こる…!

ブラジルの田舎道を1人でドライブしていた男性が、木の橋で何かを発見しました。 車を止めてみると、どう …

今日も1日お疲れ様でした。飼い主さんと一緒に優雅にお風呂に入る猫ちゃんを見て1日の疲れを取っちゃいましょう!

猫は濡れることを嫌います。 そのため、ワンチャンなどのようにお風呂やプールなどで優雅に泳ぐことは滅多 …

チーターの赤ちゃんと犬の赤ちゃんが一緒に暮らしている理由に驚くけど納得…!

皆さんはチーターに対してどのような印象を持っているでしょうか? チーターの走る速さは最高時速120キ …

犬のベビーシッターに対する反応が敵意むき出しだった→そのおかげで子供を暴力から救い出せた!

日本ではあまりベビーシッターを雇うという話は聞きませんが、アメリカでは一般的なようです。 そして、あ …

売れ残っている片目を失った子犬を、同じように片目の見えない男性が救った…!

売れ残った子犬 ジョーダン・トレントさんは、アメリカのテキサス州で暮らしている32歳の男性です。 彼 …

PREV : 耳鼻科に掲載されていた「院長から保護者へのお願い」の内容に納得の声続々!
ガキ使に出演した斎藤工のいつもと全然違うぶっ飛びっぷりに「もうちょっと仕事選んでも…」と驚嘆の声! : NEXT