Lenon


Lenonをフォローしよう!


北極圏のスヴァーバル諸島にたった1匹だけ住む猫は極寒の地に暮らす人々の心を温めてくれるかけがえのない存在です…!


北極圏のスヴァーバル諸島

日本から遠く離れた地、

北極圏に存在するノルウェーのスヴァーバル諸島は冬季の気温はー30℃を下回り、

夏季であっても平均気温5℃という極寒の土地です。

東京で例えるなら1月2月の平均気温でも5℃よりは高いですから、

いかに寒い土地なのかがよく分かりますね。

主な産業は石炭の採掘だそうで人口は約3,000人。

そのほとんどがロシア人とウクライナ人で、公用語はノルウェー語とロシア語です。

極寒の地に住みついた野良猫

猫といえば「ね〜こはコタツで丸くなる〜」と歌にもある通り、寒さに弱いイメージですよね。

実際、猫って冬はコタツの中にいますよね…。

のぼせてしまわないか心配になるほどです。

そんな猫が最低気温ー30℃を下回るほどの極寒の土地で、しかも野良として生きているのです。

suva1

この猫こそ、極寒の地に住む野良猫です。

この猫の名前は『ケシャ』。

あるロシア人が連れてきた猫だそうですが、詳しい事情はよく分かっていないようです。

それでもケシャは町の人々から愛されており、とても大切な存在となっているのです。

しかし、ケシャにはある重大な秘密があります。

それは、ケシャは猫ではなく『ホッキョクギツネ』だということ!

『えっ!?』と目を疑ってしまう内容ですが、まぎれもない事実なのです。

その理由は次のページにてご紹介致します。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

一目惚れした超大型犬を飼うべく少年が両親を説得するためにとった行動とは!?

ある超大型犬に一目惚れし、里親になりたいと思った少年!両親を説得するべく彼がとった行動とは?ほっこりエピソードはこちら・・・

もうすぐ命が尽きる高齢のチンパンジーをかつての飼育員が訪ねた時、涙の溢れる再会となった…!

高齢チンパンジーのママ チンパンジーの雌、ママはヨーロッパのチンパンジーの中で最高齢でした。 そして …

大好物のご飯をじ〜っと見つめる子犬→食事前にとってもお行儀の良い行動をとった!

食べ盛りの生後11週になるラブラドールの子犬です。 どうやらご飯の時間が来たようです。 この年頃のワ …

「歩けるようになる可能性はゼロ」と言われた子猫が見せた驚きの奇跡!それには周りの温かいサポートがあった・・・

ハンナとクロエ 今年2017年5月19日、ワシントンD.Cに住むハンナさんは後ろ足に麻痺を抱えた子猫 …

リアル「注文の多い料理店」(笑)猫が「呼び鈴を鳴らせばご飯をもらえる」ことを覚えた結果…!

よく、犬は訓練すれば芸を覚えるけれど猫は覚えないって言われていますよね? ですが今回ご紹介する呼び鈴 …

PREV : 白血病治療への発展へ…!iPS細胞から「がんを壊す能力の高い細胞」を作ることに成功!
保護して間もなく地震に襲われた子猫→白猫と寄り添い合っていたあの時から1年半経って見せてくれた姿にみんなメロメロ! : NEXT