Lenon


Lenonをフォローしよう!


北極圏のスヴァーバル諸島にたった1匹だけ住む猫は極寒の地に暮らす人々の心を温めてくれるかけがえのない存在です…!


北極圏のスヴァーバル諸島

日本から遠く離れた地、

北極圏に存在するノルウェーのスヴァーバル諸島は冬季の気温はー30℃を下回り、

夏季であっても平均気温5℃という極寒の土地です。

東京で例えるなら1月2月の平均気温でも5℃よりは高いですから、

いかに寒い土地なのかがよく分かりますね。

主な産業は石炭の採掘だそうで人口は約3,000人。

そのほとんどがロシア人とウクライナ人で、公用語はノルウェー語とロシア語です。

極寒の地に住みついた野良猫

猫といえば「ね〜こはコタツで丸くなる〜」と歌にもある通り、寒さに弱いイメージですよね。

実際、猫って冬はコタツの中にいますよね…。

のぼせてしまわないか心配になるほどです。

そんな猫が最低気温ー30℃を下回るほどの極寒の土地で、しかも野良として生きているのです。

suva1

この猫こそ、極寒の地に住む野良猫です。

この猫の名前は『ケシャ』。

あるロシア人が連れてきた猫だそうですが、詳しい事情はよく分かっていないようです。

それでもケシャは町の人々から愛されており、とても大切な存在となっているのです。

しかし、ケシャにはある重大な秘密があります。

それは、ケシャは猫ではなく『ホッキョクギツネ』だということ!

『えっ!?』と目を疑ってしまう内容ですが、まぎれもない事実なのです。

その理由は次のページにてご紹介致します。


スポンサードリンク

1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

大型犬に成長しても「自分は子犬」であると思い込んでいるワンちゃんたち8選!

小さい頃は、膝に乗せたり一緒に添い寝したりするワンちゃんですが、成犬になると少し重くなります。 小型 …

SOSを出して助けを求めているかのように近寄ってきた野良猫の後を付いて行くと・・・

SOSを出し、助けを求めているかのように近寄ってきた野良猫!女性がその猫の後を付いて行って見たものとは・・・?

20年間サーカス団に不自由な状態で飼われていたピューマを鎖の束縛から解放します…!

ムファサ 20年間太い鎖につながれてトラックの荷台で生きてきた一匹のピューマ。 サーカス団に飼われて …

犬たちが平等な権利を得るために贈られたプレゼント!再び自由を手にした姿に涙・・・

殺処分は断固拒否 病気や事故、生まれつきの障害など、 不運にも体に障害を背負ってしまうのは命があれば …

ゴミの収集をしている男性の作業員が死にかけていた子猫をゴミ箱から救出!

ウイリアム・グラビルさんは、アメリカのカルフォルニア州でゴミ収集作業員として働いています。 彼は今か …

PREV : 白血病治療への発展へ…!iPS細胞から「がんを壊す能力の高い細胞」を作ることに成功!
ツボの不思議!寝る前にある場所を押すだけでいつもと違う朝を迎えられるかも・・・ : NEXT